ダンロップゴルフ・ゼクシオ9(ナイン)はロングセラードライバー

スポンサーリンク

2015年10月5日に開催されたダンロップゴルフ ゼクシオ9の発表会ですがゼクシオ誕生が2000年の発表ですから格別の感があります。

当時私はホンマのドライバーを使用していましたが、当時の私の勤務先の社長がこれでした。

初代のゼクシオ。勿論もアイアンもセットで。

コースで打たせてもらったのですが、打感や飛距離も申し分なかったので即効で欲しくなったのですが、何せ高い!

そう何本も買えるような懐具合ではなかったので諦めた記憶が鮮明です。

あれから15年。もう9代目になったわけです。

中島さん浮気したんですねえ。

中島常幸さんは代々が岡本綾子プロとともにミズノの契約プロでしたが・・

ダンロップといえば青木功プロの契約でしたが、まあ今は昔の話ですから。

ダンロップの契約プロって中嶋常幸、山下和宏、横峯さくら、古閑美保プロ・

う~~ん中々いい顔ぶれです。

このゼクシオナインは前作のゼクシオ8よりも飛距離で5.5ヤードプラスだそうですよ。

中々たったの?

いやそんなに増えたの?

とどのように受け止めるかはその人個人の捕らえようでしょう。

特に私が注目したのはシャフトです。

「MP900シャフト」

こう命名されたシャフトは「東レ(株)T1100G」や「東レ(株)T700G」などの炭素繊維と、「東レ ナノアロイ」テクノロジーを使って開発された樹脂材料などの先端素材を使用されているなんとも先端素材使用です。

どんだけすごいかはわかりませんが、「フープ層サンドイッチ構造(特許出願中)」などという特殊な構造で軽量化としなりの強化を図ったということでなんとなく飛びそうなイメージ十分です。

このゼクシオブランドは2000年の誕生から16年連続の国内売り上げNO1だそうで、すごいですね。

このゼクシオ9の発売日は12月5日に男子用12月12日に女子モデルのゼクシオ9 レディースが発売されるとのことです。

またまた売れますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る