深圳ゴルフクラブでゴルフやってきたけど仕事は思惑とは違った方向に行った!

深圳ゴルフクラブでゴルフやってきたけど仕事は思惑とは違った方向に行ったのでした。

海外でのゴルフ経験の唯一の機会でしたが、仕事がイマイチで私の人生のここが転機だったような気がします。

ターニングポイントって言う言葉がしっくり来た時代です。

工場に着くとそこは6階建てでした。

スポンサーリンク

人がいっぱい。

そして会社の、工場の前にも人がいっぱい。

「K係長、あの人たちあそこで名にやってるんですか?」
「あ~~あれね。あれは今度募集があった時のために並んでんだよ。」
「へ~~並んでるいように思えないんですが・・」
「Sさんね。そうではないんですよ。あの人たちにはあの人たちなりにきちんとルールがあるんだそうですよ。」
「募集があったときにはきちんと順番があって混乱することはないんだそうですよ。最も混乱したときにはそこにいる人全員不採用だそうですから」
「???」

ってな感じでしたね。

とにかく人が多いのです。

そしてみなさんなぜか赤いバケツを持っているのでした。

今はそういう風景は見られないでしょうが、当時の20年前の風景ってそうなんでしたね。

まあそんなこんなで仕事は一応それなりにこなしてきましたが、そして最終日のゴルフにいたるのでした。

スポンサーリンク

深圳ゴルフクラブでゴルフを楽しんだ話

行ったゴルフ場は・・・

「深圳ゴルフクラブ」 です。

ゴルフボースのマークロゴは

「SGC」

です。

この時の後悔していることがひとつあるのですが、このボールセットで買ってくるのでした。

またくることをちかったので購入しないで帰ってきたのです。

これは失敗でした。

というのもそれ以降行くことはなくなったからです。

深圳は当時すごかったです。

今はもっともっとでしょう。

すごい工場が並んでいました。

その町の真ん中にあります。

その時は位置関係はさっぱりわからなかったのですが、後で見たらそうでした。

クラブハウスについてまずは貸しクラブのコーナーでお好きなものをどうぞ・・そん感じでクラブを選びました。

ちょうどコブラのセットがあったのでそれをチョイス。

パターはピンタイプのものをチョイスして靴借りていざティーグランドへ!

メンバーは私と社長、現地工場のO総経理とK係長です。

まあそこでまずはパターの練習を・・と。

その前にボールを買った。

SGCのロゴマークの入った3個セットを2個かって、まあ6個もあればいいだろう、そんな感じです。

確かボールあったはずなのですが、いくら探してもないのです。

「どごさいったべ?」

と思ってもないものはないんだったなあ・

最近なんか物忘れが激しいようでちょとまずいんでない?

そんな感じなのでした。

グリーンの感じは全く覚えていません。

スイマセン。

これは覚えているよ~~

さあ~~いくど~~

ボールをティーでグサッと差し込んで朝一のティーショット。

素振りを5~6回してアドレスで慎重に・・・

「ないすしょ~~」

という割には全く手ごたえなし!!

なんで??

そうです・・・空振りでした・・ハハハハハ・・

気分入れ替えて再度やり直して今度は眼いっぱい元気に飛んで行きました。

ここのコースで覚えているのはあのなが~~~いショートホール・。

確か210~220ヤードくらいあったと思います。

ここ3番アイアンで打ったんだな。

見事ナイスオンでパー取りました。

後はとにかく距離が長かった。

ところが感じはそうでもなかったのです。

原因は暖かいところは球が飛ぶんだそうです。

確かにすごく飛んでました。

最初距離が合いませんでした。

パターは全く駄目でしたね。

スコアは確か91だったような気がします。

天気は曇ってました。

このコースは青木功プロが設計したようです。

今ネットで見てみたのですが、本当に深圳の市内の真ん中ですね。

芝は先端が丸まって根が寝ていたような感じで球が沈んでしまいました。

そんな感じですから打ちにくかったですね。

でも・・初めての海外のコースで貸しクラブの割にはナイスでしたね。

夜は香港でバーいっぱい呑んで反省会しました。

ゴルフだけでなく仕事の面でもね。

ところで俺の香港の駐在で海外勤務希望はどうなった?

ところでこの海外に工場をシフトしてそこに赴任するという私の命題はその後ないことになりました。

社長がやはりやめた!

そういうことでした。

私のもくろみもすべてないことになってその2年後またの転職を余儀なくされたのでした。

私の人生でこの頃の3年間くらいが最もつらい記事だったような気がします。

このとき30代の後半の時です。

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る