ゴルフの初心者の実力基準にハンディーキャップは必要と思う?

ゴルフ初めて8ヶ月位したころにいろんな意味で話題になるのがハンディーキャップでした

このハンディーキャップについてその当時の考え方と私なりに感じたことを振り返ってみたいと思います。

参考になるかどうかは別としてその当時はそういう考え方でしたので。

よく社長がお客さんとゴルフやっていて話す会話に

「オフィシャルでハンデはいくらですか?」

て言ってるのを聞いてさてと疑問に思っていたのですが・・・

このオフィシャルというのは公式という意味です。

ではその公式って?

これは私も最初は聞き流していたのですが、このオフィシャルハンデというのはこういうことになるようでした。

「JGAが認定した公式ハンデ」

JGA=日本ゴルフ協会です。

ではどこでその公式ハンデくれる?

それはゴルフ場です。ゴルフ場でスコアカード5枚出すとハンデくれます。

しかし、JGAから公式コースとして認定されて正式なコースレートを取得しているコースでしか発行しません。

しかもそのコースの会員でないとコースからは発行してくれないのです。

よくゴルフコースに行くと

「ハンディキャップボード」

がありますが、あれはそのコースの会員しかそこには載らないのです。

もちろんそのコースの会員になるためには数百万という会員権の購入が不可欠。
(時には数千万から億単位まで)

ではそういうことでなく(コースの会員にならなくても)ハンディーキャップを取得する方法ってないの?

あるんですが、どうしても公式とは言いがたいですが・・・

スポンサーリンク

たとえば雑誌の○LB○が当時日本全国のゴルフコースで開いていた大会があるのですが、(月一回だったと思います)その大会で確か5枚だったと思いますが、それでハンディーキャップもらえました。

私は宮城県なのでまさか今月宮城でも来月は九州のコンペにいけるはずもないですから無理です。

でも近場に来たときにいくという手もあるのですが、スコアカードの期限があるので無理でしたね。

この提出用のスコアカードも確か3ヶ月以内・・だったような気がします。

この間に5枚ですから月一ゴルファーにもまた厳しい条件。

○LB○ではこの期間がどうだったか忘れてしまいました。

後前述のコースレートですが、これはそのコースをJGAが審査して決めます。

スコアカードに書いてますが、このコースレートですがやさしいコースだと68とか69とか・・

たいていのチャンピオンコースだと73前後です。(一番長いティー)

白ティーと青ティーとコースによってはチャンピオンティーなどもありますがそれぞれにコースレートが書いてるはずです。

この数字はゴルフ場がパー72といってもJGAでは69ですよといってるに等しいのです。

要は公式ハンディキャップ発行のときに考慮されることは言うまでもありません。

まあ・公式ハンデほしければゴルフ会員権買え!!

ってことですかね。と当時は思っていました。

続きはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る