モダンゴルフ・ベンホーガンのモダンゴルフはゴルフスイングを極めた著書

ベンホーガンのモダンゴルフはゴルフスイングを極めた著書だと思っています。

ベンホーガンは年間グランドスラムを達成する唯一のチャンスを得ていた、まさに当時のの最強ゴルファーだと思います。

スイング理論は卓越していました。

世界一美しいスイングを作り出した理論は不滅でしょう!

スポンサーリンク

ベンホーガンは輝かしいゴルフでの成績を残しています。

過去のメジャー大会の勝利回数のランキングです。

1位 18勝 ジャック・ニクラス
2位 14勝 タイガー・ウッズ
3位 11勝 ウォルター・ヘーゲン
4位 9勝 ベン・ホーガン | ゲーリー・プレーヤー
6位 8勝 トム・ワトソン
7位 7勝 ハリー・バードン| ボビー・ジョーンズ | ジーン・サラゼン | サム・スニード | アーノルド・パーマー

ベンホーガンは9勝しています。

さらに下記はキャリアグランドスラムの達成者ですがここでもベンホーガンは名を連ねています。

ジーン・サラゼン(アメリカ、1935年)
ベン・ホーガン(アメリカ、1953年)
ゲーリー・プレーヤー(南アフリカ、1965年)
ジャック・ニクラス(アメリカ、1966年)
タイガー・ウッズ(アメリカ、2000年)

年間グランドスラムの達成者は一人だけです。

球聖ボビージョーンズだけです。

したがってベン・ホーガンはゴルフの歴史でいえば5本の指に入る偉大なプレイヤーだったということになります。

なぜベンホーガンかというとその著書を私は参考にしたからです。

「ベンホーガン著書モダンゴルフ」

です。

★ベンホーガン著書モダンゴルフ価格比較はこちら★

1P1010005

この本のグリップの部分は参考になりました。

ゴルフスイングもベンホーガン流で中々輪切りの図解などもあって大変に参考になったものです。

1P1010007

では上手くなったかというとそれはまた別な話ですが・・痛いところです・・・

ベンホーガンのスイングは世界一美しいとも言われてます。

低いトップとダウンでのためと完璧なスイングプレーンと滑らかさが特徴かと・・

1P1010008

まあ言葉で言うのはたやすいですが、ユーチューブで結構紹介されてますのでご覧ください。

後驚いたことにタイガーウッズとのスイングの比較をしている方がいますが、これがまた似てる。

もしかしたらやはりタイガーのスイングの先生は

「ベン・ホーガン」 かも知れません。

ベンホーガンの生い立ちと転機の交通事故について

1912年8月13日 – 1997年7月25日)
アメリカ合衆国テキサス州ダブリン出身

となっています。

スポンサーリンク

11歳から地元テキサスにあるグレンガーデン・カントリークラブでキャディーを初めて19歳でプロになったとあります。

プロになったを無視するとなんか誰かと似ています。

フランシス・ウィメット です。

アマチュアで1913年の全米オープンに勝利した方です。

しかもプロの現役時代は誰もが認める最強のゴルファーに間違いありません。

何しろ賞金ランク最高位米国男子:1位(5度)

5度も賞金王に輝いていて、メジャー9勝という輝かしい成績ですから。

しかし、1949年2月2日、37歳0ヶ月で拳銃自殺した父チェスターの誕生日の64年0日後に、36歳5ヶ月のベンを悲劇が襲う。

自動車を運転中、バスとの正面衝突により瀕死の重傷を負うことに。

しかしその事故から見事に復活して上記の成績を達成したのですからなんともお見事とか言いようがありません。

事故の後遺症での足の不自由を克服しての成績の積み上げは見事としか言いようがないですね。

圧巻は1953年に第17回マスターズ、第53回全米オープン、82回全英オープン(カーヌスティ)でゴルフ史上初のメジャー大会年間3冠を達成。

この年出場したメジャー大会すべてで勝利を挙げるという快挙を演じることに。

しかしこの先の全米プロ選手権には出場できませんでいた。

これは日程的に不可能だったからです。もし出場可能だったならばボビージョーンズ以来の年間グランドスラムを達成する唯一の選手だっ

たかもしれません。

このときはニューヨークで凱旋パレードで紙ふぶきで迎えられたそうです。

その後はベンホーガンブランドでのゴルフ用品販売などを手がけたようで、今ではそのブランドはキャロウェイ社が持っているようです。

ホーガンのゴルフスイング理論はとにかくいっぱい打て!

のようです。確かに打たばくてはいけないのは基本のようには思います。

モダンゴルフは多くのファンを持っている今でも教本であることは間違いないところのようですね。

*ここでの写真は私の保有するモダンゴルフの写真です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る