ブルックヘンダーソンのドライバーはピンGの48インチでメジャー制覇

ブルック・ヘンダーソンのドライバーは、ピンの最新「Gドライバー」です。
シャフトは48インチの長尺でメジャー制覇を果たしました。

ピンのGドライバーってどんなドライバー?

ブルックヘンダーソンの飛距離ランキングとドライバー平均飛距離も併せて紹介します。

スポンサーリンク

ブルックヘンダーソンはカナダ出身のLPGAのツアープロです。
先週2016年シーズンメジャーの第2戦の

「KPMG女子PGA選手権」

でメジャーでの初優勝を果たしました。

buruku
(出典元:GDO公式より引用)

なんとこの大会では最年少の記録となりました。

しかも女子のツアー記録ではメジャー制覇の最短記録はリディア・コの記録

「18歳4か月20日」

これに次ぐ

「18歳と9か月2日」

という歴代2位の記録になります。

くしくもプレーオフがこの二人で争われたのも、何かの偶然なのかどうか意味深なものを感じます!

この年少記録、これはそうそう破られないですね。
私の考えではPGAの場合は18歳規定というのがありますから、18歳以下ではPGAの会員にはなれないですから、アマチュアの資格での優勝となりますが、これはもうボビージョーンズ級の新人でも出なければ無理なのでは?

彼女自身昨年の2015年シーズンのランキング加算は18歳を満たしてのPGAの会員になってからの記録(ランキング)になるわけです。

昨年と今年度のランキングのジャンプアップは、それもひとえに要因として挙げられるわけです。

昨年前半の18歳以前に、活躍した成績が加味されてないですから。

スポンサーリンク

さて使用ドライバーですが、ブルックヘンダーソン自身は

「ピンの契約プロ」

です。

pind
ピンGドライバー価格比較はこちら

使用ドライバーはピンの最新モデルの

「Gドライバー」

シャフトはなんと

「48インチ」

です。
ヘンダーソン自身は、このピンGドライバは曲がらないという安心感から、この長尺の48インチというシャフトにしたといいます。

この長尺によってヘッドスピードが2.2m/s上がって、当然ですが飛距離アップができたということになります。

この飛距離というアドバンテージが、彼女をメジャーチャンピオンへと押し上げた、といっても過言ではないと思います。

公式データーでは飛距離ランキングは

「10位」 「267ヤード」

とありますが、実際はもっと飛んでいそうです。
世界ランキングは、このメジャー優勝で2016年6月16日現在では

「世界ランキング2位」

です。

さて今後はリディア・コの背中がすぐ目の前に見えてきたので、ここを将来的に抜けるかどうかがポイントですね。

注目してみましょう!!

ブルック・ヘンダーソンのプロフィールとクラブセッティングと飛距離

そのほかのピンの使用プロ

飛んで曲がらないGドライバーは、日本では大山志保や鈴木愛などが使用していますね。

特に大山志保は道具は変えない主義だったのですが、このGドライバーに出会って変えた一人です。

もう一人最近話題のが今週の全米オープンに出場予定の宮里優作です。
驚きましたね~~
宮里優作がピンですよ~~
このピンの「Gドライバー」で全米オープンを戦うようです。

あとは屈指の飛ばし屋の

「バッバワトソンプロ」

もピンの契約です。
その他も多くのプロがピンを使用していますよ~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る