リディア・コーのウェッジはMACK DADDY 2 ウェッジでサンドセーブ一位

リディア・コープロはサンドセーブ率は2015年1位です。

使用ウェッジはキャロウェイのMACK DADDY 2 ウェッジです。

開発のチーフはロジャー・クリーブランド氏です。

X Forged型に戻ったティアドロップ型(涙型)のシェープが特徴です。

スポンサーリンク


リディア・コープロは若干18歳の世界ランキング1位ですが、データーから見ると何が良かったのかというと

「サンドセーブ率」

これが59.09㌫で1位です。

小技の名手なわけですね。
しかも18歳ですでに・・・驚きますよね。

使用するウェッジですがキャロウェイです。

「キャロウェイゴルフMACK DADDY 2 ウェッジ」

このクラブです。

kyaueji

このクラブのデザインはチーフデザイナーのロジャー・クリーブランド氏だそうですが

クリーブランド?

なんですよ。クリーブランドです。

特徴は

X Forged型に戻ったティアドロップ型(涙型)のシェープ

このシェープがとてもきれいです。

★キャロウェイゴルフMACK DADDY 2 ウェッジ価格比較はこちら★

このウェッジの開発での秘話でのミケルソンのコメントが有名です。

約40ヤードの距離のロブショットを打った時にその球はピタリと止まったそうな・・

そして開口一番

「この溝は最高だね(Mack Daddy)!」

リディア・コープロの

反対にフェアウェイキープ率ですが、

78.57㌫で32位です。
飛距離も平均で251ヤードとそんなに飛ぶ方ではありません。

何が良かったかというとこの

「サンドセーブ率」

と平均パット数が 1.744 で

「2位」

です。

リディアコープロの強さの原点はここにあるようですね。

さて今年何勝するでしょうか?

このくらいの選手になると今年何位というよりはこういう風な期待になってしまいますよね。

そう思うのは私だけではないかと…

リディア・コープロフィールやクラブ契約や使用パターなどのまとめ
上記リンクはリディアコープロの本ブログ内の過去記事をまとめたものですです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る