ペブルビーチゴルフリンクスの場所を地図で!開場日や設計者や歴史!

全米オープン開催が2019年で、6回目の開催になる「ペブルビーチゴルフリンクス」の場所を、地図で見てみようと思います。
また、ペブルビーチゴルフリンクスの誕生秘話や、開場年や設計者などにフォーカスしてみようと思います。

それとついでにプレー料金も気になるので、調べてみました。

運営はパブリックなので、誰でもプレーできるそうですが、しかし問題が‥数年先まで予約で埋まってるそうです。

残念!

スポンサーリンク

 

ペブルビーチゴルフリンクスの場所を地図で表記してみる!

ペブルビーチゴルフリンクスの場所を地図で表記してみる
(出典元:https://www.pebblebeach.com/golf/pebble-beach-golf-links/より引用)

「ペブルビーチゴルフリンクス」

の場所は、アメリカのカリフォルニア州のペブルビーチにあります。

住所は:1700 17- mile Drive, Pebble Beach, CA 93953

こういう住所です。
地図で表示すると、以下のような場所になります。


(グーグルマップより引用)

この場所を言葉で書くと、サンフランシスコから南に2時間ほど。
この付近は、モントレーやカーメルという、有名なリゾート地になってるようですね。

また付近には

  • 1:スパイグラスヒル ゴルフコース
    2:ザ リンクス アット スパニッシュベイ
    3:デルモンテ ゴルフコース

と3つで、合わせて4コースがあります。
プレーは、1プレーでペブルビーチゴルフリンクスでは

「550ドル」

という設定で、結構高いですね。
この料金は2020年3月31日までの料金なんだそうな。

予約は、一説には数年先まで‥と言われるようですが、実際は代理店を通して、宿泊も同時予約なら意外と取れるようです。

是非にという方は、チャレンジしてみてください。

こちらで予約できるようです。(代行会社です)

ぺブルビーチ リゾートの予約はこちら!

なお、すぐ近くには、世界ランキング2位の

「サイプレスポイント」

があります。
こちらはオーガスタを設計した「アリスターマッケンジー博士」の作品です。

・・・・・・・・・

2019年USオープンの記念ヘッドカバーです。

そのほかの記念商品はこちら!

2019 US OPEN PEBBLE BEACH記念商品はこちら!

関連記事

ペブルビーチゴルフリンクスの、近くにあります。
世界ランキング2位です。

世界名門ゴルフコース サイプレスポイントはマッケンジー博士の設計!

ベスページブラックコースは、2019年の全米プロゴルフ選手権(PGA選手権)の舞台です。

ベスページブラックコースの歴史と設計者は誰?PGA選手権開催コース!

とても素晴らしい、そして難易度の高いコースですね。

ペブルビーチゴルフリンクスの開場年や設計者は?

ペブルビーチゴルフリンクスの開場年や設計者は
(出典元:https://www.pebblebeach.com/golf/pebble-beach-golf-links/より引用)

ペブルビーチゴルフリンクスの歴史は、100年以上もさかのぼります。

もともとこの土地は、モールス信号を発明した、モールスの子孫の

「サムエル・モーリス」

さんの土地だったようです。
そして、やはりゴルフが大好きだったのではないかな~~~と、思うのです。

「自分の土地に、ゴルフ場を作りたかった!」

そういって、実際に着手!

が・・自分ではできるはずもないので、以下の方に依頼したんだそうな。

  • 1:ジャック・ネヴィル(Jack Neville)
    2:ダグラス・グラント(Douglas Grant )

さんに依頼したのですが、設計は1番のジャック・ネヴィル(Jack Neville)さんという方だったようです。
この、ジャック・ネヴィル(Jack Neville)さんという方は、カリフォルニア・アマのチャンピオンでウォーカーカップに出場の経験がある方のようです。

いずれ、この両名の協力でなんとか

「1919年」

に開場したということです。

スポンサーリンク

 

ペブルビーチゴルフリンクスの世界ランキングは何位だ?

 

それが今や、世界ランキング(2017年版)では

「9位」

にランクインしています。
ベスト10位以内の常連です。

ペブルビーチゴルフリンクスの設計者や開場年のまとめ

ペブルビーチゴルフリンクスの設計者や開場年のまとめ
(出典元:https://www.golftourusa.com/america/california/pebblebeach/より引用)

ペブルビーチゴルフリンクスの全米オープンでは、名勝負が歴史的に行われてきました。

有名な名勝負では1982年の、トムワトソンが優勝した、あの17番のチップインバーディーですね~~

これで、ジャックニクラウスを振り切ったわけです。
あのグリーン上を、走る姿は何度も見せられました。

私が実際にライブで見ていたのは、1992年のトムカイトの優勝した、勝負です。

この時は風が強く、グリーン上の旗が激しく揺れる、そんな最悪のコンディション。

あの、100ヤードない、短いショートホールを、5番アイアンでのパンチショット!

見事でした。
この先は2019年と2027年に全米オープンが予定されています。

20123年には、全米女子オープンが予定されています。

個人の趣味で作ったコースが、今や世界ランキング9位。

いえいえ・・ほぼほぼそういう世界のような気がします。

世界ランキング1位の、パインバレーもそうでしたね。

パインバレーGCの設計者や歴史秘話は?世界一位で一番難しいコース!

・・・・・・・・・・・・

そのほかの記念商品はこちら!

2019 US OPEN PEBBLE BEACH記念商品はこちら!

ゴルフコース予約は楽天がお得です。

楽天GORA

関連記事

私は以前の会社では、結構な期間接待ゴルフ要員でした。
その時の経験を記事にしてみました。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

ゴルフ初心者が、最短でうまくなる・・100切り達成ができる方法って?

ゴルフ初心者が短期間でゴルフがうまくなる練習方法ってどんな方法?

そんな練習法って、あるのか?
そりゃ~~あるっしょ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る