初めての接待ゴルフで球がない時の苦肉の策の非常識!

次の日の朝、ホテルに迎えに行きましたよ。

まったく気分が乗らなかった。

でもゴルフと聞くとまた話は別で、ゴルフのプレーができるだけでもなんかうれしかったことは覚えているんだな。

スポンサーリンク

まだ酔いが残ってるような風体で出てきましたよ。

「ふ~~昨夜は飲みすぎたかな・・ご苦労さん」

「N係長大丈夫ですか?ゴルフできますか?」

「なぬ!できるかだと・・俺を誰だと思ってるんだ・・」

「ですよね。では参りましょう!」

ってだれでもいいわ・・そんなの!

って気持ちだがそうは言えず。

しかし作戦通り昨夜は工場長がしこたま飲ませるって言っていたからその通りになってるようで、これでゴルフでつぶれたらますます面白い!!

なんて心の中で思いながらぶつぶつと・・

ところでその日は俺だけでなくって営業のA君も一緒なんだな。

A君は係長でこのN係長とは何も関係がないのだが、一応営業ということでコミュニケーションをとっておいたほうがいいだろう、こういうことです。

あと俺だけでは心もとないので、もう一人のS工場長が監督ということで。

で4人で行ったのだが、まずはN係長のクラブとシューズを借りることからなんだな。

こういうのはS工場長は得意なんだな。

まあそれはいいとしてだ。

ゴルフの朝一のティーショット!

まあひどいもんだった。OB連発でこれでゴルフなるのか?

そういうゴルフで、もともと俺が90前後で、S工場長は100前後、営業のN君は110前後。

そして問題のN係長は120前後なのに二日酔いときたもんだ。

打った球が見えない。

さがすど~~

って言っても無い・・ナイ・・ナイ・・ない

もう俺疲れた・・この球探しで・工場長途中から作戦変えたっけ。

こんなのあり?

って俺思ったんだけど、この手は俺の数回長い接待ゴルフでも使わせてもらった。

スポンサーリンク

接待ゴルフのボール探しで亡くなった時の苦肉の策

まず売店でボールを買ってやるんだな。

何も持ってきてないんだから当たり前だ。

もちろん買うときは自分のボールと同じものを買う。できれば番号も合わせればベストなのだが、そうはうまくはいかないのでそこまで気を使わなくても大丈夫。

そこでもしOBになって球が見つからなかった場合は、明らかにOBならそれでいいのだが、あきらめが悪い奴のためにそのボールを使うんだな。

まあ、このあっちこっちによく打ってくれるもんだと思った。

探しているときに工場長がそのボールをポケットから出してさりげなくその辺に置くんだな。

それで

「あ~~N係長ボールここです」

「あ~~OBじゃなかった・助かった」

でOKなんだな

ただこれはしょっちゅうは使えない。

明らかに相手のボールと同じ場合のみだな。

ばれることもあるからあんまし使えない。

って使う必要もないと思うけど、この方あきらめが悪くってすごいんだ。

10分も探すんだもん。

キャディーは・・無いですねえ・・・

って言っても

「この辺だからもっと探せ!なんでもよくみてないんだ!」

っておこるんだよねえ・・しまいには。

こういう人とはやりたくないと思った。

後ろが詰まって待ってるし、キャディーさん焦ってるしねえ。

苦肉の策でそのてやるんだ。

接待ゴルフって初めてでそんな手あるんだ・・って思って勉強なったのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る