全英オープン(ゴルフ)の優勝賞金と賞金総額の金額の歴史的推移は?

全英オープンに限らず、メジャー4大会の賞金額は、毎年のように上昇していて、プロにとっては本当にいいことだと思います。
では、その優勝賞金額や、賞金総額は歴史的にどんな推移で、上昇してきたのか?

ここでは、その金額の歴史的な推移について、フォーカスしてみようと思います。
2018年は賞金総額が1050万ドル、優勝賞金は189万ドルでした。

スポンサーリンク

 

全英オープンゴルフの賞金額の表示通貨について!

 

全英オープンゴルフの賞金額の表示通貨について!

ご存知のように、全英オープンですから、開催国は「英国」です。
なので、賞金額は英国の通貨である

「ポンド」

で支払われてきました。
それが、2017年からドルで支払われるようになりました。
理由は、イギリスのEU離脱騒動があって、R&Aが判断したようですね。

なので、賞金額の推移を見るときに、ポンドと2017年以降はドルですので、混在します。
そのポンドですが、なかなか対ドルレートの変動で、結構な差があるようです。

日本円なら、大体150円~200円かな~~って思うのですが、決められないレートかと思うので、参考程度にしてください。
それよりも、優勝賞金の、上昇の比率を見ていった方が、面白いような気がします。

全英オープンゴルフの賞金額の歴史的な推移は?

 

全英オープンゴルフの賞金額の歴史的な推移は?

全英オープンや、マスターズトーナメントなど、そのほかのメジャー大会でもそうですが、賞金総額に対する、優勝賞金額というのは、ほぼほぼ決まっているようです。

その比率は

「18パーセント」

です。
1000万ドルなら、優勝賞金は180万ドルです。
2017年を例にとるなら

  • 1:賞金総額:1025万ドル
    2:優勝賞金:184万5000ドル(18パーセント)

です。

では、全部見て書くのもどうかと思いますから、1945年以前は10年ごとで。
それ以降は5年ごとで。
金額はポンド表記で、優勝賞金のみ。

 

全英オープンゴルフの優勝賞金額の歴史的推移は?

 

以下のようです。

  • 1860年~1963年:なし(チャンピオンベルト)
    1864年:6ポンド
    1870年:6ポンド
    1880年:8ポンド
    1890年:13ポンド
    1900年:50ポンド
    1910年:50ポンド
    1920年:75ポンド
    1930年:100ポンド
    1939年:100ポンド
    1946年:150ポンド
    1950年:300ポンド
    1955年:1,000ポンド
    1960年:1,250ポンド
    1965年:1,750ポンド
    1970年:5,250ポンド
    1975年:7,500ポンド
    1980年:25,000ポンド
    1985年:65,000ポンド
    1990年:85,000ポンド
    1995年:125,000ポンド
    2000年:500,000ポンド
    2005年:720,000ポンド
    2010年:850,000ポンド
    2015年:1150000ポンド
    2016年:1,175,000ポンド
    2017年:1,845,000ドル
    2018年:1,890,000ドル

と、こんな感じです。
直近は、毎年書いてみました。
ちなみに昨年(2018年)の賞金総額は

「1050万ドル」

でした。
2017年から、ドルの表示に代わっています。

 

スポンサーリンク

全英オープンの賞金額に見る歴史的な転換点は?

 

増え方が、半端でなかったのが、1975~1980年かな~~
約3,3倍に増えています。

それから1995年~2000年までの5年間。
この期間で4倍です。
すごいですね。
この期間はタイガー効果というやつですね。

全く驚きます。

2019年はまだ発表なってないようですが、ほかのメジャー大会が50万ドル規模で上昇していますから、それなりにアップしそうな予感がします。

・・・・・・・・・・・

全英オープンを記念した、ウェアやヘッドカバーなど、たくさん発売されてるんですね~~
さすが、全英オープンの歴史を感じます。

全英オープン記念のグッズ一覧はこちら!

ミズノの、全英オープン記念トートバックです。
これいいですね。

関連記事

全英オープンゴルフの開催コースのルールや、賞金額や名勝負など、本部ログ内の記事をまとめてみました。

全英オープン開催コースと名勝負とオープンの歴史の紹介のまとめ

2019年開催のコースです。
歴史や、設計者など気になることを書いてみました。

ロイヤルポートラッシュGCの設計者と歴史は?全英オープン開催コース!

・・・・・・・・・

全英オープンゴルフの賞金額の歴史的な推移のまとめ

 

全英オープンゴルフの賞金額の歴史的な推移

最も歴史的に古い、ゴルフトーナメントの全英オープンゴルフですが、当初がは賞金はありませんでした。
チャンピオンベルトのようなものでしたが、トム・モリス・ジュニアが3連勝で、取りきりでなくなってしまったんだな。

トムモリスジュニア全英オープン4度優勝した天才は早逝の英雄!

その翌年、そのベルトがなくなったために大会は注視の憂き目に。
なので1871年は、開催されなかった・・そんなようですね。

そこで用意したのが現在の

「クラレットジャグ」

という、優勝トロフィーです。
くしくもその第一回目の優勝の刻印は、1872年のまたしても

「トム・モリス・ジュニア」

でした。
これで4連勝です。
そこから、歴史は延々と刻まれてきたわけです。

・・・・・・・・・・・

松山英樹プロも愛用の、ソックス!

ゴルフコース予約は楽天がお得です。

楽天GORA

関連記事

全英オープンでの、最多優勝記録や連勝記録、日本人の最高位は?
気なるので、そのデーターにフォーカスしてみました。

全英オープン(ゴルフ)最多優勝と連覇記録は?日本人最高順位は誰だ?

全英オープンと言えば、この方です。
もともとは、プロゴルフ第一号と言われる、アラン・ロバートソンの追悼試合でもあったようです。

全英オープン開祖のトムモリスシニアはオールドコースに人生を捧げた

トムモリス・シニアが始めた大会・・そういっても過言ではないと思っています。

最後は、人生をこのオールドコースに捧げて、ゴルフの発展に大いに寄与しました。
稀代の英雄かと!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る