PGAナショナルチャンピオンコースのベアートラップはニクラウスの愛称!

PGAナショナルチャンピオンコースのベアトラップはニクラウスの愛称!

1990年にジャックニクラウスの改修によって突然現れたこのベアートラップはこのPGAナショナルチャンピオンコースの超難関ホール!

15,16,17番のトラップを読みきらないとホンダクラシックの優勝はない!

PGAナショナルチャンピオンコースはホンダクラシックの開催コースです。

毎年二月に開催される米ツアーに組み込まれている大会です。
その舞台が

「PGAナショナルチャンピオンコース」

なわけです。
このコースは2010年にはツアーの難易度で第二位という素晴らしい難コースです。
その難コースの原因となっているのが二クラウスの改修によって登場した

「ベアートラップ」

です。

pgatyanpion
(PGAナショナルHPより引用しました)

PGAナショナルチャンピオンコースの歴史

PGAナショナルチャンピオンコースはパームビーチガーデンズ内にあって、ここにはアメリカのゴルフの総本山ともいうべき

「PGAオブアメリカ」

の本部があるところになります。
このリゾートガーデン何にはなんとゴルフコースが5つあるそうです。
そのうちの一つがPGAナショナルチャンピオンコースになるわけですね。

このPGAナショナルチャンピオンコースですが、最初からメジャー大会の会場として使用されるということを念頭に設計されたそうです。

設計はジョージ・ファジオと叔父のトム・ファジオという方が1981年に手掛けたとあります。

このオリジナルコースでのメジャー級の大会は、1983年のいきなりですが、ライダーカップで初披露となったようです。

コースができていきなりライダーカップの開催という所が、やはりPGAの本部のひざ元で力の入れようがわかるというものですね。

この時の名場面は最後までもつれこんで、米国選抜のラニー・ワドキンスが、欧州選抜のホセ・マリア・カニサレスに最終ホールでバーディーを奪って辛勝という決着で、アメリカのゴルフファンをやきもきさせたことでも有名です。

1987年には全米オープンの舞台になって優勝は

「ラリー・ネルソン」でした。

そして歴史的な問題の1990年。
満を持したかどうかは私は知りませんが、ジャック・ニクラウスがコースを改修!

そして登場したのが15,16,17番の

「ベアートラップ」

あるプロの言わせるとかくも冷酷な・・・
あるトッププロはこの3ホール4日間でボギーを8回もたたいた。

まさにこの3ホールのベアートラップにやられた!!
そういうプロが続出するコースになったわけです。

これこそが二クラウスの望むところだったのかもしれません。

1882年から2000年までの間に全米プロシニア選手権が19回開催されているようです。

その後2007年からは今週の2016年2月25日開幕のホンダクラシックの舞台になっています。

ベアートラップとはどんな罠なのか?

1990年にジャックにクラウスが仕掛けた罠をベアートラップといいますが、このベアーは元々がジャックニクラウスの愛称の「ゴールデンベアー」からとった名前のようです。

さてのそのベアートラップとは?

15番ホールのベアートラップ

15番ホールの入り口、要はティグランドにこのベアーの銅像が立っているので、プレーヤーはこれに気が付くのですね。

beairi
(GDOより引用しました)

そしてその横に銘板が立っていてニクラウスのコメントが掲示されてるようです。

「このホールで勝敗が決する」

要はここからがベアートラップの入り口!

