ゴルフでプレー中の風速がどのくらいなら球筋に影響するかの考察

春のゴルフシーズン到来!

ゴルフでプレー中の風速がどのくらいなら球筋に影響するかの考察をしてみたいと思います。

アベレージゴルファーが苦手な風に対する強い球の意味などを考えてみようと思います。

スポンサーリンク

春のゴルフでの大敵といえばなんといっても私の場合ですが・

「風」

フォローならまだしもアゲンストの風は最も大敵に感じます。
しかしフォローもグリーンオーバーなんてのはよくやってましたからこれも中々大敵で

す。

皆さんは風に強い球って打てますか?
私もあの手この手で随分と打ってみました・・が、結果できませんでした。

ただ一つ結論を得たことがあったのですが、それは

「ゴルフは自然が相手。したがってあるがままのプレーに集中しよう」

これです。

一般的にドロー回転のボールは風に向かって回転していきますから風には有利といわれ

ています。

それは私も実感します。
フェードやややスライス系は風に乗ってしまいますからふけあがっておしまいのようで

す。

ではどの位の風なら影響があるか?

まあ測ったわけではないですが、大体5メートルが境かな?・・たぶん。
7メートりという方もいるようですが、これはもう本人の体感のような気もします。

でもねえ・・

いくら風があろうと自然に球打っていけばいいだけの話なんです。
私はそう思っています。

自分が強風が吹いてきたからって、風に強い球を打つなんて基本その時の状況に合わせて・・なんてできないわけですから、いつもの通り自然体でショットすることだと思います。

スポンサーリンク

風に強い球打つための大敵は自分にあり!

ただし問題は・・

「風が気になってそんな器用なことできない!」

此れなんですよねええ・

風に対する一番の大敵というのはやはり自分なのだと思います。
風が気になっていつものショットができないのです。

普通にティーショットすれば、いくら風が吹いていようが2割減でもそこそこ飛んでくれるんです。

アイアンだってグリーンまで150ヤードのアゲンストなら1,2番手上げればいいだけの話

なんですが、風が気になってミスショットする・・

そんなところなんですよね。

私が長年ゴルフやってきて風に対する結論に至ったのはここです。
シングルゴルファーではない、普通のアベレージゴルファーが大半なわけです。

私もそのうちの一人です。
プロが考えるようなことは考えても無理ですよ。

ならば心を磨いて風が吹いてもいつもの平常心のショットを心がけることがベストであ

ると思うのですが、皆さんはこういうのってどう思いますか?

90前後のゴルファーがドローとフェードをドライバーで打ち分けるなんてできるわけが

ないと思います。

少なくとも私の周囲にはいませんでした。
勿論私もできないです。

そんな中で私が風の日のゴルフをできるだけリスクなく、ラウンドできる方法での結論

「平常心でいつも通りショットをしろ!」

これですね。

此れから春になってゴルフシーズンが到来します。
春は風が大敵です。

風も味方につけてゴルフ楽しみましょう!!

唇荒れますからリップクリームも忘れずに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る