アダムスコットのクラブセッティングとシューズ、グローブに対する拘り

アダム・スコットはPGAツアープロランキングで2015年10月27日現在で16位です。

アダムスコットの使用クラブはドライバー、アイアンともにタイトリスト。契約プロです。

最近では日本オープンに出場してその飛距離で池田勇太を圧倒して話題になりました。

クラブセッティングはタイトリストで統一されています。

スポンサーリンク

アダムスコットに限らず一流のプロなら必ず道具には必ずこだわりがあるはずです。

その拘る対象としての私たちアマからすれば、えてして知りたい情報がゴルフクラブに偏る傾向にあるかもしれません。

然しプロが拘るアイテムと言うのは何もゴルフクラブだけではないのです。

シューズやグローブにも同じようにこだわりをもってチョイス、選んでいると言うことです。

いい記事を見つけたので紹介します。

下記はフットジョイブログというフットジョイの公式ブログからの引用です。

アダムスコットがシューズとグローブに対する信頼と考え

記事へのリンクはこちらです

下記はFJブログからの引用です

アダム・スコットはFJスポーツを選んだ理由として、

「すべてのパワーはグラウンドから伝わる。シューズを通じて、僕とグラウンドはつながっているんだ。僕は、スイングするときや、プレーの間は、ずっとグラウンドとの繋がりをコントロールする必要があると信じている。FJスポーツならそれができるんだ。」

と話し、グローブについても、

「ゲームのすべての感触は手から伝わってくるんだ。だから、僕はステイソフを選ぶ。なぜかと言うと、僕がゴルフグローブに求めている感触をステイソフは与えてくれるからさ。」

とフットジョイのシューズとグローブに絶大な信頼を寄せています。

読んでみるとその通りですよね。

シューズと言うのはコースの芝(地面、グランド)と自身を接続する接点ですからここがしっかりとグリップされていないとパワーは伝わりません。

いいショットも望めないでしょう。

スポンサーリンク

アダムスコットが言うようにグローブはクラブと手(体)を接続する接点であることは言うまでもないことです。

ここがしっかりと接続されて無いとパワーは伝わらないことは言うまでもないことです。

この二つはこだわりを持って行きたいですよね。

私の靴はヨネックスですが、これはコンペでまぐれで優勝して景品でもらったものです。

然しこれが中々良いです。

フットジョイもはいてみましたがこれも大好きで良いです。

グローブは私はキャスコを使用していますが、フットジョイも大好きです。

両方持ってますが今はキャスコを使用しています。

最近はよくオリジナルグローブと言うのがあるようです。

コンペ商品に使われるのもたま~~に見ます。

自分の手にあわせて作成してくれるので拘る方にはいいかもしれません。
(残念ながら私は持っていません)

いずれプロの道具やアイテムに関する考え方は本当に参考になります。

アダムスコット2016年クラブセッティングはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る