練習場のシングルにならないとコースのシングルはありえないという現実

練習場のシングルにならないと、コースのシングルはありえないという現実!

そもそも練習場で球に当たらないと、練習場でほぼ問題なくドライバーやアイアンショットが打てなければ、芝の上からのショットは上手く打てるわけがないと思います。

練習場のシングルと揶揄するのでなく、練習場のシングル受け入れるが寛容と思います。

スポンサーリンク

正確に言うと練習場ではすごい良い球を打つのに、実際のコースではその球が打てない。あるいは練習場ではアイアンもビタっと当たって距離も正確、なのに実際のコースではサッパリ・・

「お~~S君、この間はスコアは初めてにしては上出来だった・」

「あ~どうも社長。足手まといなのにコースに連れて行ってもらってありがとうございます。しかもプレー代までご馳走になってスイマセンでした。」

「なに、最初は俺が連れて行ってやるって約束したんだからかまわんよ。」

「ところでS君。練習場のシングルって知ってるか?」

「え?なんすか・・・それ?」

「今の君みたいなのを言うんだよ。」

「?????」

「練習場ではすごくうまくビシバシ当たるんだけど、実際のコースではそれほどもないというやつさ!」

「あ~~なるほど。覚えがあります。」

「経験がものを言うんだよ。練習場のマットはクラブのソールが滑ってうまく当たるような錯覚に落ちいるんだな。」

「なるほど~~」

そんな風な会話で中々ためにはなった・・・のですがじゃあどうする?

ってしょっちゅうコースに行くのか?

そうなるがまだまだはじめたばかりだし、その時は話だけにしておきました。

ゴルフ練習場のボールの飛距離についても実際に打って見て意味がわかりました。

コースボールって打ってみるとイメージ的に軽いんですよね。

勿論ロストボールのなんだかわからないボールです。

スポンサーリンク

ALBAって印刷されてるボールが縁起がよさそうで好きでした。

勿論その雑誌も読んでいたのでなんとなく好きになった・・ただそんな理由です。

打ってみると確かに10ヤードほどは違うようです。

でもそれもビシッと当たらないとその違いは実感できないので、、まずはクラブにしっかりと当たることが前提です。

ドライバーは練習場とは違ってサッパリ!。

スライスばっかりとOBを数発打って落ち込む状況です。

このOB(アウトオクバウンス)については後でルールブックを買って読んでよく理解しました。

これはゴルフをやる以上は避けて通れないことです。

中々ムズイものがあります。

コースが狭いとでやすいですしね。

フェアウェイが広いと思いっきり叩けますし、コースによって出やすい(狭い)コースとそうでもない(広い)ところがあります。

この罰則の決まりごとも初めて知りました。

そもそもゴルフのルールなんて始めてのこと・

思いは深かったです。

どんなスポーツにもルールはありますから、当然といえば当然のことです。

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る