プレジデンツカップ韓国開催のライブとは行かなくても結果の速報を!

スポンサーリンク

今年のプレジデンツカップ2015は韓国・仁川のジャック・ニクラスGCで開催中です。

出場選手のゴルフランキングはアメリカチーム、インターナショナルチームともに上位12名ですからまさにゴルフ界のトップ24と言ってもいいでしょう。

連日の熱き戦いですが、遅い感もありますが結果を速報とまでは行かなくともこのプレジデンツカップをライブで見れない方に結果だけでも紹介したいと思います。

テレビのライブ中継、ライブでの放送はゴルフネットワークで放送中です。

未契約の方は勿論見れません。

結果の速報しかないですよね。

プレジデンツカップ1日目の結果速報

世界選抜 1ポイント 成績 米国選抜 4ポイント
●松山英樹&
A.スコット  3&2  ○B.ワトソン&J.B.ホームズ
○L.ウーストハイゼン&
B.グレース3&2  ●M.クーチャー&P.リード
●T.ジェイディー&
A.ラヒリ  5&4  ○R.ファウラー&J.ウォーカー
●J.デイ&
S.ボーディッチ  2UP  ○P.ミケルソン&Z.ジョンソン
●D.リー&
M.レイシュマン  4&3  ○J.スピース&D.ジョンソン

こんな感じです。

アメリカチームの4勝1敗です。圧勝です。

注目の松山英樹ですが、この日は良いことなしでした。

相手は飛ばし家のB.ワトソン&J.B.ホームズですから手ごわい相手には違いないですが・・・

本人相当悔しい思いをしたようで、次に帰するものがあるようなコメントでした。

それはそうですよね。負けて良しとするようなゴルファー、勝負師はいませんよ!

 

プレジデンツカップ2日目の結果速報

世界選抜 4.5ポイント 成績 米国選抜 5.5ポイント
○L.ウーストハイゼン
&B.グレース4&3  ●J.スピース&D.ジョンソン
○D.リー
&ベ・サンムン  1UP  ●R.ファウラー&J.ウォーカー
A.スコット
&J.デイ  Halved   P.ミケルソン&Z.ジョンソン
●M.レイシュマン
&S.ボーディッチ 2UP  ○B.ワトソン&J.B.ホームズ
○T.ジェイディー
&C.シュワルツェル 2&1●B.ハース&C.カーク

2日目です。

この日の結果は上記のようにアメリカチームの1勝3敗1分けです。

ところがこの日のプレーで珍しいことが!

フィル・ミケルソンがボールの交換が禁止されていることに気がつかずに1ダウンのペナルティー。

禁止条項に気がついたので協議医院に確認したところ、そこでプレーを中断。

実はそこで生起のボールに交換してプレー続行すれば、1ダウンで済んだのだが、ミケルソンも協議委員も謝ってボールをピックアップして中断。

これがまた1ダウンのペナルティーでこのホールで2ダウン。

おかしいですね。1ホールでまければダウンのみなのに、ペナルティー加算でダウンという珍しい最低。

おいおい競技委員ってなに裁定してるんだよ!!

ミケルソンは紳士ですね。

「僕がルールを間違えていたのが悪い」

最終的にはしかしドローですから御の字だったかも。

なおこの日は松山英樹君は出場なし。

ごらんのように出場は10人なので2名余る勘定に。

この日は応援!寂しいね。

スポンサーリンク

 

プレジデンツカップ3日目の結果速報

世界選抜 8.5ポイント 成績 米国選抜 9.5ポイント
○L.ウーストハイゼン  ●P.リード
&B.グレース  3&2  &R.ファウラー
-M.レイシュマン&
A.スコット  Halved  -B.ワトソン&J.B.ホームズ
-松山英樹&       -B.ハース
ベ・サンムン  Halved  &M.クーチャー
●J.デイ&        1UP  ○J.スピース
C.シュワルツェル   &D.ジョンソン
○L.ウーストハイゼン&
B.グレース  1UP  ●B.ワトソン&J.B.ホームズ
●A.スコット&
A.ラヒリ  3&2  ○P.ミケルソン&Z.ジョンソン
○松山英樹&
ベ・サンムン  6&5  ●J.ウォーカー&Ch.カーク
●J.デイ&
C.シュワルツェル 3&2 ○P.リード&J.スピース

3日目はアメリカリームの2勝3敗2分け

トータルではアメリカチームの1ポイント差で勝っていますがこれは明日次第です。

まさに僅差で勝ってるということですね。

勝負は最終日の結果に!

この日の松山英樹は昨日の出場できなかった鬱憤を晴らすかのような活躍で圧倒!

なんと6&5で対戦相手をやっつける快挙!

この日の対戦のゴルフルールは

この日の午前中は1つのボールを交互に打つフォアサム形式の4マッチ。

午後は2人の良い方のスコアを採用するフォアボール形式の4マッチ。

一日で36ホールやったことになります。

各チーム12名という少人数のメンバーですからできる技だと思います。

この日の松山君はすごかったですね。

13番までに6バーディーの圧巻プレー。しかも6&5ということは5ホール残しての勝利確定ですから圧巻としたい言いようがないです。

 

プレジデンツカップ4日目の結果速報

決着がついたようです。

最終マッチの最終ホールで決着という劇的な幕切れで米国選抜が逃げ切りVを達成したようですね。

う~~ん

インターナショナルも善戦したのですが一歩及ばずということですね。

1998年の再来とはならなかったようです。

実に惜しかったです。

いい勝負でした。

前半6試合は世界選抜が3勝2分1敗と好調に追い上げウォ見せたのでいけるかと思ったのですが・・

さすが皆勤出場の百戦錬磨のフィルミケルソンが先立ちで・巻き返しを見せて最終マッチを残してポイント14.5ポイントのイーブン。

この最終マッチはビル・ハースとベ・サンムンのマッチ。

最終18番でベ・サンムンが1ダウン。ここで取らないと世界選抜の負け確定・・

確定しました・・ガックシ・・!!

残念なので詳細結果貼るのはやめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る