ゴルフ全米オープン名勝負と開催コースと歴史の紹介のまとめ!

ゴルフの全米オープンでの名勝負と全米オープン開催コースと歴史の紹介のまとめです。

名勝負と言えば、欠かせないのはジャックニクラウスや、タイガーウッズやアーノルドパーマーなどなど・・

歴史上2番目に古いゴルフのメジャー大会です。毎年6月に開催されるその年のメジャー第3戦。
最高回数の開催コースは、「オークモント」で9回を数えます。

毎年の賞金額は、メジャーでも最高額!
毎年衛星放送での、テレビのライブ映像にくぎ付けになります。

スポンサーリンク

Contents

全米オープン往年の名勝負・歴史のまとめ

主だった開催コースの紹介も、下記で紹介しましたが、メジャーの開催コースともなれば、当然世界ランキングベスト100選の、歴史あるコースが舞台が大半です。

設計者も、これまたゴルフコースの芸術家と言われる方が大半!

いうまでもなく全米オープンゴルフはマスターズに続くゴルフ4大メジャーの第二戦

です。

ゴルフのメジャー大会は

1 マスターズトーナメント
2 全米オープンゴルフ
3 全英オープンゴルフ
4 全米プロ選手権

となります。
開催順で2番目の6月に開催されるメジャー大会で、メジャーであるが故に数々の名

勝負やドラマが生まれた大会でもあります。

その名勝負や開催コースなどをまとめてみましたので紹介します。

 

全米オープンゴルフでのフランシスウィメットとハリーバードン!

 

ときはなんと~~1913年。
今より100年以上も前のお話です。

全米オープンゴルフでのフランシスウィメットとハリーバードン!

無名の20歳の新人のアマチュアが、バードントロフィーのもとになった

「ハリー・バードン」

に勝ってしまったのですから!

 

全米オープン名勝負 トムワトソンペブルビーチ17番のチップインバーディー!

 

この時の相手は、ジャックニクラウス!
この難しい17番での、チップインバーディーを決めて、優勝を決定づけました。

全米オープン名勝負 トムワトソンペブルビーチ17番のチップインバーディー!

くしくも、2019年もペブルビーチゴルフリンクスでの開催です。

 

全米オープン名勝負ジャックニクラウスとパーマーの1962年の対決!

 

ジャックニクラウスの、記念すべきメジャー初勝利です。
この時のパーマーは絶頂期!

全米オープン名勝負ジャックニクラウスとパーマーの1962年の対決!

ファンは、パーマー親衛隊ともいわれるほど、熱狂的でした!

 

全米オープン名勝負 青木功とニクラウスのバルタスロールの死闘!

 

1980年の名勝負!
舞台はバルタスロールです。

全米オープン名勝負 青木功とニクラウスのバルタスロールの死闘!

バルタスロールは過去に7度の開催実績がある名門。

 

ペインスチュワートとミケルソンの死闘!1999年悲願の全米オープン優勝

 

ニックプライスのお子さんの出産で、全米プロ欠場で補欠出場で優勝したのが、ジョンデイリーでしたが、同じようにミケルソンも悩んだようですが、プロとしての自覚で出場!

ペインスチュワートとミケルソンの死闘!1999年悲願の全米オープン優勝

ミケルソン、優勝は成りませんでしたが、ナイスファイトでした。
スチュワートは、悲願の3度目の正直でしたね。

 

ペインスチュワートとリージャンセンの1998年因縁の全米オープン!

 

1993年の再現になった、1998年の全米オープン!
が・・誰もがスチュアートの勝利!

ペインスチュワートとリージャンセンの1998年因縁の全米オープン!

が・・最終日にまさかの大番狂わせ!

 

ペインスチュワートとリージャンセンの1993年バルタスロールの全米オープン

 

この年の、舞台はバルタスロール。
1980年の青木功と、ニクラウスの名勝負と同じ舞台です。

ペインスチュワートとリージャンセンの1993年バルタスロールの全米オープン

最終ホールの勝負をかけた2番アイアンの、第二打!
非情でした!

 

フィルミケルソンは全米オープン優勝でキャリアグランドスラム達成?

 

ミケルソンが、グランドスラムを達成するのに、足りないのがこの全米オープン!

フィルミケルソンは全米オープン優勝でキャリアグランドスラム達成?

これまでに数回の2位があるのですが、なんともフラストレーションがたまります。
さて・・今年は?

 

全米オープンとジャックニクラウスの名勝負・死闘のエピソード

 

ジャックニクラウスは、全米オープン4勝しています。
グランドスラムは3回!

全米オープンとジャックニクラウスの名勝負・死闘のエピソード

名勝負やそのエピソードを紹介しました。

 

全米オープンゴルフの歴史 映像やTV放送での開催コースの難易度

 

全米オープンの歴史や、開催コースのなどに、私の感想を書いてみました。
最初の大会には、参加者はたったの11人だった!

全米オープンゴルフの歴史 映像やTV放送での開催コースの難易度

もっとも、全英オープンの初回はたったの8人でしたけど。

 

全米オープンゴルフのライブ映像を思い出す歴代優勝者の名勝負と歴史!

