ゴルフ 風に強いボールはどんな打ち方が有効?風に負けない弾道は?

管理人撮影

ゴルフは、風の影響を強く受ける競技です。
風に強いボール、風に強い球を打ちたい!

それは、風の日のラウンドを行うたびに感じるのは、これは人情かと。

飛距離や、アイアンの番手や、フォローかアゲンストかでも、全く違ってくるので、マネージメントが要求されるスポーツですね。

それが、楽しいと感じる方もいましたが、普通の方は厄介だと感じるが妥当かと。

では・・風に強い球・・弾道とはどんな?

スポンサーリンク

 

風に強い弾道や風に強い球とはどんな球筋のこと?

 

鈴木愛プロのスポンサー契約先のイメージ写真

最初にお断りしておきますが、私のスコアはベスト82です。
通常に80台の、スコアでラウンドしていました。

今は、環境が変わったので、回数も目きり減りましたが、私の経験を書いていきますので、プロのような助言が必要な方には、適さないかもしれません。

あくまでも、私の経験談です。

なんで??

普通の方には、プロが言うような弾道なんて、まずもって不可能ですから、実際どうよ・私は、そう思っていましたから。

 

風に強い球を打つテクニックとは?

 

風に強い球・・どんな球でしょうか?
皆さんはどう思いますか?

理論上は、高くても低くても、風に強い球は、スピン量がかなり影響するので、どちらでも‥の私の結論でした。

ただし~~~ここに前提条件が付くんです!

「きちんと思ったところにあたっての条件」

これどう云うことかと言うと、てんぷらやダフリやトップや・・そういうのは無で、シッカリと球をとらえて居てのお話!

となると、普通の私レベルでは、強い風の日にメンタルぼろぼろの日に、そんなことできるか?

私はできませんでしたが、しかしそんな器用なことは、できなくても普通に打っていました。

そんな中でも、風に強い球は、多分こんな球だな‥の結論があったんだな。

 

私が思った風に強い球とはどんな球だ?

 

まず結論ですが、私のようなアベレージゴルファーには、高い弾道での低スピン量の弾道は、無理!

一般的な、低い弾道が風には強い!
これが、私のレベルでの結論です。

仲間内では、シングルで球筋をコントロールしてる方もいましたが、これは打ち込み量がそもそも違います。

一般的な、ゴルファーが真似ようとしても、ガタガタになるので、やめた方がいいかと。

なんで??

風が強い日のゴルフって、そんなに回数無いから・・と、私は開き直っていました。

ただ・・そうはいっても、風の強い日のゴルフは、年に何回かはあります。(特に春先)

そのときどうしていたか・・次に続きます。

風に強い球を打つには?打ち方はどうすればいい?

 

さて・・皆さんは、風に強い低い球・・どうやって打っていますか?

それぞれに、打ち方を私は変えていました。

1:ドライバー

意識的にティーを低くして、わざとトップ目に入るようにしていた。
この目的は、トップはいいけど、てんぷらはご法度!

ゴロは納得の考え。

2:アイアン

本当に風が強い日は、100ヤード近辺なら、極端な話ドライバーでの転がしも、考慮していました。
ウェッジ(Pなど)は上がるともう、流されていきますから、転がしが一番の時もありました。

3:150ヤード近辺

7~8番程度のアイアンは私は、得意です。
しっかり打ち込んでいきます。(ターフを取る)

こう書くと、その打ち方は‥そういう方もいるかと思いますが、私のレベルでは、普通が一番だと思っていましたので、貫いていました。

もし強風に流されたら、運が悪いとあきらめ!

ただしこの場合は、フォローかアゲンストかは、かなり重要です。
必ず手前から攻めていきます。

4:パター

これはもう適当!
ここまで考えておられません。
球おいて、動くような強風のときは、動いても打っていいという、アバウトルールでやってました。

スポンサーリンク

・・・・・・・・・・・・

これなんかすごいですね。
こんな練習器具始めてみました。
いろいろ考えるもんですね~~

価格比較はこちらです。

ワトソン ゴルフ ザ・ハンガー価格比較はこちら!

関連記事

風が強い時の、ウィンドブレーカーのおすすめです。
たかが・・の世界ですが、そこはゴルフはメンタルが大事!

ゴルフ 風が強い時の対策の服装おすすめは?風に負けない気持ち!

私は結構な期間、接待ゴルフ要員でした。

接待ゴルフのマナー客のショットがOBの場合の対処法はこうする!

客のショットがOBだったときがどうしてた?
裏話です。

風が強い時の打ち方や強い球の感想!

私たちは、アマチュアであって、そしてアベレージゴルファーです。
シングルクラスの方は、こういうページは見ないと思います。

そういう方は、きちんと自分のスタイルをもっていますから、わき目を振りません‥私の友人たちはそうです。
相手にするのは、同レベルか練習場のレッスンプロたち。

私が思うに、一年の年間ラウンド回数が、仮に20回だったとしたら、何度この風の強い日に当たるか?

さて??

一番多いのは春先かと。

まさか、台風の当日に‥それは交通事故に近いかと。

もしかしたら、冬の木枯らしシーズンも、風が強いかな~~とも思いますが、しかし、これはある程度は、コース選択で避けることも可能かと思います。

何を言いたいかと言うと‥

風対策の、打ち方を練習するくらいなら、普通のフォームを固めたり、きっちり当てる練習をしよう!

こういうことです。

多少の風でも、いつも通り打てば、ある程度は大丈夫です。

「追い風か、逆風かだけ判断して、手前から・・最悪は転がしのゴロフに徹する!」

特異なクラブ・私は7~8番ですが、こちらは自分の打ち方に徹しましょう。

しっかり、ターフを取れれば、意外と風になんか負けません

初心者の方は、風も気になるでしょうが、まずはしっかりと、ボールにあてる練習をしましょう!

参考になったかな??

ならなかったらスイマセン!

・・・・・・・・・・・

これなんかすごいですね。
こんな練習器具始めてみました。
いろいろ考えるもんですね~~

価格比較はこちらです。

ワトソン ゴルフ ザ・ハンガー価格比較はこちら!

関連記事

以前の会社では、接待ゴルフ要員だった私の、経験を記事にしてみました。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

とてもいい経験でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る