原江里菜クラブセッティングとクラブ契約先と使用パターの紹介

原江里菜クラブセッティングとクラブ契約先と使用パターの紹介です。

原江里菜プロ、ほけんの窓口レディース で初日は2位で好発進だったのですが、結局9位タイでした。
パッティングスタイルを変えたのが好調のようです。

優勝こそできなかったですが、好調を維持すればいつか結果はついてくると思います。

スポンサーリンク

原江里菜プロは2016年5月のほけんの窓口レディース初日は首位と1打差の2位と素晴らしい滑り出しでした。

しかし2日はスコアを伸ばせず首位と5打差の7位タイと出遅れです。

結局今回のほけんの窓口レディースの成績は9位タイでした。

しかしながら、変更したパッティングスタイルが奏功してか、このパッティングスタイルにしてからは常にほぼ上位をキープしているようです。

原江里菜プロのクラブ契約先は

「プロギア」

です。
ドライバーやアイアンやユーティリティーはプロギアになります。
しかしプロギア以外のクラブは

3番ウッドとパターがあるので以下に紹介します。

その前に簡単なプロフィールなどを紹介します。

原江里菜プロは1987年11月生まれの28歳です。(2016年5月現在)
出身は愛知県です。
高校はあの宮里藍プロや、有村智恵プロと同じ東北高校です。
大学は東北福祉大学であの松山英樹や宮里優作プロと同じです。

これまでに2勝しています。
昨年はほぼ7年ぶりと言える勝利に泣きましたね。(うれしいですよね)

特徴は胸が大きいこと?

そのせいでパッティングスタイルを変更するに至ったようです。
でもおかげで好調を維持しているというのは間違いないようです。

昨年の成績は・

2015年賞金ランキング:13位
2015年獲得賞金額:56,800,365

結構稼ぎましたね。

原江里菜プロのクラブセッティング

原江里菜プロのクラブセッティングは下記のようです。

原江里菜プロのドライバー

プロギア: iD nabla RS02 9.5°

purogiadorai
(出典元:PRGR公式サイトより引用)

紹介動画があります。
こういうクラブです。
なかなか渋いギタリストのCharさんが出ています。

(出典元:PRGR公式サイトより引用)

原江里菜プロのフェアウェイウッド

ピン G SF TEC フェアウェイウッド (3番)

pinfyea3
(出典元:GDOショップ)

iD nabla RS FW 7W

purofeaue
(出典元:PRGR公式サイトより引用)

原江里菜プロのユーティリティ

iD nabla RS UT #4、#5

puroyutesi
(出典元:PRGR公式サイトより引用)

原江里菜プロのアイアン

iD nabla RS FORGED #6-PW

puroaia
(出典元:PRGR公式サイトより引用)

アイアンの紹介もされています。


(出典元:PRGR公式サイトより引用)

原江里菜プロのウェッジ

iD nabla TOUR WEDGE 52°
iD nabla RS TOUR WEDGE 56°

purouxejji
(出典元:PRGR公式サイトより引用)

原江里菜プロの使用パター

odeversa330
(出典元:GDOショップ)

原江里菜プロの使用パター

オデッセイ VERSA パター 330M BLACK ヴァーチカルデザイン(縦型)

パターはオデッセイです。

odeversa330
(出典元:GDOショップ)
VERSA パター 330M BLACK ヴァーチカルデザイン価格比較はこちら

このパターも使用しているプロは多いですね。
オデッセイはプロの中でも人気のパターですね。

原江里菜プロの使用ボール

原江里菜プロの使用ボールは

タイトリスト PRO V1Xボール(2015年) です。

多くのプロがこのタイトリストのボール、しかもこのPRO V1Xボールを使用しています。
信頼が抜群なんですね・・このボール。

taitov1x
(出典元:GDOショップ)
PRO V1Xボール価格比較はこちら

私も大分以前ですが使用していましたが、使っていた当時はプロ使用率ナンバー1というキャッチコピーで使用していただけですが、打感などのフィーリングはいいですね。(タイプにもよりますが・・・)

原江里菜プロのクラブセッティングのまとめ

クラブ契約はプロギアです。
3ウッドは ピン G SF TEC フェアウェイウッド ですが、ほかのクラブはパター除いてプロギアの契約です。

プロギアってイメージキャラで森田理香子プロを起用と話題になりましたね。

森田理香子 クラブセッティングをプロギアの飛距離とアプローチで勝負

原江里菜プロもプロギアです。
まさにプロギアの美人女子プロの広告塔の二人といった感じがします。

昨年約7年ぶりに勝利しましたが、最初のデビューが鮮烈だっただけにちょっと意外な感じもしますが、昨年の賞金ランキングもそこそこ上位にいるわけですからまだまだこれからだと思います。

期待していますよ~~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る