ネルソンブリッジはオーガスタ13番の橋でマスターズでの大逆転勝利を記念!

ネルソンブリッジはマスターズのオーガスタ13番にかかる橋で、バイロンネルソンの栄誉をたたえた記念の橋です。

オーガスタには記念の橋が3本かかっていますが、そのうちの一本です。

スポンサーリンク

マスターズトーナメントが行われるオーガスタの13番にかかるきれいな橋は、バイロン・ネルソンの1937年大会での大逆転劇を記念して、その栄誉をたたえた記念の橋で

「ネルソンブリッジ」

と命名されています。
13番ティとフェアウェイの間、レイズクリークにかかるきれいな橋です。
bennhoganburiji000

その時のバイロンネルソンは最も難しい風が読めないといわれる12番のショートでバーディー。
続く13番のロングホールではイーグルと最終日のバックナインを32という驚異的なスコアをたたき出して優勝しました。

このアーメンコーナーで3つスコアを縮めたわけです。
やはりこのアーメンコーナーでスコアを伸ばせない、勝利の女神がほほ笑まない限り優勝はないようですね。

バイロンネルソンはどんな人?

当時のビッグプレーヤーで、バイロンネルソンとサムスニードとベンホーガンはくしくも同じ1912年生まれ。

もっともこの3人がしのぎを削って優勝争いをしてきました。
その中でバイロンネルソンは

メジャー5勝
米ツアーで52勝を挙げています。
マスターズには2度の優勝経験があります。

自身の名前を関したツアーがPGAに組み込まれています。
偉大なゴルフの歴史ではプレーヤーであることは間違いがないことですね。

ベンホーガンと並んでスイング理論を確立したのですが、プレー中は決してベンホーガンのスイングを見なかったことでも有名でした。

それをある記者がなんでベンホーガンのショットを見ないんだ?
と問いかけたそうですが…

「俺は彼が嫌いなわけではないんだ。彼のスイングが早いのでテンポを狂わされそうだから極力見ないようにしてるだけだ」

いずれこういうことだと答えたそうです。

自身の功績がこういうメジャーの舞台に記念されるというのは本当に栄誉なことだと思います。

しかし綺麗な良い橋ですね。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結

マスターズの歴史から名勝負編までの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る