ホーガンブリッジはマスターズでのオーガスタ最小スコアを記念した橋!

ホーガンブリッジはベン・ホーガンのマスターズ最小スコアの記念の橋

このホーガンブリッジはマスターズで優勝した1953年大会でのスコア当時のマスターズでは歴史上最小スコアであったことを称えた栄誉の橋です。

スポンサーリンク

マスターズの大会会場12番のアーメンコーナーの一角に作られました。
大会期間中選手たちはこの橋を渡って12番グリーンに向かいます。

こんな橋です。

bennhoganburiji000

マスターズトーナメントの放送時間中には12番が写ると必ずこの橋が写るはずです。
今年のマスターズ観戦ではこのホーガンブリッジを注視してみましょうね。

ベンホーガンはマスターズトーナメントでは2勝しています。
1951年と1953年大会ですが、この橋は1953年大会での最小スコアを記念した橋です。

そのときのスコアは

274ストロークです。
当時としてはこのスコアは驚異的だったのだと思います。
クラブもボールも進化していない時代のスコアですから快挙だったのだと思います。

houganburiji1

昨年のジョーダンスピースの優勝スコアは

「270」

でこれもまた最小スコアです。
このスコア「270」は1997年にタイガーウッズがたたき出した270に並んで最小スコアタイです。
これもまたすごいですね。

ベンホーガンってどんなプロだったの?

ベン・ホーガン、ベン・クレンショーと区別するために愛称として

「ビッグ・ベン」 と呼ばれているようです。
偉大なゴルファーです。

プロフィールを書いて見ました。

生年月日:1912年8月13日
没年月日:1997年7月25日(満84歳没)
成績  :優勝回数
メジャー:9勝
米国男子:64勝
賞金王 :1940年-1942年・1946年・1948年
賞金ランク最高位米国男子:1位(5度)

メジャー9勝は男子ゴルフメジャー大会優勝記録では

「4位」 です。

1位は勿論ジャック・ニクラウスで18勝です。
ちなみに2位はタイガーウッズで14勝。
3位はウォルター・へーゲンで11勝です。

それに次ぐ9勝で4位です。
長いゴルフの歴史の中で全英オープンから始まった1860年からの約156年の歴史の中での4位です。
そう考えると現役ゴルファーでの今現在のタイガーウッズというのは本当に神的な存在に見えてきます。

スポンサーリンク

ただ問題はこの時代の、ベンホーガンの時代には宿敵にとんでもないゴルファーがいたことですね。

だれ?

一人はサムスニード。もう一人はバイロンネルソンです。
この3人はくしくも3人ともに1912年生まれ。

なんで?

ってこの3人を戦わせようと神様がそう仕向けた?

タイガーウッズ全盛の時代を私は見てきましたが、敵なしでした。
勿論すべて勝つわけではないですから、そんな強さではないですが、しかし圧倒的です。
負ける気がしないでしょう。

あと3勝でサムスニードが持つツアー82勝に並びます。
勿論これを破る射程圏内にいるのは彼だけです。
復活して欲しいですね。

その時代の人です。ベンホーガンは。
その3人の戦国時代の中でのメジャー9勝とツアー64勝ですからこれはすごいですよ。

この3人で米ツアーで何勝したか?

ベンホーガン:64勝
サムスニード:82勝
バイロンネルソン:52勝

すごいですね。3人合わせて198勝です。

ひょえ~~~~

すごい時代だったんですね、この3人の時代は。
今の現役でのツアー最高勝利数はタイガー除いて後はそのあとに誰が続くんでしょうか?

ちょっと詳しくは調べたことがないのですが、こんな勝利数重ねてる方はいないでしょうね。

ということで調べてみました。
いましたよ~~~

9位でフィル・ミケルソンがタイガーに続いています。

42勝です。

そのあとが14位でビジェイ・シンの34勝です。

ベンホーガンのゴルフスイング理論と世界一美しいゴルフスイング

ベンホーガンはとにかくも練習熱心で知られていたようです。
そのスイング理論の中心的な考えは

「人間のゴルフスイングは不純物にまみれている」

だからたくさんのボールを打ってそれを取り払う洗練されたゴルフスイングが必要だと考えていたようです。

そしてそのゴルフスイングの理恵恩は

「モダンゴルフ」

に集約されたのです。

1P1010005

P10100061

私も今から25年ほど前にゴルフを始めた当初、この本を確か雑誌の

「ALBA」

で見て購入して読みましたよ。

特にグリップの部分とスイングプレーンの輪切りの解説はすごく斬新的でした。

そしてベンホーガンのスイングはバイロンネルソンのスイングと並んで

「世界一美しいゴルフスイング」

といわれているのです。

ホーガンブリッジの話だったのですがここまで飛躍してしまいました。
偉大なゴルフプレーヤーベンホーガンの名前は、永遠にゴルフ界に刻まれていくと思います。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結

マスターズの歴史から名勝負編までの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る