ベスページブラックコースの歴史と設計者は誰?PGA選手権開催コース!

x-t3レビューが汁の評価 管理人撮影の風景写真

「ベスページ・ステートパーク・ブラックコース」(Bethpage State Park (Black Course))の、設計者とコースの歴史を紹介します。
また、その方の設計したコースが、ベスト100ランキングに、ランクインのコースが数コース入ってるので、そのコースもリスト化して紹介します。

「ベスページ・ブラックコース」は、2019年全米プロ選手権(PGA選手権)の開催コースです。
誰でも予約すれば、プレーができるパブリックコース(公営)ですが、世界ランキングベストコース100にランクインしている、珍しいコースです。
2017年ゴルフマガジンのランキングでは、52位にランクしています。

ベスページ・ブラックコースでは、これまでに全米オープンが2002年と、2009年と2回開催されています。

スポンサーリンク

歴史は、古く1035年までさかのぼります。
1929年の、株の大暴落で始まった世界大恐慌の、内需拡大策のケインズ理論の象徴の(たぶん・・)

ニューディール政策の一環で、ベスページ州立公園内に、ゴルフコースが設置されることに!

そこかから、ベスページの歴史が始まったようです。

ベスページ・ブラックコースの歴史と設計者は誰?


(出典元:kimigolf.com/より引用)

上記のように、ベスページ州立公園に、ゴルフコースを造成したのが、歴史の始まりです。

開場は1936年。

マスターズの、オーガスタが開場して、第一回大会が1934年。
アリソン氏が日本に来て、廣野や東京ゴルフ倶楽部朝霞コースや、霞ヶ関の改修や川奈を設計したのが1930年。

いろんなコースの歴史が、オーバーラップする時代です。

 

ベスページ・ブラックコースの設計者は?

 

A・W・ティリングハースト」(アルバート・ティリングハースト)

という方です。
彼が設計したコースで、傑作がもう2コースほどあるようです。

  • 1:バルタスロールゴルフクラブ:世界ランク:74位
    2:ウイングフットゴルフクラブ西コース:世界ランク:27位
    2:ウイングフットゴルフクラブ東コース:世界ランク:83位
    3:サマーセットヒルズカントリークラブ:世界ランク:75位
    4:サニングデールカントリークラブ:世界ランク:80位
    5:サンフランシスコGC:世界ランク:25位
    6:クェーカーリッジ:世界ランク:78位
    7:ニューポートカントリークラブ

(ゴルフマガジン社2017年世界ランキングコースより)
などなど・・
*あってると思うのですが、間違っていたらスイマセン。

他にも多数ありますが、ベスページブラックコースも含めて、世界ランキングに名を連ねています。
バルタスロールは、青木功とジャックニクラウスの、全米オープンでの名勝負で有名です。

何度も、ここでは全米オープンが開催されている名門コースです。

A・W・ティリングハーストはどんな人で当時の状況は?


(出典元:kimigolf.com/より引用)

名前は?

「アルバート・ティリングハースト(1874-1942)A. W. Tillinghast」

です。
あだ名は

「恐怖のティリング」

といわれて、キャラクターのというか個性が、かなりきつかった方のようです。
人生経験はまさに破天荒で、元は不良少年の仲間入りで、まるで裕福な家庭に育ったことに対する、抵抗のようにも感じます。

フィラデルフィア派の中核。

生まれは、裕福な家庭だったとあります。

もとは、不良少年でしたが、20歳で完全に更生して、結婚!
結婚で人生を構成したかは、定かではないですが、個人的な想像ですがそのような気がします。

その時の仕事は

  • 1:美術品の収集
    2:小説の出版

などなど・・

 

ティンリングハーストとゴルフのきっかけはトムモリスシニア!

 

きっかけは、スコットランドを旅した時に、ゴルフに出会い、目覚めたこと。
そしてトムモリスとの出会い!

完全にゴルフの虜になった、ハーストは毎年のように、スコットランドで、トムモリスに指導を受けたといいます。

腕は、どうだったんでしょうか?

記録を探したのですが、無かったですね。(残念)
そしてプレーだけでなく、ゴルフコース設計にも興味を持つように・・

当然その、その指導も受けたのではないでしょうか?

ティリングハーストが20歳といえば、1994年。
全英オープン第一回が1860年ですから、トムモリスシニアはセントアンドリュースを整備してる最中??

トムモリスシニア(1821~1908)は、全英オープン開催のルーツのかた。
元々は、一節には

「アラン・ロバートソン」(プロ第一号ともいわれています)

の追悼試合だった・・そういう意味でも語られているようです。

当の、ティリングハーストは32歳の時に、友人の農場をゴルフコースにしてしまった??
それほど夢中になったようです。

設計したコースの出来上がりと評判は、素晴らしく特に名を挙げたのが、上記でも紹介したコースで

  • 1:バルタスロールゴルフクラブ:世界ランク:74位
    2:ウイングフットゴルフクラブ:世界ランク:27位

は特に評判が良かったようです。
そして・・億万長者になったそうな・・

事務所はマンハッタン!
服装は、まさに上流階級のなりで、ゴルフコースに出かけて設計していたそうですよ~~~

が・・・時は大恐慌の嵐!!

