岩手の栗駒ゴルフ倶楽部の天気は快晴で上々のラウンドでいい汗かいた

岩手県の栗駒ゴルフクラブに行って来ました。

ここはとなりに温泉もあります。

栗駒ゴルフ倶楽部の料金は今回は7510円でした。安いです。

栗駒ゴルフ倶楽部公式HPはこちら

スポンサーリンク

栗駒ゴルフ倶楽部はこの辺での評判は結構良いですよ。

練習場もあります。各種の大会を開催するには練習場が必須なので当然ですが・・・

栗駒ゴルフ倶楽部の当日の天気は快晴。

雲ひとつありませんでした・

5DSCF5128

ちょと風が冷たい感じでしたがセーター着たら暑いし・・って感じのコンディション!

クチコミなんかはどうなんでしょうか?

まあ・・いいコースだと思ってるのは自分だけかも知れませんが・・でもここは好きなコースです。

予約はネットがおすすめなのですが、今回は私でなく同僚が電話して予約しました。

全国で見ている方は

え?そんなゴルフ場ってあんの?どこよ?

そんな感じではないでしょうか?

然し私たちにすればここはすごくいいコースです。

岩手県は金ヶ崎町というところにあります。

5DSCF5147

コースは結構長いです。

しかもレベルで直線で測定しているために正確です。

そのために他のコースではもっと飛んでるはずなのになんでここはこんなに2打目が残るんだ?

こう思う方が多いようです。

正直ってゴルフ場の距離表示なんてのはいい加減です。

特にティーグランドの表示距離というのは正直信用しないほうがいいとおもってます。

問題は2打目、3打目の表示ですね。

5DSCF5178

それは良いとしてこのコースは林間の丘陵コースでとてもいい雰囲気のコースで、歴史もあるコースです。

経営も私が知る限りでは健全です。

バブル崩壊の時も会員権の値下がり率は少なかったように記憶しています。

ここではアマチュアの東北選手権とか色んな大会が開かれている準チャンピオンコースとでも行ったほうがいいかもしれないです。

芝はず~~っと昔はフェアウェイは野芝だったのです。

然しいつの時点からかベントに少しづつ張り替えているようです。

今回感じたのは

「随分ベントになったなあ」

って感じ。

ティーグラウンドも半分野芝で半分ベントみたいなところも結構ありました。

5DSCF5189

グリーンはベントです。

典型的な手前から攻めないといけないコースです。

奥が大体ががけになっていてOBに成っているところが多いです。

後バンカーもあごが高くて中々一回ででないところもあります。(2回で脱出したのがありました・・・シュン・・)

後は90度カーブで飛ばないと松越えのショットとか、いろいろあってとにかく面白いコースです。

スポンサーリンク

コース間は殆どが松林でセパレートされています。

但し松が厚くってその林に入ったらまず出すだけです。(一回ありました)

後はとにかく白ティーからやったのですが、350以下は数ホール。380、390,400とかのミドルで二打めが結構残って飛ばない私には結構しんどかったです。

愛用のホンマのパーシモンのバッフィー(4番ウッド)が大活躍でした。(色んなクラブ使ってみたのですが4番ウッドだけは25年前のこのクラブ!)

グリーンまで190ヤードをこれで載せた時は気持ちが良かったです。

後はアイアンでも5番程度までさまざまですが、結構長いクラブが活躍するコースです。

コースの写真随所に張っておきますがこんな感じです。

5DSCF5149

もう少ししっかりした写真取りたかったのですが、会社の仲間と一緒なのでまさか写真取りばっかしていたのではおかしいので遠慮しました。

良い一日でした。

当日は平日なのですが、得意のサボリーマンで・・

他の2人は休日で、私ともう一人はサボって急用で有給です。

こんなので有給ばれたら大目玉ですが、しかしだ・・

「有給は労働者の権利だ!文句アッカ?お~~~管理部長!」

って言えるわけないがまあそういうことで・・(笑

早々・肝心のスコアですが

「87」 です。

バーディーが一個ありました。

最近はこんなものです。

それとプレー料金ですが平日ですから安かったです。

でもいつも行くところから比べたら高いです。

「7510円」

です。(領収書です)

IMG_0177

いつも行くところは5000円程度ですが・・こっちが安いのですね・・多分

昼に食べた鴨南蛮そばはおいしかった。

今年まだシーズンありますから後2回くらいは行きたいなあ~と話して別れました。

って毎日仕事であってるし・・話といえばゴルフだし・・・

冬は12月になったら雪が降るのでもうゴルフはコースでのラウンドは春までお休みです。

では本日はこういうことで・・

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る