BMW選手権初日暫定首位のジェイソン・デイの未発売M1ドライバー

スポンサーリンク

2015米国男子ツアープレーオフシリーズ第3戦BMW選手権コンウェイ・ファームズでの初日暫定首位のジェイソン・デイの未発売新モデルドライバーはテーラーメイドのM1ドライバー

この日の初日でいきなりの10アンダーで最終9番を迎えたところで悪天候のために1ホール残して翌日にプレーを持ち越したようです。

しかしすごいですね。

この9番の飛距離ですが、9番が405ヤードのパー4ですが、ボールはセミラフにあるようですが、PGAの計測だと350ヤードだそうです。

こんなに飛んでいいんすかね。

残りは押して知るべしですが、しかもそれを入れれば59のツアー史上の最小記録に並ぶそうです。

が・・結果は入らなかった。初日は10アンダーでした。
ジェイソン・デイ本人が打ってる動画です。

このM1ドライバーですがテーラーメイドの新商品でまだ発売されてないようです。

発表会の内容が公開されていますので参考までに下記動画リンクです。

テーラーメイドMIドライバ発表会の様子もレポート動画

m11m12

このようなソールですが重心の移動がヒール側とトゥー側との両方でできるセッティングになっています。

要はたてと横の重心移動ができる構造ということです。

気になる発売日ですがアメリカでは10月8日ということですでに予約の受付が始まっているようです。

これ売れるでしょうね。

何しろこの2015米国男子ツアープレーオフシリーズ第3戦BMW選手権コンウェイ・ファームズでのジェイソン・デイの快進撃を牽引したのがこのテーラーメイドのM1ドライバーですから。

しかも2ラウンドでは124というストロークはツアーでの36ホールでの最小記録タイだそうです。

記録ずくめの2015米国男子ツアープレーオフシリーズ第3戦BMW選手権でした。

しかしこのM1ドライバーは今年の新発売から、来年の新モデルまでの間は独走しそうな雰囲気十分です。

要注目の新モデルドライバーです。

昔っからテーラーメイドっていいクラブ作ってました。

大好きでした。

スポンサーリンク

最近はもうお金が続かないんで道具を追いかけることはしなくなりましたが、でも見るのは大好きですし、練習場で試打クラブがあれば打ってみるようにしています。

これはタダですからね。

今はタイとリストを使っているのですが、以前テーラーメイドの

「バーナー」

というのを使用していたことがあります。

シャローフェースで玉があがりやすかったです。

メタルです。え?チタンでない?

んです。メタルの時代のお話です。(古いですね・・余談でした)

話し戻りますがこのプレーオフシリーズ第3戦BMW選手権出の優勝でジェイソン・デイはすでにフェデックスカップ・ランキングでは一位ですがこれに加えて世界ランキングでも1位になることは確実!

っていうか・・なりましたね。

名実ともにタイガーウッズに近づいた感があります。ってまだ早いか。

これからの活躍に期待ですし、来期も話題は豊富な方であることは間違いないでしょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る