申ジエのクラブセッティング!飛距離の部門成績と生涯獲得賞金額は?

申ジエプロの、クラブセッティングとスポンサー契約先、日本のLPGAでの生涯獲得賞金額や、ドライバー飛距離やパット数ランキングの部門成績(スタッツ)を紹介します。

過去の戦績情報などの、経歴(プロフィール)や成績も紹介しようと思います。

クラブのスポンサー契約は、フリーです。
2010年5月に、世界ランキング1位まで上り詰めました。
2014年からは、日本のツアーの本格参戦。

昨年は賞金ランキング2位です。

申ジエプロはまさに、ゴルフをするために生まれてきたような、そんな方ですね。
プロフィールがすごいです。
数年前に、安比高原でのツアーをギャラリーしてきたのですが、礼儀正しい方だな~~って思いました。

スポンサーリンク

最近トッププロの方でも、クラブ契約がフリーの方って、よく見ますね。

ってか・・トッププロだからなのかもしれませんが。

申ジエのクラブセッティングバッグの中のの14本は?

今クラブセッティングは、昨年2018年11月25日最終日のメジャーの

「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」

の優勝時のセッティングです。
2018年は国内メジャー3冠を達成しました。
すごいです。

 

申ジエプロのクラブセッティングの14本はこれだ!

 

以下のようです。

1:ドライバー:ローグ サブゼロ ドライバー(9度)
シャフト:スピーダー エボリューション 4(44.25インチ、硬さS)

ローグ サブゼロ ドライバー価格比較はこちら

2:3W:テーラーメイド M2ツアー(15°)


(出典元:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/より引用)

3:5W:ミズノ プロトタイプ(18°)

4:UT:キャロウェイ GBB EPIC(20,23°)

キャロウェイgbb epicユーティリティー価格比較はこちら

6:アイアン:6I~PW:ミズノ ミズノプロ518

ミズノプロ518価格比較はこちら

7:ウェッジ:A,SW:キャロウェイ MD4(50,54,60°)

キャロウェイMD4価格比較はこちら

8:パター:オデッセイ ホワイトホット#4


(出典元:ヤフーショッピングより)

9:ボール:タイトリスト Pro V1

Pro V1価格比較はこちら

と・・このようなクラブセッティングです。
見て思ったのですが、古いクラブであろうがなんであろうが、自分に合ったものを長く使う!

こういう方のように感じます。
例えば

  • 1:3W
    2:パター
    3:アイアン

これらは、数モデル前のタイプです。
もう新品が売ってないようですね。

中古は流通しています。

UTのGBB EPICは今は「STAR」のモデルになっていますから、これもちょい前のタイプかと。

確か、ドライバーは「M2」も使用していたような記憶があります。
コースによって、使い分けてるという、そんなコメントだったような・・記憶違いならすいません。

プロは、その時の調子やコースで、クラブを変更するのは、よくあるようです。
いずれ、このセッティングは

「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」

優勝後に公開されたものです。

*スタジオアリス女子オープンで今季初優勝しました。
ドライバーをローグからサブゼロに変更しての優勝でした。

エピックフラッシュ サブゼロドライバー価格比較はこちら!

プロは、コースのよって使分けるときもあれば、、その時の調子のよって変更します。
クラブセッティングは、ある意味、クラブの使用履歴のようなものかもしれません。

申ジエのドライバー飛距離や平均ストロークのスタッツ(部門成績)は?

今年2019年は、まだ数試合の開催で、部門成績が信頼性がいまいちかと・・サンプル数の問題で。
なので、昨年2018年の年間平均の成績で、見ていこうと思います。

 

申ジエプロのパット数ランキングなど部門成績は?

 

下記のようです。

1:ドライバー飛距離:232ヤード:58位
2:FWキープ率:75.9パーセント:2位
3:パーオン率:75.3パーセント:1位
4:サンドセーブ率:46.2パーセント17位
5:リカバリー率:66.5パーセント:7位
6:平均パット数:1.76:4位
7:平均ストローク:70.1:2位
8:平均バーディー数:3.93:2位
9:平均イーグル数:3:18位
10:パーブレーク率:22.0パーセント:2位
(GDOデータより引用)

こういうデーターです。
特筆するのは

  • 1:FWキープ率
    2:パーオン率
    3:平均バーディー数

などがすごいですね。
ショットの安定が、この結果を生んでいるんだと思います。
ショットが安定して、パットが4位の名手!

