ビッグベンの世界一綺麗なゴルフスイングはベンホーガンのモダンゴルフから!

ビッグベン・ベンホーガンの世界一綺麗なゴルフスイングはベンホーガンのモダンゴルフから生まれた。

私はそう思っています。

ベンホーガンは元々左利きでしたが、当時が左利きのクラブがなかったために右で練習!

サンドウェッジは芸術的でした。

スポンサーリンク

ベンホーガン(1912年8月13日 – 1997年7月25日)は、アメリカ合衆国テキサス州ダブリン出身のプロゴルファーです。

11歳から地元のゴルフ場でキャディーをしてゴルフを極めました。

これは全米オープンで歴的な名勝負を演じた

「フランシス・ウィメット」

と同じです。

現役時代は最強のゴルファーといわれました。

しかし天才的なゴルファーということではなく、何度も賞金がないと生活できない下積みの時代があったことからも、彼は天才というよりは努力の人といわれてるようです。

勿論彼の輝かしいメジャーでの記録は下記のように輝かしいものです。

■輝かしいベンホーガンのメジャー記録ついて

○マスターズゴルフトーナメント ( マスターズ・トーナメント ):2勝(1951年、1953年)
○全米オープン ( ゴルフ )( 全米オープン ):4勝(1948年、1950年、1951年、1953年)
○全英オープン ( ゴルフ )( 全英オープン ):1勝(1953年)
○全米プロゴルフ選手権 :2勝(1946年、1948年)
総計メジャー9勝は、 ゲーリー・プレーヤー ( 南アフリカ共和国 ( 南アフリカ )と並ぶ歴代4位タイ記録。

特に1953年のメジャー大会ではマスターズから連続で3冠達成。

でボビージョーンズ以来のグランドスラム達成?

と思ったら全米プロ選手権には出場できなかった。
なんで?

移動手段がなかったのです。

当時一週ずれでの開催はイギリスからアメリカには移動できなかった。

従って全英に出場するか、全米プロ選手権かを選択することを迫られたわけですね。

誰でもそれは全英をとるでしょう・・トッププロなら。

でもそこで出場していれば・・

キャリアグランドスラムの達成者はこれまでに5人いますが、ベンホーガンはその中の一人ではあります。

ベンホーガンのモダンゴルフは私は持っていて今でもたまに読むときがあります。

1P1010005

1P1010008

1P1010007
(グリップの解説はこういった感じですね)

勿論その通りなんてできませんし、忘れていたことを確認する小見で球に開く程度ですが、最初の頃はこれで結構参考になりました。

特にグリップの部分はすごく参考になりました。

世界一美しいゴルフスイング!!

私はそう思っています。

スポンサーリンク

ベンホーガンを突然襲った悪夢の事故

ベン・ホーガンの転機は突然の交通事故です。

1949年2月2日36歳5ヶ月のベンを悲劇が襲うことに。

自らが運転する車がバスと正面衝突で全身を強く打ち、相当な個所の骨折で再起は不能だろう!

そういわれていたのですが、なんと見事に復活。

その後の上記のメジャー3連覇という偉業をやり遂げたのでした。

その時の全英オープンは全英オープンでは、ディフェンディングチャンピオンのボビー・ロック、後に全英を五度制覇したピーター・トムソン、ロベルト・デ・ビセンゾ、ダイ・リースらの挑戦を退け、2位に4打差をつけて、コースレコードを更新して優勝したとあります。

肉体的なハンデを乗り越えてのメジャー制覇の偉業はその時のベンホーガンがニューヨークに凱旋したときにあのMLBの優勝パレードのような紙吹雪で凱旋したことを思えば、この時にビッグベンンは完成したのだと思います。

引退後は「ベンホーガン」ブランドでのゴルフクラブ製造会社を創設しました。

また60代後半までに全米ではシニアツアーが創設されなかったために、そのプレーにも参加していないようです。
晩年はアルツハイマー病に悩まされて1997年7月25日に84歳で逝去しました。

ビッグベンは偉大です。

世界一綺麗なベンホーガンのゴルフスイング。

あのダウンスイングのタメはビッグベンの専売特許ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る