名門ゴルフ場ランキングで世界100位以内の日本の3コースはどこ?

ゴルフマガジン社の、世界の名門ゴルフ場ランキングで、100位以内ランクの日本の3コースを紹介します。

そのすべてのコースに、共通することがあります。

そのすべてがC・H・アリソンのコース設計であるから驚きです。
東京ゴルフ倶楽部は中でもアリソン氏が招聘されるきっかけになったコースです。

2020年に、東京オリンピックの開場になってる

「霞が関カンツリー倶楽部」

はどうでしょうか?

さて・・どうしてアリソン氏のコースだけが、世界ランキングに入るのだ?
じつは・・・

その理由も、書いてみましたので、参考までに。

スポンサーリンク

ゴルフコースのランキングの権威は

「ゴルフマガジン社」

のランキングで、ほぼ判断されるようです。
ゴルフダイジェスト社のランキングもあるのですが、ここではゴルフマガジン社のランキングで紹介します。

この格付けは2年に一度更新されます。

世界中にはゴルフコースは難コースある?日本では?

世界中のゴルフコースカウントしたら一体何コースあるんでしょうか?
調べてみましたよ・・そしたら・・
なんと206か国で3万4011箇所だそうです。(ゴルフダイジェスト調べ)

その中でも、アメリカで全体の45パーセントの1万5372コースで・・しかも増え続けています。

日本も2000コース以上あるそうです。

その中でベスト100に入るというのはとても大変なことで、名誉なことだと思います。

日本のコースでは4コースがこの100位以内にランクインしています。
これはゴルフマガジン社の格付けによります。

ゴルフダイジェスト社も行っているのですが一応この場合はゴルフマガジン社のデーターで行こうと思います。

世界ランキングベスト100に入る日本の4コースはどこだ?

日本では次の3コースがランクインしています。
このランキングは2017年のランキングです。

1 廣野ゴルフ倶楽部:40位

日本の名門ゴルフクラブ・廣野ゴルフ倶楽部はC・H・アリソンの設計

2 川奈ホテル富士コース:68位

川奈ホテル富士コースの設計はC・H・アリソン日本一のリンクスコース

3 東京ゴルフ倶楽部:99位

名門ゴルフクラブ・東京ゴルフ倶楽部はC・H・アリソン設計の日本初常緑芝のゴルフ場

ランキングも漏れてるアリソン氏の設計コースは?

惜しくも選に漏れたり入ったりのコースがもう一つ。

4:鳴尾ゴルフ倶楽部

名門ゴルフクラブ・鳴尾ゴルフ倶楽部はC・H・アリソン氏の設計による!

5:霞が関カンツリークラブ

ゴルフ 霞ヶ関カンツリークラブは世界名門ゴルフ場ベスト100にランクイン!

この5コースが日本の名門コースと言えます。
(リンク先は本ブログ内のコースの歴史などの詳細を紹介した記事です。)

しかもこの5コースですがすべて共通点があるのです。

設計があのアリソンバンカーで有名な

「チャールズ・ヒュー・アリソン」氏です。

C・H・アリソン氏は1930年に来日してわずか2カ月間で設計、改修したコースが上の5コースになります。

すごいものを残してくれたものだと思います。

そのアリソン氏の紹介記事が下記です。

日本の名門ゴルフクラブはC・H・アリソン設計・アリソンバンカーで有名!

2020年の東京オリンピックは上記の霞ヶ関カンツリー倶楽部のようです。
どんなドラマが繰り広げられるか今から楽しみですね。

スポンサーリンク

世界ランキングでアリソン氏のコースが100位に入ってる理由は?

ここからは私の、予想です。
上の、アリソン氏の紹介記事でも紹介しましたが、当時の名匠と言われる、ゴルフコースの設計家は、ハリーコルト氏が軸でした。

そのコルト事務所に勤務していたのが、アリソン氏。
日本に来たときにも、本当はハリーコルト氏を呼んだのですが、コルト氏はスコットランドの名門コースの改修工事で手が回らず。

そこで、コルト事務所では、アリソン氏を派遣したわけです。

ここまでは普通のお話。
が・・重要なのはここ!

パインバレーGCの設計者や歴史秘話は?世界一位で一番難しいコース!

パインバレーは、世界ランキング1位です。
そこを手掛けたのは、やはり稀代の名匠

「ハリーコルト」

しかしながら、コルト氏と依頼主の方が常に方針が合わず・・
が・・ここで依頼主が早世して、後を引き継いだのがアリソン氏。

仕上げをしたのが、アリソン氏なんだな~~

すべてがアリソン氏ではないのですが、依頼主とコルト氏。
最後の数ホールはアリソン氏。

世界ランキング1位に、敬意を表して日本のコースも!

少なくとも、アリソン氏が設計と言えば、むげにはできないでしょう!!

という私の個人的な感想でした・・賛否あろうかと思いますが、これは個人的なお話ということで!

もう一人の英雄・・この方は見逃せません。

世界名門ゴルフコース サイプレスポイントはマッケンジー博士の設計!

マッケンジー博士も、一時期ですがこのコルト事務所に勤務していたようですね。
短期間のようですが、コルト氏の手法も入ってるのかもしれません。
このサイプレスポイントを、ボビージョーンズがプレーして惚れたわけです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る