全米プロゴルフ選手権の歴史と優勝回数ランクとジョンデイリー優勝!

全米プロゴルフ選手権の、歴史と優勝回数ランキングと、まさかの補欠待機だったジョンデイリーの優勝の時の、お話をまとめてみました。

全米プロゴルフ選手権の、第一回大会からの歴史は、かなり古いです。
が・・なかなかアメリカのプロは、優勝できなかったんだな。

当時のプロゴルフは、イギリスが数段上!
アメリカでは、ゴルフは上流階級の遊びという、そんな意味合いが強かったようです。

イギリスでは、勝負をかけたマッチプレーが盛んだったようです。
対して、アメリカでは、ゴルフコースはどんどんできても、それはあくまでも遊びのため!

かな~~って個人的には思います。

ジョンデイリーは、その時補欠の待機でした!

スポンサーリンク

今年2016年の全米プロ選手件の舞台、開催コースは全米オープンでのあの青木功とジャックニクラウスの1980年の死闘といわれた名勝負が繰り広げられた

「バルタスロール・ゴルフクラブ」
(バルタスロールGC, Lower Course)

です。(2016年に書いています)

バルタスロールの名勝負は他には?

そのあとも名勝負が何度も行われました。
1993年のリー・ジャンセンとペイン・スチュワートの最後の18番までもつれた名勝負。
18番ロングホールのスチュワートの第二打に、勝負をかけた2番アイアンでのショットが、僅かに届かずに敗れた勝負。

ライブ放送で見ていました・・当時!

懐かしいですが、スチュワートはもういません。
残念でなりませんね。

barutasu
(バルタスロール・ゴルフクラブHPより)

昨年の全米プロ選手権は「ウィスリング・ストレイツ,Straits Course」で行われました。
オーストラリアのジェイソンデイが、なんと20アンダーで優勝しました。

ジェイソン・デイはこれがメジャー初勝利になったようです。
そして、世界ランキング1位に上り詰める、原動力になったのでしたね。

毎年6月の中旬と決まっているのですが、今年(2016年)は8月にリオデジャネイロでオリンピックが開催される都合上、7月に繰り上がって開催されるようです。

全米プロゴルフ選手権の歴史とその存在意義について

全米プロゴルフ選手権の主催は

「全米プロゴルフ協会」 通称

「 PGA 」

が主催する大会です。その
全米プロゴルフ選手権が始めて開催されたのは今からちょうど100年前の

「1916年」

です。
開催場所、開催コースはマンハッタンから車で北に約30分ほど行った所にあるブロンクスビル (Bronxville, NY) にあるサイワノイ (Siwanoy) C. C.というところで行われたとのことです。

記念すべき第一回の優勝者はイギリス人の

「ジェイムズ・バーンズ (James M. Barnes) 」

という方が優勝したようです。

その時の優勝トロフィーと賞金は ロッドマン・ワナメーカー という会社が提供したようです。
そこでこのトロフィーは「 ワナメーカー・トロフィー」と呼ばれるようです。

それから毎年開催されるもアメリカ人の優勝はなかった。
初めてのアメリカ人の優勝は

「ジーンサラゼン」

で1922年のことです。
5年もアメリカの大会なのにアメリカ人が優勝できないということは、当時のアメリカ人にとってはかなりの屈辱感を持って感じられていたようです。

しかし当時のアメリカのプロのゴルフが、イギリスのプロの世界とはかなりの実力差があったということなのだ、思います。

この頃の全米プロ選手権は

「マッチプレー」

で行われていました。
これが今のようにストロークプレーに変わったのは

「1958年」

のことでした。これでメジャー4大会はすべてがストロークプレーになったわけです。
なおプレーオフは3ホールのストロークプレーです。

全米プロゴルフ選手権の最多優勝記録は?

最多優勝記録

1位 5回  ジャック・ニクラウス、 ウォルター・ヘーゲン
2位 4回 タイガーウッズ
3位 3回 ジーンサラゼン 、 サムスニード

とこんな感じです。
2回優勝は複数のプロが行っていますが、3回となると2名しかいないんですね。

ここでも、やはりジャックニクラウスと、タイガーウッズは常連です。
何しろ、グランドスラムを3回もやっているんですから。

スポンサーリンク

全米プロゴルフ選手権で補欠待機から優勝したジョンデイリー!

全米プロゴルフ選手権の1991年大会の時のお話です。

彼の飛距離は凄かった!

彼というのは??

「ジョン・デイリー」

です。
これは私も見ていました。
あの、極端なオーバースイングから、コブラのドライバーで圧倒的な300ヤードドライブですから、みんなが唖然!

もともと、彼はこの年の1991年の全米プロには出場できずに、補欠の何番目かだったのです。
このときの開催コースは

「クルックド・スティック (Crooked Stick) C. C.」

です。
確か、この時にニックプライスが、夫人の出産の立会いで、急遽エントリーを取りやめたために、繰り上げ当選!

そこで連絡を受けたデイリーはアーカンソーからインディアナまで、車を寝ないで徹夜で運転して朝方会場に到着。
勿論練習ラウンド無しの、ぶっつけ本番でティーオフ!

そしたら・・・

初日に67というスコア!
そのあとも 67,59,71というラウンドで、優勝してしまったのですから、これはもう驚きをもって迎えられました。

そのあとに、色んな雑誌であの極端なオーバースイングが良いのか?
私は、雑誌ALBAを読んでいましたが、何度もそのデイリーのスイング写真が、載っていて解説していましたが、まああのスイングは素人が真似するものではなさそうですね。

ということで見ていました。

今年(2016年)はバルタスロールです。
来年はクエイル・ホロー・クラブです。
すでに2022年まで開催コースは決まっています。

その年の最後のメジャー大会です。
その意味でも見納めのメジャーという意味もあるので楽しんで見られますよね。

まさに祭典ですから!

(*本記事は2016年の作成ですが、2019年追記しました)

・・・・・・・・・

関連記事

全米プロゴルフ選手権の、出場資格について紹介しました。

全米プロゴルフ選手権の出場資格は?参加プロは何人で予選カットは?

2019年の全米プロゴルフ選手権の開催コースは、ベスページのブラックコースです。

ベスページブラックコースの歴史と設計者は誰?PGA選手権開催コース!

タイガーウッズは、ここで開催された全米オープンで勝利しました。
公営のコースで、誰でもプレーできます。
が・・この全米オープン開催の後、かなりの人気だったようで、混雑はしていたようですが、この2019年の開催で、またまた混雑するかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る