オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの会員数とコースの歴史

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの会員数とコースの歴史を紹介します。

オーガスタには女性会員がいなかったのですが、最近会員が認められました。

会員数は約300名。年会費は驚くべき金額ですが、それらの方には大したことはない?

スポンサーリンク

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブが位置するのはアメリカのジョージア州オーガスタ。

説明は必要ないと思いますが、毎年4月上旬に開催されるゴルフの祭典、マスターズトーナメントが開催されるコースの場所として有名です。

言うまでもなくここは球聖ボビージョーンズが設計したコースであってボビージョーンズの聖地とも言えるコースです。

もし詳しく知りたい方は映像で楽しめますので映画をレンタルしてみると良いかもしれません。

ボビー・ジョーンズ ~球聖とよばれた男~

こういったタイトルの映画がボビージョーンズの人生を紹介するためにあります。

毎年ゴルフのマスターズの放送時間はライブで朝方で月曜日は早起きですね。

昔からそうですがライブ放送は民放です・(ここ宮城県は)

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの会員数って何人くらいいるの?

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブは会員制のゴルフコースです。

しかしその会員数は極端に少なくてなんと驚いたことにたったの

「300人」 だそうです。

しかもメンバーは世界中にいるとのことで、かなりのビップな方しかここの会員は無理な感じがしますが間違いではないですよね。

なにしろ・・世界中とありますから。

そういえばマスターズチャンピオンのニックファルドが、セントアンドリュース・だけっかなあ・・いずれ全英オープン開催コースの会員に中々なれなかったって言うニュース、以前見たことあります。

まあ300人しかいないのですから世のビップな方は会員になるのはそれはもう何よりのビッグなステータスに間違いはないです。

会員になりたい希望者は圧倒的に多く、数十年待ちだそうです。

スポンサーリンク

これってどういう基準?

多分申し訳ない考察なのですが、今の会員の方がゴルフを引退しない限りは無理だと、会員の空きが出ないから不可能だということの意味

に取れますよね。

数十年待ち・恐れ入りました。

一般人のプレーは殆ど無理っぽいです。

なぜならメンバーコースですからその会員の同伴が必要です。

またはコース管理のマスターズの運営ボランティア等で無いと一般人のプレーは無理とのこと。

それとここは女人禁制です。勿論会員同伴のプレーはOKなのですが会員としての女性は禁止で、要は女性は会員にはなれないということです。

しかし昨今の女性蔑視と取られかねないという批判から
2012年8月20日、元アメリカ合衆国国務長官のコンドリーザ・ライスと実業家のダーラ・ムーア(Darla Moore)の2人を初めての女性会員として迎え入れた。

引用wikipedia

とあります。二人だけなんですね。ライス国務長官はブッシュ政権時の国務長官で確かスタンフォードの教授だったですね。

ゴルフやられるんですね。

ダーラ・ムーアさんという方はサウス・カロライナ州の投資家とあります。

う~~んやはりビップなお金持ちかそれなりの地位の方しか無理なようです。

それからこういったメンバーの選考基準などは一切非公開で排他的なプライベートクラブだといわれてるようです。

でもねえ・選考基準たって公開なんてできないね・・これは。

世界中のゴルフファンのビップなお金持ちや政治家や企業家が申請してるんでしょうから、優劣つけて公開なんてできませんよね。

むしろ選考基準公開したら混乱間違いなし!

 

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ歴史とコースの改造

1934年の初回のマスターズ選手権ではホートン・スミスが初代チャンピオンになって、栄光のマスターズの歴史に名を刻みました。

それ以降今年2015年で79回を数えています。

また他の3メジャー大会が毎年コースが変更されるのですが、マスターズだけはオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで行われます。

コースは2002年にはトム・ファジオの監修のもとで大々的なコース改造が行われました。

対応は道具とボールの飛びすぎることへの対策だったような気がします。

しかしオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのマスターズコミッティーによればこれ以上のコースの延長は行わないそうです。

これ以上長くしなければいけない事情が証した場合は『マスターズボール』を採用するとのこと。

『マスターズボール』って?

ようは飛ばないボールのことだと思います。

元の糸巻きボールに戻るということでしょう。

現在の長さは全長7,445ヤードでパーは72というコースセッティングです。

春が待ち遠しいですね。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結

マスターズの歴史から名勝負編までの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る