これで勝てないわけがやっぱしないですね。

その結果・・・・

賞金ランキング:2位:¥165,325,295
トップテン階数:17回
世界ランキング:21位(2018年末時点)
優勝回数:4勝
(GDOデータより引用)

昨年2018年は27試合に出場しています。
そこでトップ10が17回ですから、すごいですね。
ちなみに予選カットは、一度もなし!!

申ジエプロのプロフィールは?

申ジエプロは韓国の出身ですが、これまでの経歴も併せて、プロフィールにしてみました。

 

申ジエプロのプロフィールは?

 

次のようです。

名前:申智愛
生年月日:1988年4月28日(30歳)
身長:156 cm (5 ft 1 in)
国籍: 大韓民国
出身地:全羅南道霊光郡
プロ転向:18歳(プロテスト免除)
(wikipediaより引用)

小学校5年の時にゴルフを始めて、その5か月後に出場した大会で優勝??

だそうです・・タイガーウッズ並み??

  • 2004年-2005年:日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権高校女子の部2連覇
    2005年:SKエンクリーン招待で初優勝(アマで優勝)
    2006年~KLPGA参戦~2008年までの3年で20勝!
    しかも3年連続賞金女王。

書くのもつかれるほどの後は、怒涛の勢いでアジアツアーも席巻!
その後2009年からUS-LPGAに参戦。

2009年に、いきなり・・全米女子で賞金ランキング1位!
2010年に世界ランキングも1位。

2014年より日本ツアーに本格参戦。

これまでの主な成績は下記のようです。

  • 1:米国11勝
    2:内メジャー2勝
    3:国内21勝
    4:内メジャー4勝
    5:韓国21勝
    6:アジアンツアー1勝
    通算で54勝になります。

よく勝ちましたね~~~って感心しますが、これって本当に驚くべき数字!

で・・次はいくら稼いだの??
ですよね~~

スポンサーリンク

申ジエプロの生涯獲得賞金額と所属先(スポンサー)は?

申ジエプロの、生涯獲得賞金を調べてみたので紹介します。
ただし、この金額は日本のツアーのみの金額です。

それだけでもすごいのですが、これに米国女子の文も足さるので、トンデモ金額だな~~って思いました。

 

日本ツアーので生涯獲得賞金額は?

 

日本女子プロゴルフ協会のHPによると下記のようです。

  • J-LPGA生涯獲得賞金額:¥847,759,997
    ランキング:8位
    (2019年3月21日現在)

というデーターです。
まだまだいけますね。
全米女子の賞金は入ってないのですが、今度調べてみます。

 

申ジエプロの所属先やスポンサーは?

 

申ジエプロの所属契約先は

2015年6月:スリーボンド

です。
最近「太平洋クラブ」とスポンサー契約を結びました。(2019年3月1日公表)
太平洋クラブと言えば、御殿場コースがすぐにイメージされます。

なるほど~~ですね。
そのほかに

ボール:タイトリスト
ウェア契約:MIEKO UESATO SPORTS(MUS&C)
シューズ契約:ECCO

です。
クラブはフリーですが、ボールだけは契約しているようです。

ミエコ ウエサコ ゴルフウェアはこちら!

カラフルですね^~

こちらはメンズ用ですが「ECCO」のシューズです。

申ジエプロのクラブセッティングやスタッツほかのまとめ

ここでは

  • 1:クラブセッティング
    2:各部門成績
    3:生涯獲得賞金額
    4:プロフィール

などなどを紹介してきました。

余談ですが・・・

一昨年、岩手県の安比高原のツアー(コニカミノルタ杯)に、ギャラリーで見に行ったのでした。

勿論申ジエプロやイボミプロや、成田美寿々プロもそのプレーを見てきました。

が・・申ジエプロ・・驚きました。

スタートホールで、アナウンスされて縦横前後に、お辞儀をしてからティーショットの準備!
これは感心しました。
ほかのプロは、帽子のつばに軽く手を当てるだけで・・・
明らかに礼儀が違います。
ファンに感謝する気持ちが出ているな~~って、感心しましたね。

プロの、しぐさっていろんなところに出るんだな~~って思ったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事

鈴木愛プロは、2019年2戦目の優勝で、波に乗って行けそうな雰囲気ですね。
昨年不本意な故障でしたから、今期は頑張ってほしいですね。

鈴木愛のクラブセッティング!飛距離の部門成績と生涯獲得賞金額は?

小祝さくらプロは昨年はルーキーイヤーでした。

小祝さくらのクラブセッティング!飛距離やパット数部門成績2018は?

それでも、賞金ランキング8位は立派!
クラブセッティングや、ドライバー飛距離やパット数ランキングなどのスタッツを紹介しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る