ゴルフの初心者への教え方で寄せは一番難しいかもしれない

ラウンドしながらいろんなお話をしたのですがこれがなかなか参考になるのです。

ドライバー編ですが、こういうことを言ってました。

スポンサーリンク

大の男がフルスイングすれば、大体230はとぶ。

こんくらい飛べばゴルフには支障が無い。

あと10ヤードの距離なんて意味が無い。

何故なら俺らプロじゃあ無い。

楽しみゴルファーだから。

例えばいつもやってる白ティーからの距離考えてみればわかるよ。

あと10ヤード飛んだってそんな違わないだろう。

そのあと10ヤード追求してみんなフォーム狂ったり、新しい道具を追求してお金使うんだよな。

あるやつはそれでもいいけど、でそこからまた一からなんだよ。

まあ全く一からでは無いにしても、プロとは全く打ち込み量が違うから、比較にはならないんだな。

こんなような話しながら私の悩みについて淡々と話してくれるんだよな。

ところで青のバックティーというのは白とは全く景色が違うんです。

たった10ヤードくらい違うところなんか、なんでこんなに景色が違うんだべ?

まあホールによっては30~40ヤードも違うところもあるけど、それならわかるけど。

でも青ティーからやるとちょうどいいところに池だったり、バンカーだったりがなかったりする場合もあって、どっちもどっちなんだな。

そうそうこれ書きたかったんですよ。

寄せ、アプローチがテーマでした。

その方淡々とパーを普通にとっていくんですがもちろん全てがパーオンしているわけではないわけです。

このグリーンを外したときの寄せというかアプローチが絶妙なのです。

方法はピッチエンドランです。

こんな絶妙なアプローチははじめてでした。

我が社の社長どころではないのです。

驚きました。

そこで私のアプローチを見てもらったのです。

そこで重要なのがサンドを用いたフワリと上げるピンデッドの寄せはシングルでも至難の技だということです。
その方曰く
ゴルフを自分から難しくしていると言ってました

ではどうする?

そこでアドバイスもらったのが、8番か9番を用いたピッチエンドラン。

特に9番はボールを多少なりとも上げることができるのでオススメだということです

その方は条件がいい、例えば花道からの寄せなら7番でもいいよと言ってましたが。

しかし実際見たのは初めてのことでしたね。

まあ人のプレーを真剣に見たことって無かったに等しいですから。

相手の方がハンデ5のシングルということで上手いに決ってますから、真剣に見る気になったのだと思うのです。

実際うまかった。

スポンサーリンク

ピッチエンドランの寄せはふり幅で調整してパターと同じ感覚!

そこで私もその9番で寄せて見た。

ポイントは振り幅とパターと同じ感覚で行う。

パターと同じように9番を振る。

スイングではなくストロークするイメージです。

そしてキャリーとランの比率を計算して落とすところを定める。

あの辺に落とせばあとはランで寄って行くな、という感じですね。

これ早速実践して見た。

同伴の俺と同じレベルの連中とみんなで、最後はその方のゴルフ教室なってしまった。
他の二人もこんなに上手い方とラウンドしたこと無いということで、すごく参考になったようです。

このAさんとしておきましょうか・・

Aさんのこの日は確か3オーバーだったと思います。

「75」のラウンドですね。

よくよく聞いたらクラブチャンピオンに出るので練習しているんだといってました。

このスコアじゃあ全くだめだな・

といって嘆いていましたが、なんか邪魔して申し訳なかったというかそんな気分になってしまいました。

本人の本意でない最後はゴルフ教室ですからね。

別れ際に謝ったのですが、本人曰く

「そんなことでメンタル下がるようじゃあクラブ選手権なんて最初っから及びもつかないよ」

って言ってました。

まあそうですね。ハンデ5じゃあクラブチャンピオンはまず無理。

スコアならアンダーでラウンドしないと。

これからもっともっとハイレベルを目指すという意味なのだと思います。

この日のラウンドは本当に自分のゴルフの寄せについての分水嶺だったと思ってます。

この日の私のスコアは・・忘れました。思い出せません。

たぶん90前後だったような・・

このころには100という数字はほとんど見なくなってましたから。

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る