ゴルフ距離計ランキングとデジタル表示GPSとレーザー方式の長短所

ゴルフコースでの距離測定の最新ギヤのランキングに見るGPSとレーザー方式の違いと長所と短所の紹介です。

今ではゴルフコース内での距離測定器が一般的になりましたが、方式としてレーザーとGPS方式があります。
それぞれの特徴とランキングで商品をを紹介します。

スポンサーリンク

コースにもよりますが、もしローカルルールで禁止していなければ

「ゴルフ 距離測定器」

が使用できます。
実は私は持っていません。
しかし同伴のいつも行く仲間の数人はたまにこれを覗いているようです。

果たしてそれが正確なのかどうかは私はわかりませんが、そのうちの一人は頼るともう離せないと言ってました。

私はヤーデージの木や杭を参考にしていますし、大体がいつも行くコースなので大体分かっていますから、それとそういうものに頼らないゴルフが心情ですから、購入する気にもならないですね。

でも世の中こういうのが便利と思う方が多数の現実も実際です。

なのでちょっと調べてみました。

★ゴルフ 距離測定 GPS機能価格比較はこちら★

ゴルフコース内で使用可能な距離測定器の種類について

タイプは二つあるようです。
GPS式とレーザー式です。

GPS式の仕組みと特徴

GPSとはそのなのとおりGPSを使用して距離を測定する方式です。
小型で持ち運びが便利です。

そのコース内の登録されてるものがバンカーだったり、ハザードだったりでも距離表示が可能です。
どうやらコースがすでに登録されているコースで、自分の位置を割り出してそこまでの距離を測定する、まあカーナビのようなものだと思います。

精度はちょと甘めです。

スポンサーリンク

レーザー式の方式と特徴

見えるところまでの距離はほぼ正確に測定することができるということです。

見えるところ?

そうです。見えないところは測定できません。
要はレーザーを発射してそのものからの反射した信号で距離測定するからです。

手軽で簡単で操作が楽で・・しかしGPSよりはちょと大き目!

購入するならレーザーとOPSどちらがいいの?

さあどっちが良いかは購入する方の考え次第でしょう。
ただ注意することが数点あります。

レーザー式で機能的に高低差まで測定できるものがありますが、これはルール違反のようです。(俺の友人のどうかな?今度聞いて見ヨット!)

あくまでも直線距離の測定のみが使用可能のようです。(ルール上は)

GPSの選択肢ってすごくあるんですね。
例えば

1 ハンドヘルド型
2 腕時計型
3 音声型

特にハンドヘルド型はフル機能と簡易型があるようですが、中々画面見てもそそられます。
振る装備のものはスマホサイズ型でカラー液晶で中々の出来栄え!

腕時計型もいいですがなんか邪魔臭そうな気がしませんか?

★ゴルフ 距離測定 レーザー機能価格比較はこちら★

ゴルフ距離計のまとめ

私的にはできるならば距離感を養うためにも無いほうが良いような気もしますが、コースの背景によってはヤーデージの木や杭を信じられなくなるときがありますが、そんなときには有効かなあ・・などと感じます。

もしかしたら自分の距離感と実際の距離をこれで確認してみるってこともいいことなのかとも思います。

でも頼りすぎはよくないと思いますから、やはり程ほどに自分の距離感も信じないとね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る