兵庫県六甲国際gcが開催地の2015日本オープンプロアマ結果速報

スポンサーリンク

兵庫県六甲国際gcが開催場所で行われている日本オープンのその日の結果をまとめてお届けします。

今年の有力選手は海外選手ではアダムスコットが著名です。

日本では連覇なるかということで池田勇太が注目されてますね。

それと彗星のごとく現れた無名の・・ではないのですが、まさかアマが!

ということで2日終ってトータル9アンダー2位の金谷拓実君!

驚きました。

それでは

2015日本オープンプロアマ選手の結果速報1日目

初日トップは66で回ったJ・パグンサンで6アンダー

池田勇太はトップと2打差の3位。

もし優勝すれば至上二人目のアマチュアの優勝になる金谷拓実君は69でラウンドして首位と3打差の8位

アダムスコットは70で2アンダーです。

この日の池田の弁ですが桁外れのアダムスコットのドライバーですごいときには50ヤード置いていかれたと脱帽!

あんだけ飛べばさぞかしゴルフも楽だろう!

しかし上がってみればやっぱり飛距離だけとは言いがたいんだよねえ。

アイアンでの2打目が2クラブ違う!

でもしっかり寄せれば池田のようなスコアになるんですよね。

こういうのは学習したい所だと思います。

2015日本オープンプロアマ選手の結果速報2日目

今日はすごかった

小平智がなんと62のラウンドで一気にリーダーボードの一番上に。

2位になんとアマチュアの金谷拓実君が2打差で2位だ~~~

もうこうなったら金谷拓実君に日本のゴルフの歴史を変えてもらうしかないね。

3位に池田勇太の1打差で8アンダー

ところでアマで日本オープン優勝すると市場2人目の快挙ということですが、実はそのもう一人のアマというのは第一回大会の赤星6郎さんという方らしいです。

でもこの頃って88年前ですからプロツアーってあった?

あ~~あったんですね。2回以降はプロですから当然そうなりますよね。

しかし88年ぶりというのは本当に歴史を感じます。

これ是非達成して欲しい願いになりそうです。

明日からの俄然注目度アップしますよ~~

2015日本オープンプロアマ選手の結果速報3日目

決勝ラウンドの1日目の結果を速報というわけではないですが、私なりの目線で見てみようと思います。

今日の注目はやはりこの人でしょう。

「池田勇太」

今日は69のラウンドでトータルを11アンダーまで伸ばしました。

首位の小平覚とは打差のいい位置です。

今日は18番の14メートルをねじ込んだスーパーパットがあって、このシーン今日のスポーツニュースで見せられるでしょうね。

しかし小平君は今日も延ばしましたね。

今日は70のラウンドで2つ延ばしました。

一時は5打差まで開いていたのですが、池田勇太のバーディーフィニッシュもあって一気に面白くなって来た感じ。

17歳のアマチュア金谷拓実君ですが今日は延ばせなかったですね。

三日間終了でトータル7アンダーで5位タイです。

でもこれでも凄いですね。

アマでベストテンという位置にいること自体が奇跡のような気がします。

しかも高校二年生で・・

先が楽しみな逸材であることは間違いがないですね。

【3日目の結果】
1位:小平智(-13)
2位:池田勇太(-11)
3位:ソン・ヨンハン(-9)
4位:ハン・ジュンゴン(-8)
5位T:金谷拓実(-7)※アマチュア

上位5位まではこんな感じです。

明日の最終日は池田勇太の連覇なるかというこの一点に絞られてきた感がします。

2015日本オープンプロアマ選手の結果速報4日目

小平智プロの辛勝です。

今日テレビ放送で午後から見ていたのですが、勝負を分けたのはあの8番ですね。

池田勇太プロは刻んで先にアイアンショットで244ヤードの位置。

小平プロ中々打たないなあ・と思ったらグリーンをショートカットして直接狙ったんだよね。

その前に池田プロがティーショット終って、いつもなら小平プロが打ち終わるまでティーグランドで待つはずなんですが、先に歩いて言ってしまったんでなんで?

って思ったら納得。

小平プロ渾身のドライバーで打ったティーショットがグリーンのほぼカラーの位置まで。

2打目パターで寄せて完璧バーディーでした。

そこで突き放したんで勝敗はあそこかな?

などと思って見ていました。

15番、17番、18番と見ごたえありましたね。

いずれ1打差のデッドヒートで見ごたえのある勝負で、久々にいい勝負を見た感じがします。

池田プロのスイング見ているとなんかジャンボ尾崎プロを思い出すんだなあ。

左足の一連の動きってなんか似てるなあ・・などと勝手に思って見ていました・

いい日本オープンでした。

アマチュアの金谷拓実くんが史上最年少での日本オープンのローアマに輝きました。

三日目には最終組でラウンドするなどですごく盛り上げてくれましたが結果、トータル3アンダーで11位でした。

でもこれってすごく立派です。

今後期待できる新人の誕生です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る