ゴルフクラブが14本に制限された理由3つの説とゴルフクラブの歴史

ゴルフクラブって使用本数はルールで14本と決まっています。
これはみなさんゴルフをおやりになる方ならだれでも知ってることだと思います。

ではいつからこのラウンドでの使用クラブがルールで14本と決まったのか?

それについて考察してみようと思います。

スポンサーリンク

この説には三つの説があるようです。
個人的には最後のボビージョーンズの説が、当たってるような気がするのですが、この時代は近現代的な時代ですので、それとマスターズの創設者ですから、ゴルフ界には絶大な影響力を持っていたと思うからです。

ではその前にゴルフクラブの本数の話ですからそのゴルフクラブについて少し話題にしてみたいと思います。

ゴルフクラブの歴史はいったいどうなってる?

100年以上も前にはイギリスとアメリカではゴルフは国民的なメジャーな遊びになっていてプロも存在していました。

そしてアマチュアも全盛の時代です。
そしてプロとアマの名勝負も・例えば

フランシス・ウィメットとハリーヴァードン

の1913年のプロアマ対決ですね。
これは映画になりました。

「グレイテスト・ゲーム・エバー・プレード」

ハリーヴァードンは全英6勝。
それに無名のキャディー上がりのアマチュアの20歳のフランシス・ウィメットが買ってしまうのですから、サクセスストーリーですね。

ということでゴルフクラブですが・・

最初にパーシモン(柿)を作ったのは1899年といいますから勿論100年以上も前ですがマクレガーです。

またクラブセットの販売はセットでの販売ですがこれは7本のアイアンセットでスポルディング社です。こちらは1926年とあります

いずれも随分前ですね。

ではその説の3つをそれぞれに紹介します。

1 1859年に出場したジラードのキャディー直訴説

全アマ選手権にジラードという選手が出場したそうです。
その時に彼はなんと55本のクラブを持参して大会に臨んだそうな。

しかも2台のリヤカーに乗せてとあります。

それを運んだキャディーは相当に苦労したようです。
そもそも55本ですから運ぶのはいいとしても次に何番で打つのか?
そもそも何番という番号があったのか?
それも疑わしいですよね。

そして選ぶのが時間がかかれば当然プレーにも時間を要したことは容易に察しがつきます。

そのキャディーが当時にゴルフのルールを規定する

全英ゴルフ協会のR&Aに直訴したそうです。
そこでこの直訴を受けてR&Aは理事会を開いてその場でクラブの本数を1ダースプラスパターの一本で13本に決めたのですが、この13という数字が縁起が悪いということでプラス一本で14本になったという説です。

しかしこの時のR&Aですが、本当にそんなに機能していたのでしょうか?
全英オープンの歴史は第一回大会が1860年です。

このお話の翌年になるわけです。

スポンサーリンク

2 1936年カーティス・カップの説

当時隔年で行われていた全米ゴルフ協会と全英ゴルフ協会の共同開催の

「米英アマチュア女子対抗戦」

今でいえばライダーカップのようなものですね。
そのアマチュア版の女子版と思えばよろしいかと。(私はそう思いました)

場所はスコットランドのグレンイーグルズのキングスコースとあります。

その大会に参加したある女子選手がゴルフバッグに23本のゴルフクラブを入れて参加したそうな。

試合後のプレスのインタビューでこういったそうです。

「ええ、私23本のクラブをキャディーに持たせたわ。だって私このすべてのクラブが必要だったのよ。」

まあその方にとっては必要なクラブだったのでしょうね。
ところがUSGAのゴルフ規則委員長のロバート・ハイスという方が怒った!

