ミュアフィールドビレッジgcの歴史や設計者は?難易度と世界ランク!

ミュアフィールドビレッジゴルフクラブの、開場日などの歴史や、コースの設計者や難易度と名物ホールや、世界ランキングにフォーカスしようと思います。

ミュアフィールドビレッジgcは、メモリアルトーナメントの開催コースでも有名で、しかもゴルフマガジン社の、世界ランキング100選で、59位(2017年版)に入っている名門コースです。

驚いたことに、同じコンビの設計で、日本の栃木県にある

「ニューセントアンドリュースゴルフクラブジャパンのニューコース」

が、このミュアフィールドビレッジと、同じ設計者なので驚きました。

スポンサーリンク

 

ミュアフィールドビレッジゴルフクラブの設計者は誰?

きれいなリゾートコースです。
毎年このコースでは今の時期(5月末~6月初め)に

「メモリアルトーナメント」

が開催されます。
ホストは、かの帝王「ジャックニクラウス」です。

キングの愛称で知られる「アーノルドパーマー」がホストの

「アーノルド・パーマー招待」

と同じように、往年の名プレイヤーは、自分の名前を冠するホストの大会を、主催しています。

そして当然ですが、コースは自分が手掛けているようですね。
この「ミュアフィールドビレッジgc」もそうです。

別名「帝王の庭」ともいわれます。

ジャックニクラウスの設計によります。
しかし、もう一人共同で名を連ねている、ゴルフ設計家では殿堂入りしている、銘設計家がいます。

「デズモンド・ミュアヘッド」

氏です。
数々の名コースをデザインして、ゴルフコースの芸術家ともいわれてる方!

その方との共作になります。

ミュアフィールドビレッジgc誕生の背景は?

そもそも「ミュアフィールド」というコースは、ほかにも存在します。

名門コースミュアフィールドは全英オープン開催会場で最古のゴルフクラブ

全英オープンの開催コースで、しかもゴルフクラブとしては世界最古で、規則もあるんだな~~驚きます。

現在のミュアフィールドは、何度も改修されてるようですが、現在の原型は120年ほど前に

「オールド・トムモリス」(トムモリス・シニア)

の手によるものです。

トムモリスシニアについてはこちらで紹介しました。

全英オープン開祖のトムモリスシニアはオールドコースに人生を捧げた

ジャックニクラウス氏が、59年米英アマ対抗戦のウオーカーカップで、ミュアフィールドを訪れて、ぞっこん気に入ったという説もあるのですが、私的にはそれ以上に、ジャックニクラウスが最初のグランドスラムを達成した、メジャー4大会の最後の制覇がこの

「ミュアフィールド」

での1966年の全英オープン!

確かに、1959年と1966年ですから、近いですが、この地に土地を購入したのが1966年。

タイムラグを考えると、速攻判断なら同年でも可能ですが、最初から用意していたのかもしれませんね。(私の勝手な予想でしかありません)

実際のコースデザインは、上記で紹介したミュアヘッド氏と、ジャックニクラウス氏の共作です。

ミュアフィールドという名前ですが、同じになるのできちんと許可を取ったそうです‥どこに??
R&Aかもしくは、実際のコースにかな??さて??

いずれ同じ名前ですから、許可は欲しいでしょうね。

ミュアフィールドビレッジgcの開場日はいつだ?

コースの土地を購入した場所は、オハイオ州のダブリン市内。
ジャックニクラウス氏の出身地はすぐお隣の

「コロンバス市」

になります。
購入したのは1966年。

どの時点で造成工事が始まったかは、流動的ですが1974年に完成しました。

そしてその日が

「1974年5月27日」

でアメリカでは記念すべき日

「メモリアルデー」(戦没将兵追悼記念日)

で休日です。
そしてその日に、トーナメントを開催するように持ってきたわけです。
なので大会名は

「メモリアルトーナメント」

なのでしょう!(多分)

・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフコース予約は楽天がお得で便利です。

楽天GORA

ジャックニクラウス氏の記念ソックス!
これはいてコース行こう!!

関連リンク

1860年から続くゴルフのメジャー大会・・全英オープン・
本部ログ内の、全英オープンに関する記事をまとめてみました。

全英オープン開催コースと名勝負とオープンの歴史の紹介のまとめ

世界最古のゴルフクラブ・・ミュアフィールド・そのクラブのゴルフルールはまさに世界最古!

世界最古のゴルフルール13か条は1744年ミュアフィールドで制定された!

・・・・・・・・・・

ミュアフィールドビレッジgcの特徴と名物ホールは?

コースの特徴は以下のようです。

  • 1:18ホール中12ホールが池に絡む
    2:屈指の難易度
    3:ニクラウス氏の徹底したコース管理

この3点ほどに感じます・・個人的な感想ですが。

特に2番のこの難易度は素晴らしいです。

1:16番パー3

2017年平均スコア:3.37

2:18番ミドルホール

2017年平均スコア:4.28

3:12番パー3

2017年平均スコア:3.25

この辺の難易度が特に突出しているようです。
しかし、ショートでオーバーパーなんですね~~

スポンサーリンク

ミュアフィールドビレッジgcの歴史や設計者のまとめ

毎年「メモリアルトーナメント」が開催される

「ミュアフィールドビレッジゴルフクラブ」

の設計者や、開場日なのでの歴史や、コースの特徴を紹介してきました。

コースの設計は

  • 1:ジャックニクラウス氏
    2:デズモンドミュアヘッド氏

の二人の共作です。
ニクラウス氏は、全英オープン開催コースで、現在のローテーションに入っている、「ミュアフィールド」が大のお気に入りのようです。

そこを模倣したかどうかはわかりませんし、単に名前だけを拝借したのかは、わかりませんが・・・しかし、歴史的には世界最古の

「ゴルフクラブ」(形式で)

のミュアフィールド・・トムモリスシニアが、120年前に改修デザインしたコースを、愛したことが、この

「ミュアフィールドビレッジGC」

の誕生になったようですね。
このコースに対する、氏の思い入れはかなり強く、足しげくコース造成には通い、木の配置や枝の高さや出方までも配慮したといわれてるようです。

「帝王の庭」

ですから。
私もこんな庭ほしい!!!

そう思う方多いでしょうが、それは夢の中ということで。

松山英樹プロが2014年に勝っています。
くしくも、米PGAツアーでの、初優勝でした。

*日本では「ニューセントアンドリュースゴルフクラブジャパン」のニューコースが、同じこのお二人のコンビの共作での、コースのようです。

ニューセントアンドリュース ゴルフクラブ・ジャパン予約はこちら!

こちらは、普通に予約できます。
お近くの方は、いかがですか?
私も近かったら即行きますが・・

宮城県には、ジャックニクラウス設計の

「花の杜ゴルフクラブ」

があるのですが、こちらもいいコースで何度行っても素晴らしいコースです。

・・・・・・・・・・・・・

ゴルフコース予約は楽天がお得で便利です。

楽天GORA

関連記事

世界ランキング2位は常連!
定位置に感じます。

世界名門ゴルフコース サイプレスポイントはマッケンジー博士の設計!

2019年の全米プロゴルフ選手権の開催コースです。

ベスページブラックコースの歴史と設計者は誰?PGA選手権開催コース!

公営のコースでありながらも、世界ランキングベスト100に入り、しかも名設計家の手による、その方の最終の集大成ともいわれるコースです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る