池田勇太クラブセッティング・パナソニックオープンはこれで優勝した。

池田勇太のクラブセッティングと使用パターなどの紹介です。・パナソニックオープンにはこのセッティングで優勝しました。

今年ブリジストンとのクラブ契約を解消した池田勇太が選んだクラブは?
このセッティングから今年の指針が見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク

池田勇太は4月24日の千葉カントリークラブで開催のパナソニックオープンで優勝しました。

これによって日本勢の世界ランキングでは2位となったようです。
1位はもちろん松山英樹で14位

池田勇太はパナソニックオープン優勝前は98位なのですが、この優勝でランキを19ランク挙げて

「79位」

まで上げました。
片山晋呉は同81位なので2差で2位になっています。
まだまだ分かりませんがリオ五輪の最有力候補になったということだと思います。

日本でのランキング2位までに与えられるリオデジャネイロオリンピックの出場権争いは、微妙になってきましたね。

池田勇太は、今年からこれまでの用具契約をしていたブリジストンとの契約を解消したのは周知の事実です。

そこでどことクラブ契約するのかを、周囲はすごく興味深く見ていると思うのです。

決まったのはボールのB330のブリジストンのボールのみのようです。
あとはいろいろ言われていますが、このパナソニックオープンでのクラブセッティングが公開されたようなので紹介します。

池田勇太パナソニックオープン優勝クラブセッティング

ドライバー:プロギア RSドライバー プロトタイプ(9.5度)
※シャフト:三菱レイヨン ディアマナ 70 プロトタイプ(硬さ:TX)

ドライバーはなんと横浜です。
プロギアなんですね。
これは驚きました。
プロギアと言えば「森田理香子」が今年は横浜ゴムの顔ということで大イベントがありましたが、それっきりでなんかパッとしないですが…

シャフトはディアマナですね。


(出典元:プロギア公式サイトより引用)

prgrdo
(出典元:プロギア公式サイトより引用)

プロギア RSドライバー 価格比較はこちら

フェアウェイウッド:キャロウェイゴルフ XR 16 フェアウェイウッド(3番、5番)

フェアウェイウッドはキャロウェイの最新モデルの

「XR16」

ですね。
これはキャロウェイ契約プロはかなり使用しているクラブで定評があります。

xrfair
(出典元:キャロウェイ公式サイトより引用)

XR 16 フェアウェイウッド価格比較はこちら

ユーティリティ:ミズノ MP FLI-HI ユーティリティ(2016年モデル)(3番21度)

そしてユーティリティーはなんとミズノ。
日本メーカーとしてのブリジストンの最大のライバルと言えると思います。
これも今年の最新モデルでミズノも力の入れようがわかりますね。

ミズノ MP FLI-HI ユーティリティ価格比較はこちら

アイアン:ヨネックス N1-CB フォージドアイアン(4番~P)

このアイアンですよね。
ヨネックスです。
池田プロ曰く飛ばしたいとき、あげたいとき、低い弾道で打ちたいときとかなり自在にコントロールできているとご満悦のようです。

yonekusuaian
(出典元:ヨネックス公式サイトより引用)

N1-CB フォージドアイアン価格比較はこちら

ウェッジ:ブリヂストンゴルフ J015 フォージド ウェッジ (52度)
ブリヂストンゴルフ フォージドウェッジ(58度)

ウェッジはやはり使い慣れたブリジストンなんですね。
ウェッジはやはり重要なクラブであると言うことなんですね。
この辺が賞金に直結してくるクラブですから当然といえば当然ですよね。

biriueji
(出典元:ブリジストン公式サイトより引用)

J015 フォージド ウェッジ価格比較はこちら

パター:オデッセイ WHITE HOT RX パター V-LINE FANG

パターはオデッセイです。
これは多くのプロが使用していますから説明の必要はないでしょう。
パットは入ってなんぼの世界ですから、これが納得のパターなんだと思います。

odese

WHITE HOT RX パター V-LINE FANG価格比較はこちら

ボール:ブリヂストンゴルフ TOUR B330Xボール(2016年) プロトタイプ

ボールはブリジストンと契約しているようです。
メーカーによって打感や感触がかなり違うでしょうから、帰るというのはやはりパターと同じようにかなりの勇気がいるのだと思います。

しかしデシャンポー曰く一番センターコアの配置がセンターに来ていてバランスがいいという物理学専攻のプロが言ってますから、かなりこのボールはいいのだと思います。

TOUR B330Xボール価格比較はこちら

<h3 class=”news_headline1″>池田勇太クラブセッティングのまとめ</h3>

しかしいろんなメーカー集めたものですね。
どうやってこれだけの種類集めたんでしょ?

メーカーが持ってきたんだと思うのですが、取っ掛かりが必要ですよね。

ドライバーがプロギアとは驚きました。
しかもフェアウェイウッドがキャロウェイのXR16というのも驚きです。

プロギア
キャロウェイ
ミズノ
ヨネックス
ブリジストン

全て混在ですが、プロがしっくりくるのであればそれはそれでいいのだと思います。
たま~~にクラブ契約をしないプロもいますから、自分が好んだクラブを使用したほうがいいに決まっています。

自由度が狭まってしまうから私は契約はしないって言ったのは

「不動裕理」プロ

です。

そういう考えもあるということですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る