2度目のゴルフコースは練習場でうまく打てるのみを脱皮するチャンス!

2度目のゴルフコースは、練習場でうまく打てるのみを、脱皮するチャンスと捉えて颯爽とコースに!
二度目でもあるのですが、ますますはまっていく自分が、そこにはいるにでした。

しかしルールはルールですね。
以前から思っていたんだけど、練習場のボールの飛距離って、コースボールよりは飛ばないんだな。

スポンサーリンク

 

練習場のボールトコースボールの違いって?

 

今では当たり前のことなんだけど、最初はぜんぜんそんなことも知らなかったんだが、一番最初のコースデビューのときにそのわけをよくよく知ったんだな。

そもそもボールが違うじゃん!

最初は、必死な思いで、あっという間に1ラウンド18ホールが終わってしまったので、今回はその辺も確認したかったのです。
パートナーは、自分の会社のY工場長と俺と、工場長の友人の3人だったな、確か。

その後、社長としょっちゅうやるというよりは、この工場長のYさんと、一緒にゴルフをやることになるんです。

なぜか、ウマが合って話も合って、なんとなく境遇も似ていて(会社内での・・・)私よりも20歳ほど上で、結構話しやすくて、気使うことがなかったからです。

ただ、ちょっと難点なこともあったのですが、そこはまずよいとしてゴルフのみなら、いいパートナーでした。

とにかくこのY工場長は暇なのです。
独り身ですから。

そこで、最初のコースと一緒のコースに行くことに。
時期はたしか4月のはじめだったと思います。

スポンサーリンク

2回目のラウンドの内容とスコアはなんぼ?

このときはじっくりとラウンドできました。
スコアは確か、最初に書いたように126だったという記憶があります。

後にも先にも、120以上というのは、後にも先にも、もう初めて30年以上ですが、この二回しかありません。

このときのスコアカード、あるはずなのですが10センチほどの束の中に、どうしてかないのです。
最初のほうは、全部とっておいたのですが、ありませんでした。

実は最初のコースデビューのときに、別なS工場長から(工場が二つあるので2人いるのでした)もらったマクレガーの、箱入りの2個のボールもあったはずなのにない!

なんで?

って、自分の整理が悪いのだから、仕方がないです。
見つけたら写真アップします。

考えながら、アドバイス受けながらラウンドして、ルールもいろいろ教えてもらいながら、相変わらずOBは打ちましたが、それでもまずまずでしょう。

でも、相変わらず練習場のようには、なかなか打てませんでしたね。

やはり、練習場のシングルではないですが、練習場でうまくうてる・・が、しかしの類なんだな。
まあ、この辺は数こなせば、何とかなるみたいな感じでしたが、でもスコアにはチョト不満でした。

相変わらず、ゴルフ特有のルールのobでの罰則で、スコアを落としたりして、でもこのときにしっかりと、OBの判定については教えてもらいましたね、確か。

白杭の内側のライン上だということで・・

まあ、工場長も私がゴルフが初めて、のようなものに教え方云々ということではなくって、実践でコースでのスコアメイクについて、教えようとしていたような気がしないでもないけど、社長に言わせると

「S君だまされるなよ!あいつヤバイからな。そのうちに変なこと教えるから気をつけろ。」

「そうなんですか?」

「Yの腕ならそんなもんだよ。もっとうまかったらそんなことは言わんがな」

「そっか。確かにそのときのスコアは確か93だったかなあ。」

「だろ!だから自分なりに理論武装して正しい自分なりの方法を確立しろってこったな」

「・・・」

こんな感じで、しかし社長とY工場長ってなんでこんなに中悪いんだ

俺何にも関係ないし。
しかもゴルフだし。

いい加減にしろよって感じで、ゴルフ以外でもことごとくお互いに悪口言い合ってた。
創業時からの友人らしいけど、だめなもんだね。

・・・・・・・・・・・
サンドウェッジのバンスソールは、実はジーンサラゼンの発明です。

サンドウェッジのバンスソールはジーン・サラゼンの発明したバンカー脱出法

使用クラブが14本になったのはいつのことだ?

使用クラブ本数14本のゴルフ規則はボビージョーンズが提案し決めた!

実は、ボビージョーンズによる功績ですから、これは驚きです。
・・・・・・・・・・・

2回目のコースラウンドで収穫したものは?

 

やっぱ、パターの重要さを再認識したな。
なんつっても、スコアの半分近くはパット数なんだもん。

このときのパターはぜんぜんだめ。
入らない。
パターやるときの構え方からだめかも!

工場長のパターのグリップが、太いグリップで、持たせてもらったんだけど、これしっくりいったなあ。
っていうことで、俺もゴルフのパターは太いグリップにした。

帰りに、クラブ買った4号線沿いのスポーツ用品店の、白い○○によって交換した。
これ交換したらまたすぐに行きたくなった!

予断ですがY工場長もここのコースの会員だった!

このあと数回で、あっという間に100切るのですが、練習場には結構通っていました。
休みの日は、ほぼ半日はいました。

練習場に、パターの練習マットが置いてあるんだな。
そこで、それから毎日練習するようにしたのだが、時間がもったいないので、そのグリップ交換したすぐ向かいのみせに買いに行った。

 

こういうやつです。
効果満点でした。
なんつっても、パット数がスコアの約半分ですから。
10個詰めたら、えらいこっちゃです。

4パットがなくなるだけでも、そんくらいつまりそうでした。
・・・・・・・・
こういうのはやめましょうね。

ゴルフのマナーで服装やフェアウェーで遅い!おしゃべりの遅延経験!

でもいるんだよな~~
・・・・・・・・

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事