ゴルフ会員権購入でコースメンバーになるとたまにすごい人に会います!

ゴルフ会員権購入でコースメンバーになるとたまにすごい人に会うことがあります。

私のすごい人はこの内容の方です。

芸術作品を多数持っていて、オーガスタでプレーして、ゴルフダイジェストのベスト100ランキングコースを半分以上制覇したという方です。

たま~~にメンバータイム、これに行くとすごい方に会います。
以前書きましたが、マスターズトーナメントの行われるオーガスタでプレーができるのか?

という記事を書いたのですが、この時のことは今でもよ~~く覚えています。
ゴルフダイジェストに載ってる世界ランキングのコースの半分をラウンドしたって言ってましたからすごいです。

正直そんなコースの世界ランキングなんて全然興味なくって知らなかったのですが、同伴のいつも行く仲間の一人が驚いていたので詳しく聞いて分かった次第です。

今から20年以上も前のことですからねえ。

出身地域と名前が同じだった!

その方はO江さんという方なのですが(大江さんではないです)苗字が地名だったものですから(旧の県名)O江さんというくらいですから、O江の生まれですか?

って聞いたんですよ。
そしたらそうだっていうんだよねえ。
これでまたびっくりで・・ヘ~~ってことになったわけです。

そのマスターズのあのノーマンが池に入れたショートですが、そこで10パット以上して覚えてないって言ってました。

そしたらその記事を書いていてこのオーガスタでプレーするのってすごい難しいことなので驚きました。

それからこの方は文化財のいっぱい入ってる蔵を持ってるんだそうです。

そこに入ってる方な出入り番古いのが、あの聖徳太子がしているような曲がってる剣!

あれは日本に数本しかないって言ってましたよ。
そのうちの一本を芸術院に(文化財を管理するところってここ?とりあえず・・)

見つかってしまったので、国にただでやるくらいならと思い、有名なある神社に寄贈したそうです。

芸術院の会員のあっちこっちの教授がその蔵の中を見せろってうるさいって言ってました。

仕事で年の半分以上はアメリカとヨーロッパを巡ってるそうです。
その仕事のことだけは教えてくれませんでしたね。

私にとってはそのような方は異次元の世界の方のようで、全く驚きでした。

今考えて見ても、ゴルフダイジェストのランキングの半分のコースをラウンドしたなんていったら、夢のようなことになります。

もしかしたらオーガスタもラウンドしたんですから

「パインバレー」

とか

「サイプレスポイント」

なんかもラウンドしたんでしょうね。

スポンサーリンク

ピンパターのシリアルナンバー1番!

その方のもうひとつの話があるんですが、そのときのアメリカでラウンドした友人にこのパター上げるっていわれてもらってきたそうなのですが、それがなんと・・・

ピンのシリアルナンバーが「1」番だそうです。

どのタイプの1番かはわかりませんがそれを肩にかけて手で振り回しながら空港で手荷物で持って飛行機に乗ったそうです。

ところがさすがアメリカ!

空港の手荷物検査でその検査員が

「そのパターを見せろ!」

というので見せたそうです。
ところがシリアルナンバーが1番。
そのパターを無造作に持っていたものだから不審に思ったそうです。

大体ピンのその1番といったら相当な貴重品であることは間違いがないでしょう!
そこで出所の確認をしないと駄目だということで、くれた方の確認を取るのに相当に苦労したそうです。

例えばピンの確か4本しかないスワンネックは確か一本数百万位したような気がします。(本数が記憶違いならスイマセン)

まあそれ以上高価なことは間違いがないかもしれません。
それを知らないとはいえ無造作に肩にかけて振り回して飛行機に・・・

本人何事かと思ってびっくりしたそうです。
そんな価値があるものだとは全く想像だにしなかったといいますから。

まあそんな人もいました。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結
上記リンクはマスターズについてまとめているページです。
歴史や名勝負編をまとめています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る