ゴルフの打ち込み行為は重大事故につながる最高のマナー違反で最低のプレー!

ゴルフ 打ち込み行為はもしかしたら、重大事故につながる危険行為で最高のマナー違反であって最低のプレーです。

プロの世界でもたまに起きるこの打ち込みですが、アマチュアの私たちも十分に気を付けるべきマナーだと思います。

スポンサーリンク

ゴルフ行ってコースラウンドしていると前が詰まっている。
でも早く打ちたい人っているんだよね。

キャディーに何度もしつこく

「もういいだろ?あそこまで俺の飛距離では届かないから!」
「いえいえお客さん、もしかしたらランで行くかもしれませんからもう少し待ってください」

そういわれるといきなり不機嫌になったりする人、あなたの周りにいませんか?

もっとも最近はカートでキャディーさん無しのラウンドが主流になりつつありますから、打つ打たないは自分や同伴競技者が適切に判断しないといけません。

私が実際に経験した打ち込みの現場!

私の事例ですとこちらに書きましたが、フェアウェーを歩いていたら頭の上をキャリーで越していって

「ドン」

その音で気が付いたのですが、打ち込みをされたことがあります。
まあ当たらなかったからいいようなものですが、これ故意に打った、または私らが歩いているところまで十分に届く飛距離と認識していた場合は、多分これは傷害事件になるのではないかと思います。

不測の予期せぬことではないわけです。

私たちが歩いているのが確認できていたわけですから。
キャディーさんにはまだ駄目ですよ!

そう言われていたにも関わらず打ってしまったのです。
前のショートが詰まっていて私の同伴者とおもに何とも不穏な雰囲気で楽しいゴルフも一転した出来事でした。

あとイブニングゴルフに行った時も打ち込みを見ました。
私の前の組ですが、その前の組が遅いことにいら立って多分ぎりぎりのクラブだと思うのですがわざと打っていました。

よくやるなあ・・

そうは思ったのですがちょっと怖いので数組遅らせてラウンドしましたね。(この時は私一人)

ドライバーでの打ち込んだ場合のボールの衝撃度は?

例えばどの位の衝撃がゴルフボールに当たった時にあるのかチョト調べてみました。
処でゴルフボールって硬いですよね。
どの位硬いかは別にして石のようなものでしょう。

そのボールのドライバーで打った時の初速は

「時速250キロ」(プロで)
「時速200キロ」(アマで)

だそうですよ~~~
これは驚きです。

ちょっとした事例ですが・・

2007年に熊本県のゴルフ場で20~30メートル斜めにいた人にボールが直撃!
さらにまずいことの当たったほうの方がなくなるという事故があったようです。

ほかには命に別状はなくても後遺症が残ったという事例はあるようです。

また当たらないにしても、こういうことがあるともうプレーが面白くなくなるものです。

それからもしかしたらまた打ってくるかも知れないという、不安感もあるわけです。
これは私も何度か体験しています。

所謂

「前の組への打ち込み行為はゴルフにおいて最も危険な無作法」

に当たると認識しないといけません。

実際にモンダミンカップで打ち込みをしたアン・ソンジュプロの例

プロの事例です。

2012年のモンダミンカップの最終18番でのプレーでの事件です。
最終18番での有村智恵はその時点で2位のアン・ソンジュに一打差をつけてリード。

それを2打差に広げるべくまさにそのバーディーパットを打とうとアドレスに入った瞬間に事件は起きたのです。

グリーン右手前のラフにボール飛んでドンというたまの落ちる音が・・
打ったのは1打差でリードされていたアン・ソンジュ本人。

見ていたギャラリーは

「え?何が起きたんだ」

という感じで後ろを振り返る。
思わず声を出す人も。

当の有村智恵は何事もなかったようにプレー続行!

これはまさにプロのLPGAのツアーで実際に合ったお話です。
これはまさにマナー違反!

大事なパッティングを乱す行為は明らかに

ゴルフ規則第1章エチケットの『安全の確認』違反だけでなく、『他のプレーヤーの邪魔にならないように』という項目の違反にもあたるわけです。

こういうことになるようです。
プロでもこういうことがあるんですね。

では一般的にどのくらいの余裕を見ればいいのか?
一説には自分が打った球のおそらくそこまで行くだろう地点から、50ヤード程度見たほうがいいということがあるようです。

う~~ん 50ヤードですね。
確かに30ヤード手前ではちょっと危険っぽいかもしれませんね。
ランや風に乗ったりするとまずいことになるかもしれません。

皆さんはこの打ち込み、どんなイメージを持っていますか?
ちょっと考える機会にしてみませんか?

でもゴルファーとしては最低限のマナーは守っていきたいですよね。!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る