全英オープン開催コースと名勝負とオープンの歴史の紹介のまとめ

全英オープン開催コースと名勝負とオープンの歴史の紹介のまとめです。

全英オープンは年間メジャー大会が4つありますがそのひとつで最も古い歴史を有する大会です。
開催コースはセントアンドリュースが5年に一回開催ですがそれ以外は開催ローテーションが決められています。

スポンサーリンク

毎年7月に開催されるその年のメジャーの第3戦の

「全英オープン」

歴史上最も古い1860年から続くゴルフの聖地とも言われるスコットランドで開催されたトーナメント。
歴史があれば数々の名勝負やエピソードも数限りなくあります。

それらのホンの一部ですがまとめてみましたので、よろしければ参考までに読んで見てください。

この地球上のゴルフ場、ゴルフコースの名門コースといわれるコースの殆どと言っていいほどのコースがこの古きよき時代の、今でも名門コースでランキングベストテンに入っているスコットランドのコースを参考にして作られています。

ピートダイに言わせると原点はここにあるということのようです。
またジャックニクラウスは全英オープンに勝つということはセントアンドリュースオールドコースで勝って初めて制することになるとも言っています。

数々の名門、名物ホールもこの地に集中しています。

勝負はニクラウスとワトソンの

「真昼の決闘」

や悲劇は

「カーヌスティの悲劇」

といわれるまさかの18番での番狂わせもあります。
では下記にまとめてみましたので参考までに。

全英オープン開催コース

名門コースミュアフィールドは全英オープン開催会場で最古のゴルフクラブ

カーヌスティは全英オープン開催コース・バリーバーンで難易度がアップ!

ターンベリーは全英オープン開催コースで1977年真昼の決闘の舞台

ロイヤルトゥルーンはゴルフ全英オープン2016年開催場所でルール通り!

セント・アンドリューズオールドコースはゴルフの全英オープン開催地

全英オープン名勝負編

全英オープンゴルフ名勝負・カーヌスティの悲劇は18番から始まる!

全英オープン名勝負・真昼の決闘ニクラウスとワトソンの一騎打ち!

全英オープンを支えた名プレーヤー

バードントロフィーのハリーバードンの名言と全英オープン6勝の最多勝利

全英オープン開祖のトムモリスシニアはオールドコースに人生を捧げた

アラン・ロバートソンはゴルフの歴史でプロゴルファー第一号である。

トム・モリス・ジュニア全英オープン4度優勝した天才は早逝の英雄

全英オープン歴史編

ゴルフの全英オープンその歴史と開催地、場所のルールと歴代優勝者

ゴルフ 全英オープンの歴史・開催場所と聖地セントアンドリュース

全英オープンの歴史とトーナメント開催場所のルール

このほかにも随時追加していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る