ハーバータウンゴルフリンクス歴史と設計者は?RBCヘリテージ賞金紹介!

ハーバータウンゴルフリンクスの歴史と設計者や、予約の方法やプレー料金などを、調べてみました。

ハーバータウンゴルフリンクスは、「RBCヘリテージ」のPGAツアー開催コースです。

2018年は小平智プロが優勝して、かなりの話題になりました。
開催コースは

「ハーバータウンゴルフリンクス」

このコースの、歴史や設計者について、書いてみようと思います。
また、RBCヘリテージの2019年の例ですが、賞金総額や優勝賞金いついても、考察してみようかと。

ハーバーというだけあって、東海岸のリゾート地で豪華クルーザーが停泊する、ハーバーがあります。
そこをリゾート開発し、ゴルフ場も!

スポンサーリンク

このコースの象徴は、やはり灯台かと。

奇麗な赤と白の灯台が、シンボルに思えてならないんだな~~

ハーバータウンゴルフリンクスの歴史と設計者の名前は?


(出典元:https://golfscape.com/ja/united-states/より引用)

このコースを設計したのは

「ピート・ダイ」

す。
ピートダイが、新進気鋭の駆け出しで、このコースが、出世作ともいわれているようです。

ご存知のように、ピートダイ設計コースは、世界ランキング100位以内に、複数ランクイン!

 

ハーバータウンゴルフリンクスの開場日や歴史は?

 

では歴史は?いつごろに開場したか‥見ていこうと思います。

まずはコースの場所は?

サウスカロライナ州南部のヒルトンヘッドアイランドのシーパインズリゾート内とあります。

東海岸です。
ゴルフコースは3コースあるのですが、そのうちの1コースのようです。
その3コースは

  • 1:ハーバータウンゴルフリンクス
    2:ヘロンポイントByピートダイ
    3:オーシャンコース

の三つです。

  • 開場日:1969年
    1969年~:ヘリテージ・ゴルフ・クラシック(現在RBCヘリテージ)開催
    設計:ピート・ダイ
    監修:ジャックニクラウス

とあります。
ピートダイ氏は売り出し中!
っていうか・・ジャックニクラウスも当時は現役の、一線でのプレイヤー!

ともに、いいコースを作ろう!
こういうことだったのかもしれませんね。

海岸線に位置しているので、リンクスコースですね。
ってなると・・風が曲者かもしれません。

其れよりも、開場したその年に早くも「ヘリテージ・ゴルフ・クラシック」が始まったので、このツアーのために、このコースを用意した?

なんか、そんな意味にも、取れそうな気がします。
で・・このツアー競技は招待試合です。
だれでも参加できる、トーナメントではなく、インビテーショナル(招待)なんだな。

 

ハーバーゴルフリンクスの特徴は?

 

これは私の別記事でも紹介したのですが・・

  • 1:林に囲まれた狭いフェアウェイ
    2:小さいグリーン
    (平均340平米(ツアー平均は610平米))
    3:池やバンカーの位置が巧み

です。

それと、2012年には、ツアープロが選んだベストコースで

「2位」

にランクされましたね。
ここが大好きなんだな‥

RBCヘリテージの賞金総額や優勝賞金は?


(出典元:https://golfscape.com/ja/united-states/より引用)

PGAのツアーの賞金額は、高額です。
勿論、このRBCヘリテージも同様です。

2018年は「小平智」プロが優勝して、驚かせました。

マスターズトーナメントの、翌週に組まれているために、トッププロのほとんどが欠場なので、フィールドが薄いというとくちょいうもあろうかと思います。

が・・優勝となると、これはまた別な話かと。

 

RBCヘリテージ2019の賞金総額と優勝賞金額の紹介!

 

さて2019年お例ですが、いくらでしょうか?

  • 1:賞金総額:690万ドル
    2:優勝賞金:1,206,000ドル

という、内容ですね。
2019年で、51回目の大会になります。

日本の、男子ツアーの賞金王のような金額が、優勝賞金で稼げるわけです。

驚く賞金額かと!

