初めての接待ゴルフの証明、仕事はゴルフ場で成立する!

取引先の品質保証部から電話があって今度の金曜日に査察に来るという連絡があった。

これは当時は一年に2度の工場監査を受けないと取引の続行に支障があるという事態になるのでこれに合格は必須。

スポンサーリンク

ところが最初の転職した時点ではものすごく緊張していたのだが、なんか雰囲気が違うんだなあ・・

工場監査といわれれば、すべての部品の購入伝票から履歴から、加工工程の履歴から出荷検査の成績表から半年分すべて用意しておかないといけないんだよね。

最初はそうした。いや・・最後までそうした。

ただし見たのは最初だけだ。

って言うか来るたんびに見てはいたのだが、全部見たのは最初だけ。

後はぺらぺらとめくっておしまい!

いつも来るあのN係長。

こいつは本当にいやらしいやつだった。

ちくりちくりといや~~なことを言うんだな。

「Sさんこのデータってどんな意味があるの」
「N係長はそれは強度のデーターでAに対してどれだけの耐力があるかを測定するものです」
「じゃあそのAとの力の強度の関連性ってその数値でベストだってどう証明するんだ?」
「それはAの・・・・」

あ~~もう面倒くせ~~~~~~
だからなんだっつんだ~~

って俺トイレ行って叫んでいた・・そしたら・・

トイレで社長にあってつれしょんしたら

「お~~S君N係長はどうだ?うまくいってるか?」
「は~~俺もうあの人のねちっこさについていけないっす!」
「でも仕事だからな支障の無いようにやってくれよな」
「はいはいわかりましたよ、社長!何かあったら会社止めて責任取りますから・・」
「おいおいこんなことでやめられちゃあかなわんな。じゃあな最近あいつゴルフ始めたらしいからゴルフの話題話してみろ」
「なるへそ・・それいっすねえ・・」

ということでその気難しいお話をしながら合間見てゴルフの話題で振ってみた。

ばっちりだった。食いついた!

「N係長最近ゴルフ始めたらしいですね」
「お~~そうなんだよ。はじめたばっかりでさ・なかなかあたらないんだなあ。ゴルフってこんなに難しいものだとは思わなかったよ」
「ですよね。私も100切るまでは紆余曲折でしたから」
「え?Sさん100切るの?すごいね。どうやって切ったの?どんな練習したの?」

こんな会話で・・

「ところでさっきの強度の話ですがAの特性上・・」
「もう良いよ。そんなのAであろうがBであろうがどうでも良いよ!ところでさっきの話の続きだけどさ、Sさんの会員になってるゴルフ場ってここから近いのかい?」
「車で20分というところですかね。近いですよ」

ということになった話で、俺の会員になってるコースのことを根掘り葉掘り聞いてくるんだなあ・・

次回に続く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る