全英オープン開催コースと名勝負とオープンの歴史の紹介のまとめ

管理人撮影

全英オープン開催コースと、名勝負とオープンの歴史の紹介のまとめです。
賞金額の歴史的な推移についても紹介しました。

全英オープンは、年間メジャー大会が4つありますが、そのひとつで最も古い歴史を有する大会です。
開催コースは、セントアンドリュースが5年に一回開催ですが、それ以外は開催ローテーションが決められています。

スポンサーリンク

 

Contents

全英オープンの歴史のまとめ開催コース編!

毎年7月に開催される、その年のメジャーの第4戦の(2019年より)

「全英オープン」

歴史上最も古い1860年から続く、ゴルフの聖地とも言われるスコットランドで、開催されたトーナメント。
歴史があれば、数々の名勝負やエピソードも数限りなくあります。

それらのほんの一部ですが、まとめてみましたので、よろしければ参考までに読んで見てください。

この地球上のゴルフ場、ゴルフコースの名門コースといわれるコースの、殆どと言っていいほどのコースがこの古きよき時代の、今でも名門コースでランキングベストテンに入っている、スコットランドのコースを参考にして作られています。

ピートダイに言わせると、原点はここにあるということのようです。
またジャックニクラウスは、全英オープンに勝つということは、セントアンドリュースオールドコースで勝って、初めて制することになるとも言っています。

数々の名門、名物ホールもこの地に集中しています。

 

カーヌスティは全英オープン開催コース・バリーバーンで難易度がアップ!

 

カーヌスティの悲劇で有名な、「カーヌスティ・ゴルフリンクスは、最も難易度の高いコースです。

「カーヌスティの悲劇」

でも有名なコースですね。

カーヌスティは全英オープン開催コース・バリーバーンで難易度がアップ!

特徴は、「バリーバーン」と言われる、巧みに配されたハザード。
特に18番は圧巻!

 

名門コースミュアフィールドは全英オープン開催会場で最古のゴルフクラブ

 

多くの設計家や、プレイヤーが心酔する「ミュアフィールド」
ニクラウスは、自身の設計した、メモリアルの開催コースを

「ミュアフィールドビレッジ」

となずけました。
 
名門コースミュアフィールドは全英オープン開催会場で最古のゴルフクラブ

しかも、ここは最古のゴルフクラブ!

 

ターンベリーは全英オープン開催コースで1977年真昼の決闘の舞台

 

ターンベリーでは、名勝負が行われました。
しかし、政治的な理由で、全米オープンのローテーションから外れてしまいました。

ターンベリーは全英オープン開催コースで1977年真昼の決闘の舞台

とても残念です。

 

ロイヤルトゥルーンはゴルフ全英オープン2016年開催場所でルール通り!

 

ロイヤルトゥルーンを紹介しました。
全英オープンのローテーションのコースです。

ロイヤルトゥルーンはゴルフ全英オープン2016年開催場所でルール通り!

2016年の開催コースでした。

 

セント・アンドリューズオールドコースはゴルフの全英オープン開催地

 

いわばここは、「ゴルフの聖地」と言えます。
R&Aの総本部もあります。

セント・アンドリューズオールドコースはゴルフの全英オープン開催地

全英オープンの第一回開催のキーマンの

「オールドトムモリス」

がこよなく愛したコースです。
晩年を過ごしたこのコースは、まさに聖地と言っていいかと。

 

ロイヤルポートラッシュGCの設計者と歴史は?全英オープン開催コース!

 

2019年の、全英オープンの開催コースです。
初めての、アイルランドでの開催コースで、68年ぶりに戻ってきました。

ロイヤルポートラッシュGCの設計者と歴史は?全英オープン開催コース!

コースの設計者と、歴史を紐解いてみました。

全英オープンの歴史のまとめ・歴史篇!

全英オープンの歴史や開催地のルールなどをまとめてみました。

 

ゴルフの全英オープンその歴史と開催地、場所のルールと歴代優勝者

 

全英オープンの歴史は?
歴代の優勝者にもスポットを当ててみました。

ゴルフの全英オープンその歴史と開催地、場所のルールと歴代優勝者

全英オープンには開催のルールが存在します。

 

ゴルフ 全英オープンの歴史・開催場所と聖地セントアンドリュース

 

全英オープンの歴史の中で、セントアンドリュースは別格の存在です。

なんで?

