マスターズ名勝負・ジャック ニクラウス、1986年のジャックイズバック!

マスターズ名勝負編

ジャック ニクラウスは1986年この年46歳。
勿論マスターズを制すればメジャー最高齢優勝者になるわけですが、最終日4打差の9位からの発進では誰も優勝するなどとは思っていなかったでしょう。

スポンサーリンク

1986年のジャックニクラウスは後に語り草になった

「ジャックイズバック!」

まさにオーガスタにジャックが戻ってきた・・そんな言葉がふさわしい大会だったわけです。
そしてあの勝利の名シーン!

そしてその背景ですが、

まさにそのときの大所のスターの面子が勢ぞろいして、みんな新鋭の若手のホープや往年のスタープレーヤーの中で、指物誰もが認めるゴルフの国民的大スターがブッチギリの大逆転で勝利するという、まさに映画かまたはドラマの世界が繰り広げられたのですから驚きです。

この時の解説がなんと1960年に逆転でアーノルドパーマーに敗れた「ケン・ベンチュリ」選手。
実況のアナウンサーに

「この日のことは決して忘れてはいけない!」

そういったということですが、まさに忘れられない勝負になったわけです。

ジャックニクラウス46歳という年齢の意味

この時のジャックニクラウスはなんと「46歳」でした。
このときの勝利でマスターズ6勝目を飾ることになるのですが、1980年のバルタスロールの青木功との名勝負を制してからというもの、メジャーでの勝利はありませんでした。

このときの全米オープンも名勝負でしたね。

この時のトーナメントは三日目を終了して首位はグレッグ・ノーマン。
そうです不名誉な「ノーマンスラム」や「サタデースラム」の異名をつけられることになろうとは・・・

ジャックニクラウスはそのノーマンに4打差の9位タイです。
誰もがニクラウスの優勝はないと思っていたはずです。

そしてその根拠は首位はいいとしてそこにひしめいているのは、セベ・バレステロスやニックプライスやトムカイトという若手の新鋭がひしめいていたからです。

すでにジャックニクラウスは往年の峠は越えたと見られていたわけです。
しかもこの困難な状況は大逆転というまさにメイクドラマがないといけないわけです。

4打差の9位ですから他の誰よりも速くスタートしたわけです。
どう考えても最終組よりは2つ前に行くわけです。

そこで不可能を可能にするのがやはり英雄の英雄たるゆえんな訳なんだとおもいます。

なんと・・奇跡が起こるわけです。

ニクラウスはこのコースは誰よりも熟知していると言っても過言ではありません。
そういうことも要素としてあったのかもしれませんが・・・

その圧巻のクライマックスは終盤にやってくるわけです。

なんと15番でイーグル。
16番でバーディー、続く17番でもバーディーの猛チャージを見せたもんですからギャラリー、オーガスタのパトロンは大興奮!

15番は2オンに成功して自身のイーグルはこの年にはこの一個だけ!
そのイーグルが大事なところで出るところがやはり約束された方なんですね。

池越えの16番ショートでは2メートルをねじ込んでバーディー。

キャディーはこのときは長男のジャッキー。
このときほど父の偉大さを感じたことはなかったでしょうね。

スポンサーリンク

17番は難しいスネークラインのパット。いったん左に切れ、その後右にスライスする約4メートルをねじ込んだ。

nikurausu

パターを掲げて歓喜のポーズ。これは近代ゴルフの名場面の一つとして語られることになるんだなあ・
いいポーズですね。

17番終了時点でトータルで9アンダー。

そのあとを追いかけてくるノーマン。バレステロスやトムカイトたちのスコアが伸びずに、先に上がってクラブハウスで待っていた46歳の最年長メジャー制覇が決まったわけです。

バックナインでの驚異のスコア65

しかしこのときの最終日のスコアが65!
しかもバックナインで6打伸ばすという全くの離れ業です。

「ジャックイズバック」 の大合唱が起こってもやはり不思議ではないわけです。

ジャック・ニクラウス自身は

「18番グリーンに向かう途中、まだ試合が終った訳でも勝が決まったわけでもないのに、涙がこみ上げてきた」

こういうコメントを残しているようです。

ニクラウスにとってはこれが自身最後のメジャー勝利であって、ともに最後のツアー勝利でもあったわけです。

その後シニアではまた大活躍するのは言うまでもないことです。

さらには青木功とシニアでのプレーをBS衛星放送テレビで見れるなんて感動物でした。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結

マスターズの歴史から名勝負編までの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る