ゴルフの祭典マスターズ 歴代優勝者に見る日本人最高位と記録の特集

ゴルフの祭典マスターズ 歴代優勝者に見る日本人最高位と記録の特集を紹介します。

開催場所のオーガスタでプレーするにはマスターズの出場資格をクリアしないといけません。

そしてそのプレーはライブでテレビ中継されます。マスターズの意味も紹介します。

スポンサーリンク

ゴルフの祭典マスターズは毎年4月のはじめに行われる、その年の呉津負4大メジャーの初戦です。
この開催コースというか場所はオーガスタナショナルゴルフクラブです。

このコースを設計したのはアリスター・マッケンジーとボビージョーンズ。
アリスターマッケンジーはゴルフコース世界ランキング2位の

「サイプレスポイント」

を設計したことでも知られます。

第一回大会が1934年です。

オーガスタでプレーするにはマスターズ出場資格がないといけない

マスターズはマスターが集う場所、大会なのでトーナメント形式の所謂オープンではありません。

当たり前なことですが、ゴルフの祭典にはそのときの、または前年の各ゴルフ界でのマスターとなる条件を満たさないといけないのです。

マスターズに出場する選手は毎年90人前後のようです。
予選カットラインは首位と10打差、50位タイまでの選手が決勝ラウンドに進むことができます。

もともとのマスターズの意味は世界中のゴルフの名手(マスター)だけが出場できるという規定になっているからです。

マスターズ出場資格の詳細はこちら

そして、この大会の模様は勿論全世界中にライブでテレビ中継されます。
勿論日本でも眠い目をこすりながら、特に最終日は会社に遅れながらもテレビかじりついて見ていました・・私は。

さてその日本人最高位ですが、2名同スコアでいるのですが

2009年 片山晋吾 4位
2001年 伊沢利光 4位

ですね。
次が昨年(2015年)の松山英樹の5位になります。

なんか松山英樹は行けそうですね。
長いゴルフ競技の中では優勝しそうな雰囲気がします。

マスターズトーナメント歴代優勝者に見る記録の特集

数字を並べてみました

最多優勝回数:6回 ジャックニクラウス
優勝回数2位:4回  アーノルドパーマー、タイガーウッズ、
優勝回数4位:3回 ジミーデマレー、サムスニード、ゲーリープレーヤー、ニックファルド、フィルミケルソン
最多二位回数:4回 ベンホーガン、ジャックニクラウス、トムワイスコフ
最多トップ店回数・22回 ジャックニクラウス
最多予選通過回数:37回
最年少優勝者  :21歳3ヶ月 タイガーウッズ
最年長優勝者 :46歳2ヶ月 ジャックニクラウス
72ホース最小スコア:270 タイガーウッズ、ジョーダンスピース
54ホール最小スコア:200 ジョーダンスピース
18ホール最小スコア:63 ニックプライス
18ホール最多バーディー:11 アンソニーキム
最多連続バーディー:7 スティーブペイト、タイガーウッズ
最年長予選通過者:63歳 トミーアーロン
最多出場回数:52回 ゲーリープレーヤー
最多連続出場回数:50回 アーノルドパーマー

そのほかに

最多イーグル数:24 ジャックニクラウス
最多バーディー:506 ジャックニクラウス
アルバトロス:4 ジーンサラゼン、ブルーズデプリリン、ジェフマガート、ルイウーストハイゼン
最多バーディー72ホール:28 ジョーダンスピース

こんな感じです。
最多優勝回数はジャックニクラウスの

「6回」

になります。
特に1986年の優勝の名シーンはマスターズの歴史に残る名シーンといわれていますし

「ジャックイズバック」

の大合唱でも知られます。

nikurausu

オーガスタナショナルGCはタイガーウッズの1997年の圧倒的な飛距離での優勝と、クラブやボールの進化に合わせるべく何度かコースのヤーデージの延長を行っています。

特に1997年にタイガーウッズが優勝したときにはその圧倒的な飛距離でオーガスタをコケにしたような印象がありました。
なんと2位に12打差の18アンダーという最小スコアでの優勝だったからです。

そのときのヤーデージが

「6925ヤード」

でした。
その後の改修で

2000年:「6985ヤード」
2001年~2005年:7270~7290ヤード
2006年:7445ヤード

で現在に至るようです。
1997年からなんと500ヤードも伸びたんですね。

マスターズの見どころとオーガスタナショナルGCの名所と名称

アーメンコーナーとは?

バックナインに入った11番、12番、13番を称してこういいます。
ここはオーガスタの一番高い丘になったところにあるために風が非常に舞っています。

特に12番のショートの池越えは、ティーグランドの風とグリーン上の風とは全く別物。
ノーマンが池に入れたシーンが印象的です。

そして13番がパー5で、ここで伸ばせるかどうかが勝敗にものすごく影響があるホールです。

アーメンコーナーのお話

オーガスタには色んな記念の橋や、コースについた愛称があります。

ホーガンブリッジ:ベンホーガンの当時の最小スコアを記念した橋
ネルソンブリッジ:バイロンネルソンの大逆転勝利を記念した橋
サラゼンブリッジ:ジーサラゼンの15番のアルバトロスを記念した橋

nersonburiji

(このブログ内のべつ記事で紹介しています)

上記のアーメンコーナーの攻略で最近記憶に新しいのは2010年のフィルミケルソンが3日目に13番、14番で連続イーグルをやっています。

そして期待された15番もあわやイーグルかと思うようなショットを見せて沸かせました。

ミケルソンのデーターではこの辺のパー5は殆ど平均スコアが4に近い数字を残していてすごいです。
記憶に新しい昨年(2015年)にはジョーダンスピースが18アンダーという最小スコアタイで優勝しました。

さて今年はどんなマスターズトーナメントを見せてくれるのでしょうか?
今から楽しみです。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結

マスターズの歴史から名勝負編までの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る