それを紹介しました。

ゴルフ 全英オープンの歴史・開催場所と聖地セントアンドリュース

オールドトムモリスが愛した、セントアンドリュースは、まさにゴルフの聖地。

 

全英オープンの歴史とトーナメント開催場所のルール

 

開催コースについては、ローテーションのコースが決まっているようですね。

全英オープンの歴史とトーナメント開催場所のルール

ただし、セントアンドリュースだけは、特別なルール使用になっています。

スポンサーリンク

 

全英オープンの歴史のまとめ名勝負編!

全英オープンの、名勝負についてです。

勝負はニクラウスとワトソンの

「真昼の決闘」

や悲劇は

「カーヌスティの悲劇」

といわれるまさかの18番での番狂わせもあります。
では下記にまとめてみましたので参考までに。

 

全英オープンゴルフ名勝負・カーヌスティの悲劇は18番から始まる!

 

150年以上の歴史を誇る「カーヌスティー・ゴルフリンク」での1999年の、大会時の出来事です。

最終ホールで3打のリード!

全英オープンゴルフ名勝負・カーヌスティの悲劇は18番から始まる!

誰もが、「ジャン・バンデベルデ」の優勝と思っていたのですが、バリーバーンがその希望を粉砕しました!

 

全英オープン名勝負・真昼の決闘ニクラウスとワトソンの一騎打ち!

 

真昼の決闘ともいわれた、世紀の一戦です。
離されるかと思うと、素晴らしいショットとパッティングで、戦うニクラウス!

全英オープン名勝負・真昼の決闘ニクラウスとワトソンの一騎打ち!

他を圧倒した、この二人の勝負は、まさに血統というにふさわしい勝負でしたね!

全英オープンの歴史のまとめ歴史上の名プレーヤー篇!

 

バードントロフィーのハリーバードンの名言と全英オープン6勝の最多勝利

 

バードントロフィーの方です。
全英オープンの最多優勝記録の保持者です。

バードントロフィーのハリーバードンの名言と全英オープン6勝の最多勝利

名言もあるのですが、全米オープンでは名勝負を演じても有名です。

 

全英オープン開祖のトムモリスシニアはオールドコースに人生を捧げた

 

全英オープンといえばこの方!
そもそも、全英オープンはトムモリスシニアが、最初に弟子入りしたボール職人で、プロ第一号といわれる、アランロバートソンの追悼試合の意味合いが濃厚だったようです。

全英オープン開祖のトムモリスシニアはオールドコースに人生を捧げた

その後、セントアンドリュースのコースの改修などに尽力して、晩年はセントアンドリュースで過ごしました。

 

アラン・ロバートソンはゴルフの歴史でプロゴルファー第一号である。

 

上記で書いた、アランロバートソンの本業は、ボール職人。
しかし、ゴルフもうまかった!

アラン・ロバートソンはゴルフの歴史でプロゴルファー第一号である。

なかなか、ゴムでできたボールの誕生の変化に、ついていけなかったようにも、思います。

 

トム・モリス・ジュニア全英オープン4度優勝した天才は早逝の英雄

 

トムモリス・シニアの息子の、トムモリス・ジュニアは、父親のシニアよりもうまかった?
全英オープン4連続優勝は、快挙かと。

トム・モリス・ジュニア全英オープン4度優勝した天才は早逝の英雄

しかも、クラレットジャグに最初に名前を刻んだのは、彼

「トムモリスジュニア」

です。
このほかにも随時追加していきたいと思います。

全英オープンの歴史のまとめ最多勝利と賞金額の歴史的推移篇!

こちらは、データー編です。
優勝記録や賞金額の項目です。

 

全英オープン(ゴルフ)最多優勝と連覇記録は?日本人最高順位は誰だ?

 

全英オープンの最多優勝記録や、聯ぞ旧称記録に注目してみました。
さて・・ジャックニクラウスや、タイガーウッズは何勝だ?

全英オープン(ゴルフ)最多優勝と連覇記録は?日本人最高順位は誰だ?

日本人の最高位も、誰で何位か気になるところです。

 

全英オープン(ゴルフ)の優勝賞金と賞金総額の金額の歴史的推移は?

 

メジャー大会ですから、当然賞金総額や、賞金額は高額です。
では、どのように上がってきた?

全英オープン(ゴルフ)の優勝賞金と賞金総額の金額の歴史的推移は?

その辺の賞金額の上昇する状況を、年代でまとめてみました。
大きく上がった節目があるのですが、さて???

これからも関連記事をどんどんアップしていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る