 

全米オープンのライブ映像を見ていて、自分なりに感じたことを書いてみました。

全米オープンゴルフのライブ映像を思い出す歴代優勝者の名勝負と歴史!

どのプレーがベスト?
そんなことも、書いてみました。

全米オープンゴルフの開催コースの特集!

全米オープンの開催コースは、どうしても米国での名門コース!
歴史があって、世界ランキング100選に入ってるコースが多いです。

設計されてる方も、ゴルフコースの芸術家の方が大半!

そのコースについての、お話を書いてみました。

 

全米オープン最多開催コースは何処だ?ランキングにしてみた!

 

全米オープンの開催コースで、最多の開催回数を誇るコースはどこだ?
そんな考察をしてみました。

全米オープン最多開催コースは何処だ?ランキングにしてみた!

最多開催コースでの、優勝スコアも紹介したので、参考になるかもしれません。

 

ゴルフ 全米オープンはゴルフメジャー大会で最も難易度の高いコース!

 

全米オープンは、最も難易度の高いコース設定でなくてはいけません。
目指すセッティングは

「イーブンパー」

ともいわれるようですね。

ゴルフ 全米オープンはゴルフメジャー大会で最も難易度の高いコース!

歴史的に見て、オーバーパーの優勝スコアもあります。

 

バルタスロールは全米プロと全米オープンの舞台でティリングハストの設計

 

全米オープン開催7回を数えるバルタスロール!
設計したのは、ベスページブラックコースと同じ型です。

バルタスロールは全米プロと全米オープンの舞台でティリングハストの設計

ティリングハースト氏は、ほかにも世界ランキング100選のコースを多数設計されています。

 

オークモントCCでの全米オープンは9回開催でメジャー大会の権威の象徴!

 

オークモントでの全米オープンの開催は、2016年を最後に9回を数えます。
2015年に、10回目の開催が予定されています。

オークモントCCでの全米オープンは9回開催でメジャー大会の権威の象徴!

一番、開催回数が多いコースです。

 

ペブルビーチゴルフリンクスは全米オープンの名勝負とプロアマの舞台

 

2017年の全米オープンの舞台は「べブルビーチゴルフリンクス」です。
世界ランキングは2017年版で9位にランク!

ペブルビーチゴルフリンクスは全米オープンの名勝負とプロアマの舞台

名勝負などについて書いてみました。

スポンサーリンク

全米オープンゴルフの記録や歴史などのエピソード!

全米オープンの記録や、賞金額の決まり事などについての考察です。
このほかにもたくさんあるのですが、、気になったことをまとめてみました。

 

全米オープンゴルフの平均スコアって歴史的にいくつなのか調べてみた!

 

USGAの目指す、全米オープンのスコアは一説にはやはり4日間のトータルで

「イーブンパー」

だといわれてるようです。

全米オープンゴルフの平均スコアって歴史的にいくつなのか調べてみた!

その年のセッティングで、スコアにどう反映されるか?
これってかなり問題かと!

 

全米オープンゴルフの平均スコアって歴史的にいくつなのか調べてみた!

 

全米オープンのh送金額の推移ってどうよ??
そういった考察です。

ゴルフ 全米オープンの賞金総額と優勝賞金の金額の推移ってどう?

優勝賞金は賞金総額の何パーセント?
そんな考察です。

 

全米オープン最多優勝記録と連覇記録は?日本人最高順位は誰だ?

 

全米オープンの優勝記録などのデーターの紹介です。
連勝記録や最多優勝記録。

全米オープン最多優勝記録と連覇記録は?日本人最高順位は誰だ?

日本人のこれまでの順位などを考察してみました。

 

ボビージョーンズのオールドマンパーはハリーバードンがきっかけ!

 

ハリーバードンは、米国でのバードントロフィーのもとになった、名プレイヤーです。
かつてのボビージョーンズも、彼に教えられることが、多かったようです。

ボビージョーンズのオールドマンパーはハリーバードンがきっかけ!

すべての行き先は「オールドマンパー」なんだな!

 

ペインスチュワート追悼ベブルビーチ早朝ティーショットとニッカーボッカー

 

飛行機事故で亡くなったペインスチュアートの、追悼試合を見た感想を書いてみました。

ペインスチュワート追悼ベブルビーチ早朝ティーショットとニッカーボッカー

私的には過ぎおく悲しかったです~~~

 

全米オープンゴルフはメジャー大会で最もバーディの出にくいコース設定

 

膝まで深いラフ!
極端に狭いフェアウェイ!
これは全米オープンならではの、セッティングかと。

全米オープンゴルフはメジャー大会で最もバーディの出にくいコース設定

イーブンパーが目標なら、さもありなん・・・ですね。

全米オープンの名勝負やコースのまとめ

第一回の全米オープンは

「1895年」

です。
参加人数は、実にたったの11人。
全英オープンの開催は1860年で、初回の参加人数はたったの

「8人」

でした。
しかし、いずれも最初はそうでも、どんどんメジャーになっていったわけです。

マスターズのように、最初からメジャーな大会もありますが、初めの一歩はこういうものかと。

名勝負は、まだまだありますが、私がこれは・・・そういうものについて、感想を書いてみました。

少しは読み物として、読んでいただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る