ゴルフでob判定と罰則と特設ティーの選択について。

スポンサーリンク

初めてコースに行って衝撃的だったのはOBの存在です。

何これ?

って感じです。

確かに両サイドは殆どの場合は林でセパレートされていますから、その中に打ち込めば流石に脱出は困難!

斜面の頂上付近や、コース脇の谷の境に白いくいが打ってあるんですが、最初は何の意味かサッパリわかりませんでした。

「社長OBってなんすか?」

「コース外って意味と思えばいいだろう!」

「はあ・・コース外ですか?」

「そうだ。谷底から打てるわけもないだろう。」

「う~~ん。それはそうですね。」

「コースが狭いゴルフ場だとこのOBは頻繁に出てくるんだな。」

「そんなの誰が決めたんすか?」

「馬鹿やろう!無尽蔵に土地があるわけねえだろ!」

最後はなんか支離滅裂になってしまったようですが、コースとの境目のことですね。

コースとの境界であって白くいが打ってあってその内側の線を結んだ線上を越えていればOBと言う判定になって、打ち直しになるのです。

ただしその白杭の内側の線上にあるものはセーフになるというルールになります。

これがゴルフでのob杭の内側ライン上の規則になります。

そんなものは知る由もありませんし、もともとそんなものははじめてみたのです。

OBは1打罰になります。そういう罰則規定になるのです。

所がすでに打ってますからストローク的にはすでに2打になってますから次は打ち直しで3打目になるのですよね。(ティーショットの場合)

2打目のアイアンショットならまた加算する。

此れは結構きつい!

正直これでやられたのです。

ドライバーのOBショットです。最悪でした。

セカンドやサードショットはさほど悪くはなかったのです。

例の得意なクラブの練習が実っていたのでした。

まずかったのはドライバーのOBとパターが入らなかったこと。

これに尽きます。

しかしOBとは良い規則と罰則の規程を設けたものです。

コースはどこまでもコースではないですから、必ずどこかで境界があるのは本当にこのときに理解したのでした。

OBの救済処置としての特設ティーがあるのもそのときに知りました。

一般的に言うところの

「プレイングフォー」

です。

ティーショットが不幸にもOBの場合はここから4打目で打ち直しになるのです。

スポンサーリンク

この救済の特設ティーのはこれまた後で考えたのですが

「助けられた」

そういう思いです。でもこれでは真の実力ではないです。

OBなら堂々と再度打ち直しするべきです。

したがって次回からは打ち直す!

そう心に決めたんでした。実際可能な限り私は打ち直します。

後続に迷惑・・そういうときなどはさっさと前に行って特設ティーから打ちますが、そうでないときはほぼ打ち直します。

後驚いたのが、私がOBを打ったとたんにでっかい声で

「フォワ~~~」

って言う声でみんな叫ぶんだな。

これ驚いた。

「社長、工場長どうしたんですか?気でも狂った??」

「???あほ!今お前が打った玉が前にいる組に当たったら大変だべ!玉とんでったぞ~って注意してくれって言う意思表示だ」

「そういうものっすか?」

「へたくそな奴が後ろにいるから気をつけろって言う意味だな・ハハハハハ・・」

「・・・・声なし・・・」

くっそ~~~

っておもたら工場長OB打った。

すかさず俺

「フォワ~~~」

って叫んでやった(笑

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る