「こんなことを許していてはプレーに遅延をもたらし、スロープレーの極み!即刻クラブの本数を制限しろ!」

と要約するとこんなことだったようです。

規則委員長のロバート・ハイスは即刻R&Aに相談。
ところがR&Aはつれなかった…

「その必要なし」

こういうことだったようです。
ところがその翌年にUSGAが規則委員会を開いて14本を上限とする案を決めてR&Aに提示して説得したとあるようです。

そこで翌年ですから1939年にUSGAとR&Aの統一ルールとして使用クラブ本数が

「14本」

に決まったという説です。
この時に何故に14本という数字が出てきたかは不明でわかりません。

くしくも1939年といえばゴルフの祭典マスターズトーナメントが正式に

「マスターズ」

と命名された年でもあるわけです。

3 球聖ボビージョーンズとトニー・トーランスの相談説

ローソンリトルというアマチュアゴルファーがいるのですが、彼は1934年と1935年と2年連続で全英と全米のアマチュア選手権を制覇したのです。

すごいですね。
これで全米オープンと全英を制覇すればキャリアグランドスラムです。(当時は)

しかしその時に彼はなんと31本のクラブをバッグに入れていたのでキャディーが1番の説同様に重くて大変だとクレーム。

そこでまたまたUSGAとR&Aが協議を重ねた結果1939年にゴルフの使用クラブは

「14本にする」

という統一ルールを発効した。

ではなぜに14本なのか?
これについてはこれが一番現代的にも説明できて有効のような気がしますが、下記のような内容です。

1936年にウォーカーカップが開催されました。
このウォーカーカップというのは2番と同様のUSGAとR&Aの共同開催の男子アマチュアゴルフの米英の国別対抗戦。

ライダーカップのアマチュア版ですね。

出場したのはあのマスターズのオーガスタの提唱者の

「球聖ボビージョーンズ」とイギリス代表のトニー・トーランスですが、二人が駐車場のロールスロイスの車中でクラブの本数について協議したとあります。

こんな感じだったのでは(フィクションです)

ボビー
「トニー君は今日クラブ何本持ってきたんだい?
トニー
「ボビー僕は12本以上は使ったことがないんだ。それ以上は必要ないと思っている。それよりもボビー、君がグランドスラム達成時には何本のクラブを使ったんだ?」
ボビー
「16本さ。じゃあさこうしないか?この僕と君の中間をとって14本にしないか?僕と君でルールを作るのさ」
トニー
「それは妙案だ、早速R&Aルール委員長ロバート・ハリスに伝えてこの問題を解決しよう」

こう言ったかどうかはわかりませんが、あくまでも私の想像です。
しかしR&Aが1939年にルールを決めたのは間違いないと思います。
何故ならすぐ依然で近現代の話ですから、そのころなら、正確に記録が残っていると思うからです。

ゴルフクラブが14本に制限された理由のまとめ

この3つの説が出てきましたが

1の信ぴょう性について

このころは1859年ですからまだまだゴルフが規則はあっても、クラブ本数にはなかったのは想像に難くないとおみます。

しかし全英オープンは翌年が第一回。

公式な大会がまだなかった時代にこういったルールの改定ってあるのかな?
はなはだ疑問です。

2の信ぴょう性について

時代は1936年とあります。
そして発行されたのが全英協会では1938年USGAとの統一見解が1939年とあります。
これは3の説と時代、年代がかぶってます。

ある程度信ぴょう性があるような気もしますが、ことはアマチュアの大会です。しかも女子の大会!

どうもすっきりしないのです。
ここで私個人が推理すると・・

どうしてもこのルール改定では先鞭をつけたい全英ゴルフ協会のR&Aがボビージョーンズが決めたでは面白くない。

全てのゴルフのルールは全英から出るべきであってゴルフの聖地はR&Aの本部があるセントアンドリュース!

USGAには絶対に決めさせない

なんてね・・

3の信ぴょう性について

時代から言って、USGAの記録から見てもこの説が一番信ぴょう性があるような気がします。

まさか今から70年以上前とはいっても近現代的な時代です。
記録はすべて本当なのではないかと思うのです。

もうアメリカでは自動車が普通に走ってビルも立ち並んでいた時代です。

さて皆さんはどちらの説が正しいと思いますか~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る