キム・ハヌル ゴルフの獲得賞金の管理方法と意外な使い道のお金事情!

キム・ハヌル 元韓国ゴルフ賞金女王の額面は大きいけれど・・お金事情のコラムの紹介です。

あわせてキム・ハヌルプロのプロフィールも紹介します。
獲得した賞金の管理方法は色んなやり方があると思うのですが、キムプロの場合はちょっと変わっているようです。
資金管理は御両親だそうです。

スポンサーリンク

2016年のPRGRレディスで4位に入った

「キム・ハヌル」

のコラムを読んでちょっと考えさせられました。

昨年の獲得賞金は「42,551,294円」です。
結構な賞金額ですね。

その前にこの「PRGRレディス」では2日目終了時点では首位を走っていたのですが、最終日は失速してしまってちょっと残念でしたね。

でも4位ですから検討したと思います。
なんと言ってもトップ5ですからまずまずでしょう。

ミニスカでのプレーでも注目されていましたよね。

所でそのキム・ハヌルプロの賞金の使い道についてのコメント(コラム)が載っていたので、ちょっと紹介してみようと思います。

キム・ハヌルプロの場合はこの賞金は御両親が管理されてるそうです。
ご両親は韓国にいらっしゃるようですから、日本で稼いだお金を韓国で管理しているんでしょうね。

まあ勿論円で振り込まれるようですから、振込先は韓国の銀行?

さて??

まあそれはどうでもいいとして、自分で稼いだお金を自分で自由に使えないなんてちょっとなあ・・
そんなきがしたわけです。

という訳ではじめてもらった賞金で何を買ったか覚えていないそうですよ。
最近は優勝すると自分の口座に御両親がお小遣いを入れてくれるそうです。

昨年日本で優勝した時のその小遣いでバッグを買ったと言ってますが、なんと質素な・・・
まあ・・人それぞれですが、もう少しぱっと夢があるような・・ぱっと行きましょうよ・・

スポンサーリンク

私の勝手な感想

キム・ハヌルプロは1988年生まれですから28歳です。

う~~ん

まあ人それぞれでしょうが、なんか自分が思うに自分で稼いだお金は自分でマネージメントしたいと思うのですが、みなさんはどう思いますか?

よく日本の選手は優勝した賞金で両親に家を買ってあげたいとかいう話球に出てきますが、それは自分が管理していてその金でということだと思うのです。

両親に全部管理させるとはいわないわけです。

ただ横峰さくらプロのように、お父さんとの要はマネージメント会社で管理しているという形式はあって、こっちが一般的のような気もします。

ただみなさん多分ですが、この賞金をどう使うかは自分が権限を持っていると思うのです。

ただし例外は、賞金以上に無駄遣いすると言うことで、お父さんにばかやろうといわれて管理されてるなら、それはまた話は別になりますが・・(笑

<h3 class=”news_headline1″>キム・ハヌルプロのプロフィール</h3>

1988年12月17日生まれの28歳(2016年今年の誕生日で)
韓国キョンギド出身で小学5年生からゴルフを始めて高校3年との時にプロに転向。
2011年と2012年の韓国女子ツアーの賞金女王。

ってすごいキャリアですね。

昨年の2015年から日本のツアーに本格参戦して9月の「マンシングウェアレディース東海クラシック」で優勝しています。

すらりとしたスタイルで愛称は

“スマイル・クイーン”

イ・ボミは同い年で大学の同窓生だそうですが、これもまた同じ韓国のプロでなんとも・・

170cm・58kgとすごいゴルフに適した体型もその強さの背景にあるような気がしまうs。
いずれ今年も活躍すると思います。

でもお金の使い方や管理の方法にはなんともお国柄というか、その奥に寄る家族間の考え方の相違のような、そういうことを感じます。

興味深いのは

「韓国人選手はそういった選手が多いのではないでしょうか。」

この言葉がすごく興味深いのですが、他の韓国出身プロもそうなのかもしれないのですね。

ちょっとした気になる記事について書いて見ました。
価値観や考えは個人で変わっていて当たり前のことであって、その個人がそれでよければそれでいいことなのだと思います。

ちょっと興味深い記事だったので紹介した次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る