ゴルフでのobの定義と判定のルールと罰則についての考察

スポンサーリンク

OBは正確にはアウト オブ バウンズといいます。

ゴルフでのプレーが出来る区域外のことを意味するゴルフ用語で一般的にOBと称してゴルフを行うプイやーからは極端に嫌われてます。(笑

OBの定義ですがルール上はコースの境界の外側または競技委員会やゴルフ場管理者などによってアウト オブバウンズと標示されたすべての区域についてOBゾーンと称します。

その境界の目印としてあのおぞましい

「白杭」

があるのです。

例えばゴルフにおいてボールがOBの境界杭の(白杭)のどこにあればOBと判定するのか?

此れは白くいの内側を結んだ線上、または内側であればセーフ判定です。

ここで大事なのは地表レベルでの線上はセーフです。

しかしわれわれ線上かどうかは目感でしかありませんから、杭から眺めて判断なんて感じでやってます。

プロのトーナメントは賞金がかかってますから、紐のようなもので結んで判定なんてのを数回テレビで見たことがあります。

さて私のショットが運悪く(へたくそで)OB判定となった場合は選択は二つあります。

下記から選択することになります。

1 その場から打ち直し

ティーショットならまたティーをさして打ち直します。

その場合はOBで一罰打加算されますから、しかも一打打ってますから打ち直しは3打目になります。

2 ゴルフでのOBでの特設ティー前進4打を選択

此れはクラブチャンピオンや俗に言うAクラスの大会などではないと思います。すくなくとも私は月例大会ではBクラスは前進特設ティー有りでAクラスはすべて打ち直しでした。

ただしプライベートではどちらでも個人の自由です。ただ後続に迷惑がかかるような場合は特設ティーは活用したほうがいいと思います。

スポンサーリンク

3 OBかどうか微妙な場合は暫定球を打つ

OBかどうか微妙な場合は暫定球宣言をして、ボールの番号を宣言し打ち直します。

もしOBならその暫定球をそのままプレーします。

最初のショットがOBでない場合は暫定球を拾い上げて最初のボールをインプレーします。

どちらも同伴競技者にマーカーをしてもらうことが大事です。

自分で勝手にやると顰蹙を買う場合がありますよ!

OBがティーショットでない場合の処置について

OBになったショットは本来の2打目や3打目だった場合の処置は、そのボールを最後にプレーした場所に出来るだけ近い場所ににボールをドロップして打ち直す。

打数がティーショットの場合と同じ要領で加算する。

ゴルフでobしない方法ってあるのか?

あります。OBを打たないことです。(笑

OBを打たないように練習しましょう。

あとは何もドライバーでなくてはならない理由はないですから、その他のウッドやアイアンの自分の得意とするクラブでショットすればいいかと・・

でもティーショットはドライバーの飛距離は魅力です。

ドライバー持たずして何でゴルフやってんの?

私はそんな感じでしたから練習しました。

OBを打たない方法は練習することです・・ハイ・・

私は最終的に悟りました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る