松山英樹にスポンサーが錦織圭ほどつかない理由の考察・気になるお話

松山英樹にスポンサーが錦織圭ほどつかない理由について考えてみました。
気になるお話なのですが、錦織圭君のスポンサーってすごいんですね。

しかしこれにはテニスとゴルフとの露出の差もあると思うのですが、シードと漏れなく予選を戦うゴルフとテニスの仕組みもあるような気がします。

スポンサーリンク

ちょっと気になる記事があったので自分なりに感じることをかいてみようと思います。

「賞金は上なのに 松山英樹「稼ぎ」で錦織超えできない理由」

こういうタイトルの記事なのですが、錦織さんって結構稼いでるんですね。
正直これは知りませんでした。

考えてみれば今の日本人のスポーツ選手で世界クラスといえばこの二人しか思いつきませんが、これって間違ってないかな?

いや、スキーのジャンプの高梨沙羅選手とか有名な活躍してる方はいるのですが、賞金を伴ってという意味でです。
まあ申し訳ないのですがこの二人の比較について書いてる記事なのでそれで書いてみようと・・

松山英樹プロはこれまでの時点で(3月28日現在で)稼いでる金額が

賞金ランク9位で195万1043ドル(約2億1851万円)

こんな金額です。

去年は

賞金ランク15位で375万8619ドル(約4億2100万円)

ですから3月終了時点ですでに昨年の半分は稼いでる状況になるわけです。

ところが昨年の米フォーブス誌の発表で

「世界で最も稼ぐスポーツ選手100人」

にゴルファー6人がランクインしたそうですが、この中に松山は勿論いません。
何せゴルファーは6人しかいないのですから。

ところが錦織圭(26)が約21億8400万円で92位だったといいますからすごいですね。

テニスとゴルフの市場規模がどれほどかという比較もあると思いますが、世界ランクで見たら錦織圭の方が一桁ですから当然上になります。

錦織圭は昨年の賞金獲得額が

330万255ドル(約3億7000万円)と松山の方が上回っているのですがこれはどうして?

スポンサーリンク

松山英樹と錦織圭のスポンサーの違いはどこから来る?

一重にこの金額の違いはスポンサーの違いですね。

錦織圭のスポンサーは13社で20~30億円

対する松山英樹のスポンサーは6社で約7億円だそうです。

これもまたすごいのですが、それでも不足?

ではなぜ松山にはスポンサーがつかないのか?

これは世界ランク13位で2勝しているのに少ないのだそうです。

ではなぜ少ない?

「これは単純に人気がないから」

ということのようです。

米ツアーでは

『プレー態度が乱暴者のようだ。あれじゃあファンもできない』

と評判がイマイチだそうです。
それと記者会見も錦織圭君のようにさわやかでもないし、ジェイソンデイのようにサービス精神もイマイチ!

ファンサービスにも消極的といいます。

でもこれが書きたかったのですが、スポーツ選手にそんなものを求めても無理なんでない?

そう思うのですがみなさんはどう思いますか?

スポーツ選手ってまずは結果ですよね。

有名にならなければ、結果が残せなければ記者会見もなければ、ファンサービスにも呼ばれないんだと思うのです。

まずは結果を出して実力をつけること。

多分松山プロがこの記事を読んでもそれがどうした?

スポンサーがつかなくても関係ないというでしょう。
すでに7社もついてるのですからこれで十分なのでは?

お金のためにやってるのとは訳が違うのだと思います。

米ツアーの参戦してまだ3年程度です。
まだまだこれからではないかと思うのです。

それともうひとつはどうやらオプションの契約もあるようですから、一概に少ないというのもどうかと思います。

オプションというのは例えばトップテンに入れば今のスポンサー契約料を引き上げていくという契約条項だそうです。

多分のアスリートはこの契約になっているそうなので、おそらく松山英樹も例外ではないと思います。

ですから今だけ見て少ないというのはちょっと乱暴かもしれないのではと思うわけです。

日本人としては初めてのメジャー選手権の獲得も期待できる唯一の存在!

メジャーを取れば否が応でもスポンサーが放っておかないでしょう。

これも私が書きたかったことですが、テニスの場合はシードという制度があるんですよね。
ランキング上位では、必ずいいところからでてきます。

ところがゴルフの場合は、予選ラウンドで通らないと決勝ラウンドには進めない。
この辺のメディアへの露出の違いというのもあるのだと思うのですが、これってスポンサーの場合はどう考えるんでしょうか?

まあそんなことを自分なりに考え手勝手な感じを書いた次第です。
私たち一般人なら見れば全く別次元のお話ですが、その次元の方たちにとって見れば、それがまたごく普通の世界なのかもしれませんよね。

これはあくまでも私の勝手な感想です。もし的外れなことがあっても読み飛ばして御容赦ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る