1929年の株の大暴落で、一転窮地に・・

その先は想像に任せします。

そこへ、話が舞い込んだ「ベスページ州立公園」内に、ゴルフコースを設置するという、内需を喚起する政策。

この工事には・・

  • 1:造成のために2400人の雇用
    2:開場時は800人のキャディーの雇用確保

現在の利用者数は、1994年296,000ラウンド。
一コースあたり約6万人といいますから、すごいですね。

ちなみに、ベスページには5コースあります。

ベスページ・ブラックコースの歴史は?

というわけで、大不況乗り切りの内需拡大策での一環での

「ベスページ州立公園」

での、ゴルフコースの新設。
そこで・・・どうしたか??

1:隣接のレノックスヒルズカントリークラブ(1923年開場、デヴェルー・エメット設計)を買収して、ティリングハーストが改造!

このコースは

・グリーンコース

として1935年・・一番最初にオープン
同じ1935年に

  • 2:ブルーコース
    3:レッドコース

をティリングハースト設計でオープン。
そして、満を持して

4:ブラックコース

が1936年にオープン。
これで4コースです。

1958年に「アルフレッド・H・トゥル」の設計で

5:イエローコース

が開場しています。
この増設は、混雑解消のためだそうです。

そんなに混むの?

何せ、州立公園内ですから、公営です。
したがって・・安い!

例えば時期はいつにせよ・・料金が18ドルとか・・20ドルとか・・安!!
そりゃあ~~混むね!

ブラックコースに秘めたティリングハーストの思いは?


(出典元:kimigolf.com/より引用)

ベスページブラックコースは、公営なので誰でも気軽にプレーできるようです。

が・・問題は其の難易度!

その理由は?

ティリングハーストは、自分のゴルフコースの設計の集大成に、このブラックコースを選んだようです。

他の三つのコースは一般向けに・・しかしブラックコースは、全米オープン開催並み??

それを目指したような気もします。
それまでに設計して、大好評だった

  • 1:バルタスロールゴルフクラブ:世界ランク:74位
    2:ウイングフットゴルフクラブ:世界ランク:27位

に匹敵するか、それ以上の難度のコース!

それは一般のアマには、難しいですね。

で・・こういう看板があるそうです。

ーWARNINGー
「警告:ブラックコースは極めて難しいコースなので上級者のみプレイすることをおススメします」

という警告文があるんだな。
他のコースとは、全く作風が違うという感想が、あるようですね。

・・・・・・・・

PGA選手権記念の限定シューズです。
記念委はいいかもしれませんね。

全米プロゴルフ選手権限定商品の一覧はこちら!

私は以前の会社では、接待ゴルフ要員でした。
その時の経験を、記事にしてみました。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

・・・・・・・・

バーディーはティリングハーストが語源だった!

さてさて・・誰でも、バーディーをとたっときはうれしいですね~~

私も何回やったかな?

覚えていませんが、それは一年に何十ラウンドもやっていれば、いくらなんでも私でも、何度もやってます。

あるゴルフコースで、ティリングハーストがロングホールを2オン!

その時に同伴競技者が

「ライク・ア・バーディー」

翻訳すれば、鳥のようだ!または鳥のようなショット・・まあ・・こんなような意味かと。

それで、規定だよりも1打少ないのを

「バーディー」

というようになった・・そのようなことのようです。
諸説あるようで、なずけたのも

「ティリングハースト」

であるという、記述もあるようですが、どっちなんでしょうか?
いずれ、この名づけには、キーパーソンだったわけですね。

・・・・・・・・・
関連記事

PGA選手権での、最多優勝記録や、日本人の最高位の歴史などを、まとめてみました。

全米プロゴルフ選手権最多優勝記録は誰?日本人最高位とスコア記録!

PGA選手権の出場資格は?
規約について紹介しました。

全米プロゴルフ選手権の出場資格は?参加プロは何人で予選カットは?

・・・・・・・・・・

ベスページブラックコースの歴史と設計者のまとめ

ベスページ・ブラックコースを設計したのは

「アルバート・ティリングハースト(1874-1942)A. W. Tillinghast」

です。
開場は1936年。

ベスページ州立公園の中にあります。
この中に5コースあるのですが、4コースがティリングハーストの設計!

ブラックコースは、本人のゴルフコース設計の、集大成と位置づけしたようです。

確かに素晴らしいコースで、公営のパブリックコースでメジャーが行われるのは、他には

「トーリーパンズ」

のみのようです。

  • 2002年:全米オープン:タイガーウッズ優勝
    2009年:全米オープン:ルーカス・グローバー優勝
    2019年:PGA選手権(予定)

過去は、全米オープン(USオープン)が二回開催されています。
そして2019年に、PGA選手権(全米プロ選手権)が開催予定です。

タイガーウッズは、マスターズで2019年に完全賦活を印象付ける、勝利を上げました。

一度、ブラックコースでの、全米オープンで優勝してますから、これ連勝したらすごいことになりそうな・・まさに歴史を作る??

そんな期待も高まりそうな予感がします!

・・・・・・・・・・
キャメロンのPGA選手権の記念ヘッドカバーです。
スコッティーキャメロン使用の方はいかがですか?

全米プロゴルフ選手権限定商品の一覧はこちら!

関連記事

2019年のPGA選手権の、賞金総額などの概要について紹介しました。
賞金額は驚く金額です。

全米プロ選手権2019の優勝賞金や総額は?コース設計者や歴史も紹介!

PGA選手権の歴史について書いてみました。

全米プロゴルフ選手権の歴史と優勝回数ランクとジョンデイリー優勝!

当初はマッチプレーでした。
しかも一週間というすごい長丁場!
しかも全英オープンと同時期の開催!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る