ここは距離のないパー3。

しかし問題は風。
それと傾斜の強いグリーン。

グリーン手前のスロープが効いていてあの何度も見るグリーンをとらえないと、どんどん手前に転がって遠くなっていく。

奥は大きなバンカーが待ち受けて、寄せないと今度は傾斜で池に落ちていくパターン!

bea15hole
(GDOより引用しました)

二クラウスはこのホールについてこういってます。
(引用です)

「私が改修に携わる前までは、簡単なパー3だった。特に難しい点も、特徴もなかった。池に関してはちょっとした悪戯のつもりだった。それが池を設置した途端にモンスターに変貌したからね。不規則な風がボールを右から左に煽るので、グリーンを制するには思い切りが必要。そうでなければグリーンを外れてしまうだろう。こんなコースに出来たのはラッキーだったというか、馬鹿げていたというか。でも、非常に面白いホールに仕上がった」

スポンサーリンク

16番ホールのベアートラップ

ここはパー4で434ヤード

この16番ホールは池がコースにえぐって入り込んでいるいる感じです。
あのニクラウスが言ったペブルビーチのパー4で海を越えて打つセカンドショットが

「世界で一番美しいパー4」

何となくそこをイメージした感じがします。

bea16hole
(GDOより引用しました)

ここはショートカットは禁物。すべての選手がアイアンを選択するようです。
セカンドは池を超えたショット。

このセカンドでグリーンをとらえれば御の字だということのようです。
このチャンピオンコースでは最も難しいホールの一つだそうです。

二クラウスのコメント。(引用です)

「16番は特に変わったホールではない。ティショットも難易度は高くないし、池も難しい位置にあるわけでもない。やろうと思えば池の位置を難しいところに変えられただろうが、15番と17番の難易度を考えれば、第2打で選手を苦しめる必要はないと判断した。良いホールだし、難しいホール。風の影響によって難易度が変わるので、もしティショットでフェアウェイを外せば、2打目は非常に厳しいものになる」

17番のベアートラップ

17番はショートの190ヤード

画像のように向こうから打ってくるのですが、池を超えたところのグリーンを狙っていくのですが、このグリーンが小さい!

そしてグリーン左側にはバンカーが配されています。

bea17hole
(GDOより引用しました)

二クラウスのコメントです。(引用です)

「17番は容赦ないコース。前に池に入れたことがあったとしても、不意に再び池に入れてしまう。このホールでも強風がプレーヤーを苦しめる。もし左に流せば、と言っても私が故意的にやったことだが、バンカーにつかまる。バンカーからもプレーは可能だが、注意が必要だ。このホールは距離が問題ではない。距離が問題ではなく、ショットの正確性、度胸が求められる。集中出来るか、それに強心臓かどうかで攻略出来るかが決まる」

ルークドナルドはこのベアートラップ3ホールのうちでこの17番が一番難しいと言っています。

どうやら左にバンカーを作ったのは風に左方向に吹いているときが多い?
損な要因もあったのかもしれません。

おそらくバンカーからのショットがよらないと、池までのきつい傾斜が待ってるような気がします。

ベアートラップの数々のプロの不名誉な記録

チョト抜き出してみます。

1 この3ホールで記録されるボギーはこの大会中の18パーセントダブルボギーは33パーセント、トリプルボギーは41パーセントを占めるというから驚きです。

これはどういうことかというと、2007年以降に出場した選手の76㌫が池に一度はボールを落とした計算になるそうです。

2 2007年以降にこのPGAチャンピオンコースには2069個のボールが池に打ち込まれたが、その38パーセントがこの3ホールに集中している。

3 2007年以降に16番ホールで(ミドルホール)3パットが記録されたのは126回だそうです。勿論PGAナショナルでは最多です。

こんなのもあります。

4 2007年以降に17番ホールを6回以上プレーした222名中、ボギーを打っていないのはたったの11名のみだそうです

これは驚きですね。

そのほかにもいろんな記録があるようですが、とにもかくにも皆さん池に吸い込まれていくようです。

すごいホールをジャックニクラウスは作ったものです。

<h3 class=”news_headline1″>PGAナショナルチャンピオンコースのまとめ</h3>

昨年の覇者はパドレイ・ハリントン(アイルランド)の6アンダー

殆どが一桁のアンダーです。

難コースであってもコースを攻略していくのがトッププロだと思います。

ベアートラップという罠を潜り抜けていくには正確性と度胸と集中力が求められるとニクラウスは言っています。

今年は松山英樹も参戦します。

どんなプレーを見せてくれるか楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る