マスターズ名勝負 タイガーウッズの1997年・圧倒的パワーで完全独走勝利

マスターズ名勝負 タイガーウッズ編です。

1997年開催のマスターズをプロデビュー翌年ですが、圧倒的パワーで勝利した大会です。

その規格外れの飛距離と、魔法のような小技で他を圧倒!

2位とのストローク差12打と言う新記録と21歳での優勝という最年少優勝記録と、記録ずくめの大会でした。

スポンサーリンク

タイガーウッズはマスターズ4勝!
そしてメジャー通算では14勝の長いゴルフの歴史で歴代2位。
勿論トップは18勝のジャックにクラウスです。

さらに二人ともにトリプルグランドスラムを達成しています。
抜きんでたゴルファーであることはだれもが認めるところだと思います。

タイガーウッズのマスターズの歴史は1995年。
この年に前年全米アマチュア選手権王者の資格で出場。

予選通過で結果は41位でした。

1996年は予選カットです。

1996年はあのニックファルドとグレッグノーマンの勝負で、ノーマンの殆ど自滅的な崩壊でファルドが優勝。

1997年はそのファルドがタイガーウッズと予選ラウンドを同組でラウンド。
その圧倒的なパワーを見せられてまさかの迷いが生じたか、前年チャンピオンが予選カットの憂き目に。

タイガー・ウッズのメジャーはマスターズから始まった

タイガーウッズのマスターズ優勝の歴史は1997年から始まります。

タイガーウッズは前年1996年の途中で名門スタンドードを中退してプロ転向。
その年にくしくも前評判通り2勝していました。

その圧倒的なパワーでの飛距離に度肝を抜かれたプロは殆どだったと思います。

プロ転向した時には、プロで勝つにはアマチュアの時の様には簡単にはいかないと、揶

揄する意見も圧倒的だったのですが、そんな意見は速攻で排除されることになったので

す。

何しろあっという間に勝ってしまったのですから。

そこで1997年のプロして初めて臨むマスターズは、ちょっとオーバーかもしれませんが

、全世界のゴルフファンの注目の的だったわけです。

しかし、予想に反して予選ラウンドの前半は40と4オーバー。

先ほどの揶揄した評論家諸氏はいくら大器の片りんと言えどもメジャーとはそう簡単に

勝てるものではないという、いわばしたり顔だったのですが、これもほんの一瞬のこと

でしたね。

何と言っても3歳でハーフで50を切ったというゴルフの天才!

そんな言葉をすぐに覆して見せます。
後半のバックナインで猛チャージをかけます。

この後半で6アンダーの30でラウンド。
初日を終わってみれば2アンダーでフィニッシュ。

さらに二日目には66をマーク。
これで8アンダー。

これで決勝ラウンドに進むのですが、問題はニックファルド。
前年チャンピオンは全くいいところがなくて予選カットの屈辱!

メジャー6勝の世界ランキング1位の屈辱以外の何物ではなかったと思います。

対するタイガーは決勝の3ラウンドは65のラウンド。
最終日も69と伸ばして独走して終わってしまった大会でした。

しかもマスターズの歴史の中で21歳という優勝年齢は歴代最少年齢!
しかもトータル18アンダーで

2位とのスコア差が12打と言うこの差も大会レコード

というおまけつきです。

まさに記録づくめの優勝で、この先のゴルフ界におけるタイガーの時代が到来したことを証明する、マスターズトーナメントだったわけです。

スポンサーリンク

1997年大会のマスターズでのタイガーの強さ

この大会でのタイガー・ウッズは

1 圧倒的な飛距離
2 魔術のような小技のショット
3 まるでコースを手玉に取った

こんな感じかと思います。
一つ忘れてました。

taigaer

あのパフォーマンス!

こぶしを突き上げたオーバーアクション、タイガー独特のパフォーマンスですが、一緒に回ったプロは癪に障ったでしょうねえ・

ただこのこのマスターズでのタイガーのスコアとこの飛距離やアプローチなどに関してコース側の対応も迫られることになったわけです。

具体的にはフェアウェー外側の芝を伸ばすことに決定したわけですが、まあラフを長くということです。

2002年からはオーガスタの延長工事にも着手して、コースが長くなりました。
勿論チタンドライバーやボールの進化によっての飛距離が伸びたこともあるのですが、圧倒的な強さのプロが出現したことによってほかのプロはこれまで以上に練習に励むことになったわけです。

要は勝てない!

なんといってもPGAでは79勝しているのですから。

この時のタイガーウッズの規格外れの活躍については今のNHKの

「クローズアップ現代」

でも取り上げられました。

国谷アナウンサーがタイガーウッズについて放送する内容は、私はその時に見てましたからよく知っています。

とにかく圧倒的でした。

ファルドが5番アイアンで打つところを9番アイアンとか、もうお話になりませんでした。(正確には覚えていませんが、そんなイメージです)

しかも弾道が高くて5番でも8番~9番の高さを出せるとか…

圧倒的に規格外れでみんなが開いた口が塞がらないといったほうがいいかもしれません。

普通こういったショットが良ければパターが・・

ところがこの時のタイガーはには、そういった心配は全く必要ありませんでしたね。

名勝負というよりは規格外れの大スターがマスターズにやってきた!
そんなところかと思います。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結

マスターズの歴史から名勝負編までの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る