スポンサーリンク

ハーバータウンゴルフリンクスの予約やプレー料金は?

ついでなので、ここ

「ハーバーゴルフリンクス」

でラウンドするには、どうしたらいい?

これでいいのかどうかわかりませんが、ちょっと調べてみました。

 

ハーバーゴルフリンクスの予約先は?

 

こちらが、HPになるようです。

ハーバーゴルフリンクスのHPはこちら!

ここから予約するようですよ~~~

ここにコールする電話番号も載ってるので、こちらになるようです・・多分!

多分って‥無責任でねえか?
いえいえ・・参考までにしてください。
英語ができないので、翻訳ソフトで見たのですが、たぶんこちらです。

 

ハーバーゴルフリンクスプレー料金は?

 

季節によって、多少前後するようですが、おおむね

「229ドル~249ドル」

の表示があります。
これは高い??

さて??

 

ハーバーゴルフリンクスに行く方法は?

 

こういうパック旅行があるようですよ~~

ハーバータウンゴルフリンクス旅行パック検索はこちら!

試しに、成田から検索してみました。
4~5日のパックなら、どうやら

「20万円前後」

で何とか行ってこれそうです。

が・・これはあくまでも、旅行パックとプレー代のみのお話。

なんだかんだと・・この数倍は必要かと。
私のような田舎者は、お土産買ったり・・見るもの聞くもの、欲しくなったり・・(笑

これは参考程度の余談でした!

・・・・・・・・・・・・・

このボールは、タイガーウッズが使用して、マスターズを優勝!
人気に火が付いたようです。

タイガーウッズ使用ボールで人気です。
品薄のようですね。

タイガーウッズ写真入りボール価格比較はこちら!

関連記事

ピートダイ氏設計のコースの代表格が、ここ

「TPCソーグラス」

かと思います。

TPCオブ・ソーグラスと設計者ピート・ダイのザ・プレーヤーズ選手権!

2019年の全米プロ選手権の開催コースです。
素晴らしい歴史と、素晴らしいコースで、2002年の全米オープンでは、タイガーウッズが優勝しました。

ベスページブラックコースの歴史と設計者は誰?PGA選手権開催コース!

・・・・・・・・

ハーバータウンゴルフリンクスの歴史やプレー代のまとめ

RBCヘリテージの舞台の

「ハーバーゴルフリンクス」

の歴史や、設計者の紹介をしてきました。

当時、ピートダイ氏は、新進気鋭のゴルフコース設計でした。
それに、ちょっとしたスパイス的な効果の、監修をしたのが「ジャックニクラウス」だったわけです。

完成した、1969年から早速このツアーがスタート。

名物は18番のホールで、一番上の写真のようなロケーションです。
まるでペブルビーチのようです。

ところで、PGAツアーで同一会場で、延々と行われているツアーは以下の4つしかないんだそうです。

  • 「ソニーオープンinハワイ(ワイアラエCC)」
    「クラウンプラザインビテーショナル(コロニアルCC)」
    「ザ・メモリアルトーナメント(ミュアフィールドビレッジGC)」
    「RBCヘリテージ(ハーバータウンゴルフリンクス)」

もう一個・・マスターズですが、メジャーなので除外です。

これもまた、ちょっと驚きです。
確かにPGAにおける「TPC」の存在は、意義があるんですね~~
そう思いました。

「TPC」

については、また後日!

・・・・・・・・・

ゴルフ予約は楽天がお得です。

楽天GORA

関連記事

LPGAロッテ選手権の開催コースです。
ハワイでの人気のコースです。

コオリナゴルフクラブでプレーの予約先とレンタルクラブの料金は?

私は、以前の会社では、接待ゴルフ要員でした。

接待ゴルフのマナープレー中に注意することは?これは気を付けよう!

とてもいい経験でした。
その時の経験を記事にしてみました。
いろんなことがありましたが、素晴らしい体験だったと、今思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る