川奈ホテル 富士コースの設計はC・H・アリソン日本一のリンクスコース

伊東 川奈ホテル 富士コースの設計はC・H・アリソン氏が担当した日本一のリンクスコースです。

日本で唯一といっていいほどのこの地形を利用したアリソンの思想が反映されたリンクスコース!

アリソンバンカーや砲台グリーンがプレーヤーに立ちはだかります。

パブリックなので川奈ホテルの和室でゆっくりくつろいで、ゴルフができます。

川奈ホテルへの送迎は伊東駅から川奈ホテルまでのシャトルバスが出ていますし、川奈ホテルの食事もおいしいと評判です。

この川奈ホテルゴルフコースは、世界ランキングトップ100に入っていても、メンバー性ではなく

「パブリックコース」

です。
その辺がペブルビーチなど、アメリカの有名コースに似ています。

誰でも、予約が取れればプレーできます。

いかがですか?

スポンサーリンク

川奈ホテルを大倉喜七郎が20世紀初頭に自分の別荘として建てたとあるようです。

明治の時代に英国の留学した時の英国貴族が利用するゴルフ場などのリゾートホテルを目指したようです。

特にスコットランドのグレンイーグルスホテルでの滞在が本人にはよほどお気に入りだったようですね。

お金があればそれを実践して形にしたいと思うのは誰でもそうです。

そこで目を付けたのが東京から3時間で冬でも温暖な気候の川奈岬に広大な土地を手に入れることに。

当初牧場ということも考えたようですが、地形的に溶岩原のために牧場には不向きなことからリゾートゴルフ場にすることにしたのでした。

そしてコースの開発に着手。

kawana4

川奈ホテル富士コースが担おうとしたものは?

総面積は46万坪、価格35万造成費108万円だったとあります。
そこで大倉氏はどうせ作るなら、選手権用の18ホールと初心者用の18ホールが必要だと考えて18ホールのコースを2コース造ることにしたのでした。

それが今の
「大島コース」と
「富士コース」です。

このコースの対象となった土地は殆どは村の用地なので、客が来れば村も潤うし、村人も仕事が増えていいだろうということに。

そういう気持ちがあったようです。

実際にこのコースの設計に携わった

「C・H・アリソン」 と
「大谷光明」

以外は殆どが村人(地元民)からの採用だったようです。

昭和3年に大島コースが完成して昭和11年にこの念願の

「富士コース」 が誕生するわけです。

「欧米に遅れていると酷評されるわが国にも、本格的なゴルフ場が開設された。

先進国に劣らぬ出来ばえ、ここは必ずゴルフのメッカになり、やがて世界中が認めるコースとなるだろ」

上記の言葉は完成式典で大倉氏が述べた言葉です。

スポンサーリンク

C・H・アリソン氏は1930年(昭和5年)12月に東京ゴルフクラブの委託を受けて来日中でした。

arison

その時に設、監修したコースが廣野ゴルフ倶楽部、川奈ホテル富士コースと、改造が鳴尾ゴルフ倶楽部と霞が関カンツリークラブです。

わずか日本に滞在したのは2カ月足らず。
その間にこの川奈の地を見て設計をしたということですが、イメージがわいたんでしょうね~~。kawana

当時大島コースは大谷光明氏が担当して富士コースも工事が始まっていたようですね。

それをアリソンの設計通りにやり直して今の富士コースがあるんです。

アリソン氏といえば特徴はあのアゴの高いアリソンバンカーで有名です。
しかもアゴが大きくせり出していますからまた威力が満点!
それと砲台グリーン。

その特徴を存分に楽しめるコースになっています。

川奈ホテルは日本の名門コースでは唯一といっていいパブリックコースです。
誰でもプレーできるのでうれしい限りです。

ほかの名門コースの大半がメンバーの同伴が必要か、紹介がないとプレーできないのとは大きな違いです。

川奈ホテル富士コースの名物ホールは何番?

この富士コースの名物はなんといっても上がりの3ホール/16番・17番・18番は『神に祈る』と言う意味も込められてアーメンコーナーといわれているようですが、なんか聞いたことがあるような・・

しかしこの富士コース自体が日本で屈指の難コースであることは間違いがないですが、中でも上記の

上がりの3ホール/16番・17番・18番は屈指です。

16番は左がすべてOBゾーンです。

kawana2

17番は砲台グリーンが山のようにそびえているようです。

kawana3

18番も打ち上げのホール。

私がゴルフを始めたときに毎年5月に開催されていました。
田植えの時期とかぶっていたのですが何となく見ていた時の記憶ですが、確かジャンボ尾崎が優勝した年かどうか・・

尾崎のティーショットが16番でOBになるかどうかということで久能千佳外かでなんかもめたのを覚えています。

その時に初めて見てすごいコースだなあ・・と思った次第です。
今となっては懐かしいです。

川奈ホテル富士コースのまとめと川奈ホテルの経営について

創設者の大倉喜七郎の意に反して2002年に大倉グループが手を挙げてしまいました。

その時にこの川奈ホテルに手を差し伸べたのが「コクド」今のプリンスホテルです。

再建スポンサーとしての条件は会員コースからパブリックコースへの変更と大幅な会員の預託金の縮小だったようです。

その結果220億円で買収が成立して今の経営はプリンスホテルが担っています。

おかげで誰でもが予約さえすれば川奈ではプレーができるようになったわけです。

ノーベル賞受賞の大村智教授の研究でも有名になりました。

以前は男子のフジサンケイクラシックが行われていたのですが、今は女子のフジサンケイクラシックが開催されています。

2015年版の世界名門ゴルフ場ランキングで

「67位」

にランクインしたようですね。

世界の名門ゴルフ場ランキングで100位以内にランクされる4コースのうちの一つです。(ゴルフマガジン社)

★川奈ホテル大島コースの予約はこちら★

★川奈ホテル富士コースの予約はこちら★

一泊でのプレー料金ですが結構しますね。
やはり世界ランキングに入るということはそれなりですね。

でもこんなコースでプレーしてみたいと思いませんか?

世界の名門ゴルフ場ランキングで100位以内ランクの日本の4コース

世界でも認められた日本の名門コースの紹介です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る