樋口久子 Pontaレディス渡邉彩香の優勝クラブセッティングは?

先週開催の「樋口久子 Pontaレディス」で2位に4打差をつけての圧勝で日本人賞金ランキングトップに立った渡邉彩香プロですが、その時の優勝クラブのセッティングです。

スポンサーリンク

今大会優勝で賞金ランキング3位に躍進!

まずツアーの情報ですが

日時:2015年10月30日(金)~11月1日(日)
開催コース:武蔵丘GC(埼玉県)

です。ここは西部のプリンスホテルグループなんですね。

ここの名物ホールは3番ミドルと17番ミドルホールのようです。

3番ミドルは左サイドに池を配して中々これが気になるミドルホールです。

17番ミドルはバンカーのあごが垂直に切りあがってるシチュエーション!

距離はちょっと短めの6250ヤード(公式)のようです。

勿論私は行ったことがありませんが、テレビでは見てるので知ってます。

さてこの大会の渡邉彩香プロですが、初日はイーブンパーでまずまずの順調な滑り出し。

ところが2日目には67.三日目には66とベストスコアを更新しながらの2位に4打差をつけてのブッチギリの圧勝と言っていいでしょう。

ポイントは今大会から使用し始めたブリジストンの最新兵器の

「ブリヂストンゴルフ J015 ドライバー(ロフト:9.5度) 」

です。

これに替えた途端に

「左に行くミスがガラッと減った。安心感が違う」

とのこと。

やはりティーショットの安定感が勝利のポイントのようです。

然しそれでも飛距離ではアマチュアの畑岡奈紗にオーバードライブされたと悔しい思いをしたようです。

それはそうですよね。

16歳のアマチュアにドライバーオーバードライブではプロとして立つ瀬が無いかもしれません!

気持ち分かります。

でも上がってみれば66の好スコア!

やはり飛距離ではありません。

スポンサーリンク

渡邉彩香プロの優勝クラブセッティングの紹介

ドライバー:ブリヂストンゴルフ J015 ドライバー(ロフト:9.5度)
※シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD PT-6(X、45.25インチ)
フェアウェイウッド:ブリヂストン TOURSTAGE X-FW(2013年モデル)(3番15度)
ユーティリティ:ブリヂストンゴルフ J15 HY ユーティリティ(3番21度)
アイアン: ブリヂストンゴルフ J15 アイアン(4番)/J15 CB アイアン(5番~PW)
ウェッジ:ブリヂストンゴルフ FORGED(49度、52度)/Grind Studio(58度)
パター: オデッセイ ミルドコレクション SX V-LINE FANG
ボール:ブリヂストン TOUR B330Sボール
2014年平均飛距離:259.3ヤード
世界ランキング:67位(2015年11月2日現在)
賞金ランキング:3位
出身:静岡県熱海市

こんな感じです。
特徴はやはりブリヂストンゴルフ J015 ドライバー(ロフト:9.5度)でしょう。

ブリジストンの契約プロですが、このドライバーはお気に入りのようです。

今大会から使用しているとのことです。

ツアーを戦うプロにとってはゴルフクラブは命ですからね。

さて今大会で日本人最高位の賞金ランキング3位ですが、上との差が激しすぎます。

まあ今年日本人女子プロ選手がこれ以上は無理でしょう。

圧倒的にイ・ボミとテレサ・ルーに席巻されています。

何とかこれ食い込んで欲しいですが今年は差がありすぎて無理でしょう。

来年はお願いしますよ~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る