渋野日向子のドライバー飛距離やパット数など部門ランキングは?

渋野日向子プロのドライバー飛距離や、フェアウェイキープ率や、平均ストロークなどの2019年の部門別成績(スタッツ)をまとめてみました。
現在の賞金ランキングは2位ですが、この位置にいるには、やはり各部門別成績のスタッツが、それなりの数字でないと、達成できません。

全英女子オープン優勝の最後のパッティングに見る、パット数ランキングは興味深いです。

スポンサーリンク

 

渋野日向子プロの2019年の平均ストロークやサンドセーブ率などのスタッツは?

2019年8月時点ですが、以下のようです。
なお、本部門成績は定期的に更新していこうと思います。

2019年の最後は、どの位置にいるか、すごく興味深いです。

 

渋野日向子プロの部門別成績のスタッツは?

 

今季ここまでの部門別成績・・スタッツは?
以下のようです。

  • 1:平均飛距離:245ヤード:14位
    2:FWキープ率:67.1%:39位
    3:パーオン率:68.2%:27位
    4:平均パット数:1.76:3位
    5:パーセーブ率:86.1%:11位
    6:平均バーディー数:3.76:1位
    7:サンドセーブ率:47.4%:19位
    8:リカバリー率:66.3%:9位
    9:パーブレーク率:21.2%:1位
    10:イーグル数:4:5位
    11:平均ストローク:70.8:5位

1位になってるのが、2部門ですね。
平均バーディー数は、すごいですね。

さすが飛んで曲がらない、そんなドライバーの名手らしいです。

ドライバーの飛距離ランキングですが、日本では上記の数字ですが、優勝したAIG全英女子オープンでは、平均で260ヤードも飛ばしていたようです。
日本で260ヤードというと、1位の穴井詩プロに匹敵する飛距離で、素晴らしいですね。

なんでそんなに飛んだ?

さて??
個人的に思うことは、空気の乾燥度かな~~なんて勝手に思ったりします。

 

賞金や世界ランキングは?

 

ちょっと気になる、世界ランキングなどの、ほかのランキングを見ていこうと思います。

  • 1:世界ランキング:14位
    2:賞金ランキング(日本):2位:84,794,570円
    3:優勝回数:2回
    4:トップ10回数:8回

素晴らしいですね。
このほかにもちろん、全英女子オープンの優勝賞金が入ります。

一度メジャーで優勝すると、あっという間にこんなにランキングアップします。

*上記ランキングの数字は2019年8月19日現在のランキングです。
非定期で更新します。

・・・・・・・・・

関連記事

渋野日向子プロ着用の、サングラスのメーカーとモデル名を調べてみました。
こちらのモデルです。

渋野日向子使用サングラスのメーカーと価格と購入先は?松山と同じ?

渋野日向子プロのクラブセッティングです。

渋野日向子のクラブセッティングと契約先は?飛距離やコーチは誰?

契約先は「PING」です。

・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

渋野日向子のドライバー飛距離などの部門ランキングの感想!

パットイズマネーは有名な、プロの指標のような言葉ですが、渋野プロのパット数ランキングは

「3位」

です。
それと、やはり注目は、平均スコアですよね~~

これ「70.8」で

「5位」

です。
ここが70切ると、素晴らしいですね。
中々、そこまではいかないのかな~~とは思いますが、70.8でも素晴らしいです。

最近の平均スコアを見ていると、70切るのも時間の問題のような気もしてきます。

直近のNEC軽井沢では、13アンダーです。
素晴らしいですね。

今年、どんどん伸ばしていってほしいです‥応援しています。

が・・一躍時の人になって、ちょっとつらそうにも感じますね~~
これは試練にも感じます。

LPGAの環境まで変わったように思います。
それだけメジャーでの優勝は、意味のある価値の高いものなんだな~~とは思います。

プレッシャーに負けずに、乗り越えていってほしいです!

・・・・・・・・・・

渋野日向子プロ愛用のサングラスのメーカーです。
同一のものはなさそうですが、メーカーとモデル名の一覧はこちらです。

Radarlock(レーダーロック)価格比較はこちら!

こちらのモデルが一番近いかな~~とも思いますが、数本持っていれば、また違うかもしれません。

関連記事

私は以前接待ゴルフ要員でした。
その時の経験を記事にしてみました。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

原英莉花プロのクラブセッティングです。

原英莉花のクラブセッティング!パット数とパーオン率の部門成績は?

原プロも、最近は優勝争いに、頻繁に絡むようになってきました。
もう少しですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る