初めて行ったパブリックコースで初めてバーディーを取った瞬間!

前回の続きです。

何しろカートは初めてなので、って言うよりゴルフはまだコースは3回目ですから運転もしたことはありません。

最初の2回はキャディーさんがついてバッグを電動のカートに積んで運んで暮れ宇野ですから、そもそもカートなんて見たこともなかったですから。

Y工場長は関東では結構カーとでのセルフが多かったと言ってました。

尤も関東圏では会員制のゴルフコースは当時は高い。

それとコースのプレー予約が取れないでいやになるそうです。

そこでいつも行くのが県民ゴルフ場とからしい。

そこははがきで申し込んで当たるんだそうですが、要は抽選なんですね。

スポンサーリンク

今思うと笑えますが、当時は友人同士ではがきを出して複数当たったらキャンセルなんてのを繰り返していたそうです。

工場が2年前まで神奈川県にあって、宮城県に工場があったのですが神奈川県の工場を引き払って宮城県の工場に集約したのです。

神奈川県は土地が高くてとても拡大は無理と判断した次第です。

さてフロントでチェックイン?いや手続き済ませてバッグ積んでもらってカートでいざ

「レッツゴー!」 です。

覚えてますよ。

最初はなが~~い確か580ヤードのロングホール。

「ひょえ~~~なげえ~~~」

って思ったら楽々3オンした。

「工場長、なんかおかしくないっすか?」

「うん・でもねそういうもんだと思ってやるんだよ」

「でもこれっていいんすか?距離いい加減でないっすか?」

「こういうときは残りだけ気をつければいいんだよ。グリーンまで何ヤードか?」

「なるほど・まずティーショット打って見てですね」

「んだ」

ってな感じで進んで行ったような記憶があります。

変なトリッキーなホールもあったなあ。

左ドッグレッグでティーショットは谷越えでしたはOB.

刻むと150~200くらいでショートカットすると260ヤードくらいのミドルホール。

ここは面白かったです。

その後何度もここショートカット狙ってバーディーを数回とったことがあります。

でもこのときはよく覚えてませんが全くだ目立ったような気がします。

バーディーを取ったのは打ち下ろしの500ヤードほどのロングホール。

ドライバーでナイスショット。2打目クリークで(5番ウッド)で打ったらツーオンした。

2パットでバーディーでよく覚えてます。

しかしこの距離もねえ・・打ち下ろしとはいえ2打で500は届かんだろ!

まあ、でも1打目サービスで2打目勝負ならゴルフってそういうものでしょうから、距離ではないですから。

距離が短いからと言ってスコアがよいかというと決してそうでもないですからね。

確かに少しは良いですが極め付で良いということはないような気がします。

カートのゴルフってなんかこれって面白いのかどうなのか不思議な感じでした。

今は殆どのこの辺のコースがセルフでのカートになっていますが、当時は数少ないカートでのラウンドでした。

ここは安いので最初の頃は結構行きました。

この年に5~6回は行ったと思います。

何はともあれ120を切ってしかも初のバーディーを取ったのですからこの日は満足でした。

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る